引退していく個人ヒカセンVtuber達について。

ffxiv_20201101_233907_064-min.png 
こちらではお久しぶりです。
久しぶりに記事作りたいことがあったのでだらっーと書きますね。

「南方ボズヤ戦線」、「レジスタンスウェポン」作成等が実装されたパッチ5.35も落ち着きをみせ(個人的に)、のほほんとヒカセンvtuber配信を観つつ、FF14ルーレットを回す日常が帰ってきました。配信観ながら回すメインルレは最高だぜ!

FF14を配信している光のVtuberまとめ一覧(https://t.co/KSl87LIPCY?amp=1を作成して、あっという間に5か月が経って、新人ヒカセンV情報も次々と寄せられてきて、そろそろ更新しないと!って感じになってきまして、暇を見つけてリストを一人一人チェックしていたのですが、こういうリストを作成するとヒカセンvtuberを把握しやすいっていう点と同時に引退した・アカウント削除したヒカセンVtuberもわかりやすいっていう点もあるんですよね。

配信コメントで一言二言交わした配信者さんも引退されていたりして結構衝撃を受けたのですが、最初にリストを作ったころと比べると約10人ほど既に引退されてます(リストからは削除済み)。まぁ、その倍ほど新たにヒカセンVさんが増えていたりするのですが。特定するほどのことは書かないですが、少しだけ引退される前のヒカセンVさん達のことで覚えてることを書いておきますね。

引退していく個人ヒカセンVtuber達について。

まず、ほとんどの人は何も言わずにいきなり消えています。
本当にいきなりいなくなり、知名度も個人だと全然ないので周りも気づかず、Twitterで話題になることもないので、僕ですら「本当にいた…?」と疑うほど、煙のようにいなくなってしまいます。個人的にはそれが凄く寂しいことだなぁ…と。
1人配信コメントで交わした方でもそういう方がいらっしゃるのですが、前触れが全くなかったので凄くビックリしました。
「来週も配信しますー!」って言っててその来週にはもう消えていたり。寂しいね。

もちろん、ちゃんと理由を発信し引退する方もいます。
・流行り病の影響でリアルなお仕事がなくなり、Vtuber活動してることが難しくなった方
・やりたいことが他に見つかり、そちらに専念される方
・リスナー側にはわからない理由で、引退される方
・転生された方
・配信をしない普通のプレイヤーに戻るだけの方
・どこかの方面に凄く怒って消えていく方
・ただただVtuber活動に疲れてしまった方


理由は様々ですが、各々が大小さまざまな理由で引退していました。
前向きな引退理由では転生(別の身体を持ったVtuberとなり、そちらで活動すること)し企業Vtuberになったという噂を聞いた方や、配信の幅を広げて実写でやるので別chを作る方もいました。
あと個人的に良く覚えてるのが心無いリスナーに一言二言言われたことが原因でモチベーションが完全に消えてしまった方がTwitterで「疲れてしまった」と言った翌日にすべて消えていたのがなんとも心に来る出来事でした。
配信者っていうのは生かすも殺すもリスナーなんだなぁ…と深く感じましたね。

Vtuber黎明期とは違い、このVtuberがあふれた時代、正直いうとリスナーが10人も観てくれれば成功している世界です。
僕は観ているヒカセンVリストの配信者さんは0人でも配信し、喋っている方も沢山いらっしゃいます。
僕自身、動画出したりしてますが、だれも動画見てくれないと僕でもモチベーションは消えてしまうと思いますね。

まぁでもめちゃくちゃヒカセンVtuber増えてるんですけどね。

こういう記事書くと「あれVtuber減ってるの?流行り終わった?もうヒカセンVだめ?」って思われそうだけども、まったくそんなことはなく、毎日誰かがデビューしてるし、1週間に1人はヒカセンV増えてるくらいの勢いです。今日も新人ヒカセンV見つけましたしね。

これだけアンテナ広げて観てると、なんとなくFF14を主に配信してる人のチャンネル登録伸びる方法も見えてきたりして
・攻略動画を出す、参考動画を出す。
・参加型コンテンツを中心してリスナーと遊びつつ遊べる人を増やしてチャンネル登録数を増やす。LSやFCに勧誘して遊びまくったり。
・Twitterやブログ等の別媒体メディアからのチャンネルへの誘導
・FF14以外も積極的にしている
・他のヒカセンVとのコラボでのレイド攻略
・マイク音質や配信環境が良さ。
・サムネイルなどをしっかり作っている方

などなどが主かなーって思います。
配信より動画が強いんだけど、動画を出して観てもらうにも、そもそもの基盤が必要だから凄く難しい…。なので、とにかく入り口を増やすことかなーって思います。TwitterなどのSNSや僕のようなブログ、FF14にはロドストとかもあるしね。



と、まぁ色々書きましたが、わけあって引退された方々が今でもFF14楽しんでてくれたらいいなぁ…と一般通過ブログ書きヒカセンパンダは思うのでした。
関連記事