【サガフロリマスター】ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

今回はFF14記事ではありません。
「スクエニだからこっちでいいよね!?」
っていうガバガバ判断で記事書いてます。

『サガ フロンティア リマスター』が!発売!される!

僕、スクエニだとファイナルファンタジーシリーズもちろん好きですけど、実はサガシリーズも大好きでその中でもロマサガとサガフロンティアが特に好きなんですよね。そして2021年4月15日発売(Steam版4月16日発売)PS4、Nintendo Switch、PC(Steam)、iOS、Androidのハードで『サガ フロンティア リマスター』がついに発売されるわけですけど、そこにリマスターで新たに収録された主人公『ヒューズ』編が何より好きだったりしました。

そもそも、この元の「サガフロンティア」には7人の主人公がいて、このヒューズは主人公としての登場はなく、ただの脇役キャラとして登場していました。「じゃあ、ヒューズ編ってそもそも何?」って話になると思うのですが、サガフロンティアの攻略本「裏解体新書」に掲載されている小説で、ゲームでは没になった設定であるヒューズ編を下敷きとして執筆された物語となります。

saga裏解体新書
▲プレミア価格なっててびっくりしたわね…サガフロ裏解体真書

昔は攻略本内に掲載された漫画や小説って多かったんですけど最近じゃ観なくなりましたね。
そもそも攻略本を手に取る人も減りました。web攻略のほうが無料だし、詳細だし、早いし、動画もありで、もう攻略本が絶滅しつつある感じがしますね。
他の攻略本内小説の名作といえば「マザー2攻略本 ひみつのたからばこ」かなって。擦り切れるほど読んで、ゴミと間違えられて親に捨てられましたね…。今じゃこちらもプレミア価格…うっ…。

話を戻してヒューズ編。
他7人の正統主人公のエピローグみたいな話で、それぞれの主人公や登場人物にヒューズがちょっかいかけいくコメディ調の内容となっています。
「あの真面目なキャラが弄られてる!」
「このキャラの意外な一面が!」
「シリアスな局面が面白おかしく!!」

といった感じに新鮮さをとにかく感じる内容で、読みまくってた当時は
「ヒューズ編なんで実装されなかったんだ…」
と何度思ったことか。
そして、今回リマスターでヒューズ編が実行されると聴いたときにどれほど驚いたものか…。
サガフロ本編発売されたのが1997年のことだったので24年前…。そりゃ僕も老ける…。

という僕のヒューズ編への思いを綴ったところで本編。
ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

さて、ヒューズ編に関して今詳細に出ている情報ソースが
【動画】
発売日決定!『サガ フロンティア リマスター』特別生放送!
【記事】
『サガ フロンティア リマスター』ヒューズ編は7回楽しめる、小説とは違うゲームならではのクレイジー捜査日誌。ルートによってはマルチエンディングに
動画で公開された情報をさらに詳細に記載されたのが記事になっています。
なので、記事のほうをみるのがわかりやすいかも。

■ヒューズ編の解放条件
記事には『いずれかの主人公をクリアすると、その主人公に応じたエピソードが解放される。他の主人公7人分、計7つのルートのシナリオが楽しめる。』とあるので、つまり誰かひとりでもクリアしないとヒューズ編をできないということになります。
まぁヒューズ編の内容を考えると、たしかにそうしないと楽しめないので当然の仕様ですね。

また「各々の主人公に応じたエピソード」とあるので、つまりヒューズ編を最大限に楽しむためには7人全てクリアしてからということになる。大変だ!!!!
そこで大事なのが時短の仕様はどれほど実装されたのかという点。

■時短要素
コチラの記事『サガ フロンティア リマスター』ヒューズ編は7ルート存在、各主人公ルートに介入していく内容に。既存ルートの裏側がわかることもにあるが、時短要素がいくつか実装されている。元のサガフロに比べて新たに
・退却が追加
・倍速モードの追加(移動中と戦闘中)
・強くてニューゲームの追加

という風に結構な時短要素が追加されている
なので、最初のひとりは時間的に厳しいが二人目からはだいぶ早く攻略可能なのではないだろうか。
おそらく一番早くクリアできるのはリュート編だと思うが、あえて7人の主人公では一番好きなレッド編からやっていきたいと思ってる。次点でアセルス編。どっちも最高なんだよなぁ…。というか、アセルス編に少し追加シナリオが今回あるらしくてそちらも気になっている。なのでアセルス編やるのは確定なのだが、サガフロといえばレッド編は外せない…。
というかこの二人クリアした時点でヒューズ編をやりそう…。
でもロボでいろいろ集めたりするのとか、クーンでモンスター技制覇とか、ブルー編をルージュ編でしたりとか、エミリア編のマルチエンディングとかいろいろ楽しみ方が…。
エミリア編といえばレンも今回使えるみたいで凄い楽しみ。

この、エミリアが泣いて喜びそうな光景とかね。エミリア編も凄い楽しいんだよなぁ。跳弾の5連携とか楽にできるし。ヒューズ編の1人連携DSCとかの話もあるだろうなぁ…楽しみすぎる…。

■まとめ
つまり、ヒューズ編をいち早く楽しむには一人クリアしたら即やってもいいのだが、せっかくの一番好きな名作リマスター。
好きなキャラをプレイして好きなストーリーを楽しんでから、ショートケーキの最後のイチゴのようにヒューズ編を満喫したい…。
ということで、時間はかかるけど一人クリアしておためしヒューズ編して、7人プレイしてからまたヒューズ編をしようかと思う。
楽しみだなぁ、ヒューズ編。
プレイしたら、また限界文を吐き出しにここに感想とか書くと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント