《日記》真成3層練習開始-感想

そういえばST戦士で真成攻略を始めて、今日はじめて左装備をもらいました。
def戦士
現状ステータスはこんなような感じ。
素の状態です。
ちょっと命中あげすぎました。
そして真成3層練習開始。
たぶん、真成ってここからが本番だったんだなぁっていう本気具合が見ものです。


《通常攻撃》
フェニックスの攻撃 → Mosu Mosuに3255ダメージ。

ベンヌの「シャープストライク」
Mosu Mosuは受け流した! 2720(-27%)ダメージ。

フェニックスは「リヴァレーション」の構え。

→フェニックスに「シュトルムヴィント」の効果。
→Mosu Mosuに「ヴェンジェンス」の効果。
→Mosu Mosuに「ストンスキン」の効果。
→Mosu Mosuに「鼓舞」の効果。

フェニックスの「リヴァレーション」

Mosu Mosuの「ストンスキン」が切れた。
Mosu Mosuの「鼓舞」が切れた。


→Mosu Mosuに4209ダメージ。


:;(∩´﹏`∩);:攻撃激しすぎでは。
ちなみに素で戦士が受けると1万1000~ほど受けてしまって即死しました。

とりあえず1セットみっちりやって、紅蓮の玉対処をどうしようかなぁっていう段階まできました。
紅蓮の玉、あれってフェニックスにもベンヌ(死体)にも誘爆してしまうようで、頭を抱えるところ。
誘導場所によってはDPS落ちるし…かと言って外周行くとヒーラー届かなくなってしまうし…。
とりあえず、南に1stベンヌ置くのは確定かなぁというあたりでした。






うちの2.4からの固定では1週間で3,4セットできたら良いなぁという感じで、まったり真成進行中です。
いろいろメンバーも多忙で揃いにくかったり、遅くに揃ったりで、メンバー合わせが最難関ギミック…!
ffxiv_20141129_020800.jpg 
がんばるぞい!
関連記事

パッチ2.41実装! 早速CF侵攻に乗り込んでみた。

【今週のエオルゼアスクリーンショット1枚】
tatamosudessu.jpg
タタモスでっす!(サブキャラ幻想薬飲みました)



パッチ2.41が実装されました。以下、一部抜粋。
迷宮バハムート:侵攻編において、以下の追加/変更が行われます。
1人でコンテンツファインダーに参加申請できるようになります。
1人で参加申請できるようになることに伴い、突入条件にアイテムレベルが追加されます。


コンテンツ名 アイテムレベルによる制限
大迷宮バハムート:侵攻編1 平均アイテムレベル90~
大迷宮バハムート:侵攻編2 平均アイテムレベル95~
大迷宮バハムート:侵攻編3 平均アイテムレベル100~
大迷宮バハムート:侵攻編4 平均アイテムレベル105~

難易度緩和のために、以下の変更が行われます。

≪侵攻編1≫
ラフレシアが使用する「ブライテッドブーケ」のダメージが緩和されます。
ダークマター・ホーネットが使用する「シャープスピア」のダメージが緩和されます。
フェーズ移行後に「蜂蜜」のデバフが残っている場合でも、ダークマター・ホーネットが追加で出現しないようになります。
アシッドハニーの「アシッドスプレー」のダメージが緩和され、かつ被ダメージアップのデバフが付与されなくなります。

≪侵攻編2≫
ルノーの攻撃力と回避力が緩和されます。
呪詛の声などによってPCに付与されるステータスが「石化の呪い」から「石化」に変更されます。また、プレイヤーが受けた場合の効果時間が10秒に短縮され、かつ石化状態で攻撃を受けた際に即時戦闘不能にならないようになります。
ルノーを「石化」させた場合の効果時間が60秒に変更されます。
フェーズ移行後に発生するダメージ床による「ディシプリン」のダメージが緩和されます。

≪侵攻編3≫
外周に出現する複数の支援システム(塔)のゲージが同数になった際に、アバターに付与される強化バフの効果が緩和されます。
支援システムのギミック操作時に受ける「生気減退」の追加ダメージが緩和されます。
「地雷大爆発」のダメージが緩和されます。

1-4層「超える力」が発生するようになります。
コンテンツ突入時から超える力が発生し、最大HP/与ダメージ量/回復魔法効果量が10%上昇します。
※リスタートしても効果は増大しません。
※公開後の状況を見つつ、数週間単位で超える力の効果量がさらに上昇する予定です。

※これらの追加/変更は、「大迷宮バハムート零式:侵攻編」には適用されません。
ということで、早速乗り込んでみました。4層はまだいけてないです。
▼続きを読む
関連記事

残影で避けれる攻撃リスト《情報収集中》

残影
残影とは…?

クラス《双剣士》がレベル2で習得できるスキル。
使えるクラスは 剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 双剣士 忍者。
リキャストタイムは120秒。

スキル効果:自身が受ける物理攻撃を1度だけ回避する。効果時間5秒。
僕はこのスキルを軽く捉えておりました。

だが、しかし!

侵攻4層最終フェーズ、カータライズでメインタンクが事故って倒れ、ネールのヘイト1位が忍者へと向かいダラガブダイブが来る時に《残影》! あっさり回避!即タンクが挑発でヘイトを取り戻し、立て直した時、考えを改めてました。
《残影》は使える!と。


てな訳で、意外と避けれるスキルの多い《残影》で避けれるものをまとめてみたくなったので、情報収集しながらまとめてみることにしました。物理攻撃とわかりやすい物はいいんですが、物理か魔法かわからないスキルで『え、それ避けれるのか』という物をリスト化してみました。
通常マップ等の巨人族Mob
例:ブロンテス、ステロペス等、
ハラタリハードの巨人族BOSS
◯◯トンズ・スイング、◯◯トンズ・スワイプ等、
通常攻撃全般(オートアタック等)
ワンダラーパレスストーカーの包丁 
ハイドラ後方範囲攻撃
タイタンマウンテンバスター、ランドスライド(ノックバック無効)
極ガルーダダウンバースト(頭割り可能)
邂逅編1層蛇後方範囲
邂逅編4層ソルナイの周囲攻撃
侵攻編2層ラミアの周囲攻撃
ルノーの攻撃
侵攻編3層アバターの『ホーミングミサイル』
侵攻編4層ネールの『ダラガブダイブ』
ネールの『メテオストリーム』
ネールの『アイアンチャリオット』
極シヴァシヴァの『アバランチ』
シヴァの『アイスブランド』
真成編1層イムドゥグド(雑魚含め)『スパイクフレイル』
『クリティカルリップ』

真成編2層カーリアの『レゾナンス』(頭割り可能)
真成編3層ベンヌの『シャープストライク』
真成編4層BOSSの『アースシェイカー』(着弾のみ)


※黒魔の『ウォール』ではLBゲージが貯まるのですが、回避扱いとなる『残影』ではLBゲージが貯まらないようです。
ですが真成編4層BOSS『アースシェイカー』残影回避でナイスプレイによりLBゲージ溜まる報告もあり。
調査中。



11/14日更新
とりあえず土台だけ作ってみました。
避けれてビックリした攻撃、避けれて有用だった攻撃、こんなの避けれたよっていう攻撃などなどありましたらコメントいただけると随時追加していきます。また僕個人でもインゲーム、ロドストやツイッター、他サイト等から情報収集し、確定しているものを追加していく予定です。
少しでも攻略の戦術幅を広げられたらいいなぁと思います。

ところで黒魔のウォールと避けれる物一緒だと思うんですが、違うんでしょうか?
そんなところも気になります。

11/17日更新
表に情報追加。
コメントありがとうございます!
やはりウォールと同じ物を回避できるようなので、『残影&ウォールで避けれるもの』と考えて観てもらえると良いかもです。
関連記事

2.4パッチからのPVP装備は使えます?

pvp110.jpg 

"2.4パッチノートより"
・PvPランクの上限が45に引き上げられます。
・PvP用パラメータ「モラル」の効果が変更されます。
現在の与ダメージや被ダメージに影響するものから、PvP中に限り、設定されているモラルの値分だけ、その装備のアイテムレベルを引き上げる効果に変更されます。
例えば、「モラル+15」が付いているIlv70のPvP用武器は、PvP中に限りIlv85相当の武器になります。なお、フロントラインなどILv80シンクのコンテンツに参加した場合は、上記装備はILv80相当の強さになります。
・PvP装備に関して、以下の調整が行われます。
・モラルの効果変更に伴い、PvP装備に設定されているモラルの値が調整されます。
・PvPエリア以外でもアイテムレベル相当の強さになるよう、各PvP装備にボーナスパラメータが1つ追加されます。
何がどう良くなったの?
と言うと
・PvPエリア以外でもアイテムレベル相当の強さになるよう、各PvP装備にボーナスパラメータが1つ追加されます。
▲ここに注目。

2.4パッチまでのPVP装備は、主要ステータス(STRやINT)とVITにサブステータス(意思力やクリティカル発動力)が1つ、そしてPVPエリアでしか影響されないサブステータス(モラル)が付与されていたため、マテリアははめれるものの、通常のPvE(Player vs Enemy)では他の同レベル帯装備に劣る物でした。

ですが、2.4パッチのこの調整で【主要ステータス(STRやINT)+VIT+サブステ×2+モラル】という数値になり、同レベル帯と比べても遜色なく、更にマテリアがはめれるという事で、その有用さは新式装備と同列となりました。

追記修正;
申し訳ないです、コメント頂いた通り、よくみたらマテリアの効果がPvPのみに適用だったようで…。
お恥ずかしい…!

PVPの装備説明にて
PvPランク41未満装備不可 [装着されたマテリアはPvPエリア内でのみ有効] [PvPエリア内でのみモラル分だけアイテムレベルが上昇]
という、ところの[装着されたマテリアはPvPエリア内でのみ有効] が2.4で修正されたものだという思い込んでおりました…。失礼致しました。



今回の【通常時にも活かせる様に】という修正の方向性、これからのパッチでもしかすると非常に有用な装備が出てくるかもしれません。
2.4〜コンテンツが落ち着いて暇になったら、次パッチに向けてPVPで対人戦績貯金いかがでしょうか?
関連記事