カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

【サガフロリマスター】ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

今回はFF14記事ではありません。
「スクエニだからこっちでいいよね!?」
っていうガバガバ判断で記事書いてます。

『サガ フロンティア リマスター』が!発売!される!

僕、スクエニだとファイナルファンタジーシリーズもちろん好きですけど、実はサガシリーズも大好きでその中でもロマサガとサガフロンティアが特に好きなんですよね。そして2021年4月15日発売(Steam版4月16日発売)PS4、Nintendo Switch、PC(Steam)、iOS、Androidのハードで『サガ フロンティア リマスター』がついに発売されるわけですけど、そこにリマスターで新たに収録された主人公『ヒューズ』編が何より好きだったりしました。

そもそも、この元の「サガフロンティア」には7人の主人公がいて、このヒューズは主人公としての登場はなく、ただの脇役キャラとして登場していました。「じゃあ、ヒューズ編ってそもそも何?」って話になると思うのですが、サガフロンティアの攻略本「裏解体新書」に掲載されている小説で、ゲームでは没になった設定であるヒューズ編を下敷きとして執筆された物語となります。

saga裏解体新書
▲プレミア価格なっててびっくりしたわね…サガフロ裏解体真書

昔は攻略本内に掲載された漫画や小説って多かったんですけど最近じゃ観なくなりましたね。
そもそも攻略本を手に取る人も減りました。web攻略のほうが無料だし、詳細だし、早いし、動画もありで、もう攻略本が絶滅しつつある感じがしますね。
他の攻略本内小説の名作といえば「マザー2攻略本 ひみつのたからばこ」かなって。擦り切れるほど読んで、ゴミと間違えられて親に捨てられましたね…。今じゃこちらもプレミア価格…うっ…。

話を戻してヒューズ編。
他7人の正統主人公のエピローグみたいな話で、それぞれの主人公や登場人物にヒューズがちょっかいかけいくコメディ調の内容となっています。
「あの真面目なキャラが弄られてる!」
「このキャラの意外な一面が!」
「シリアスな局面が面白おかしく!!」

といった感じに新鮮さをとにかく感じる内容で、読みまくってた当時は
「ヒューズ編なんで実装されなかったんだ…」
と何度思ったことか。
そして、今回リマスターでヒューズ編が実行されると聴いたときにどれほど驚いたものか…。
サガフロ本編発売されたのが1997年のことだったので24年前…。そりゃ僕も老ける…。

という僕のヒューズ編への思いを綴ったところで本編。
ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

ヒューズ編を楽しむために初動を考える。

さて、ヒューズ編に関して今詳細に出ている情報ソースが
【動画】
発売日決定!『サガ フロンティア リマスター』特別生放送!
【記事】
『サガ フロンティア リマスター』ヒューズ編は7回楽しめる、小説とは違うゲームならではのクレイジー捜査日誌。ルートによってはマルチエンディングに
動画で公開された情報をさらに詳細に記載されたのが記事になっています。
なので、記事のほうをみるのがわかりやすいかも。

■ヒューズ編の解放条件
記事には『いずれかの主人公をクリアすると、その主人公に応じたエピソードが解放される。他の主人公7人分、計7つのルートのシナリオが楽しめる。』とあるので、つまり誰かひとりでもクリアしないとヒューズ編をできないということになります。
まぁヒューズ編の内容を考えると、たしかにそうしないと楽しめないので当然の仕様ですね。

また「各々の主人公に応じたエピソード」とあるので、つまりヒューズ編を最大限に楽しむためには7人全てクリアしてからということになる。大変だ!!!!
そこで大事なのが時短の仕様はどれほど実装されたのかという点。

■時短要素
コチラの記事『サガ フロンティア リマスター』ヒューズ編は7ルート存在、各主人公ルートに介入していく内容に。既存ルートの裏側がわかることもにあるが、時短要素がいくつか実装されている。元のサガフロに比べて新たに
・退却が追加
・倍速モードの追加(移動中と戦闘中)
・強くてニューゲームの追加

という風に結構な時短要素が追加されている
なので、最初のひとりは時間的に厳しいが二人目からはだいぶ早く攻略可能なのではないだろうか。
おそらく一番早くクリアできるのはリュート編だと思うが、あえて7人の主人公では一番好きなレッド編からやっていきたいと思ってる。次点でアセルス編。どっちも最高なんだよなぁ…。というか、アセルス編に少し追加シナリオが今回あるらしくてそちらも気になっている。なのでアセルス編やるのは確定なのだが、サガフロといえばレッド編は外せない…。
というかこの二人クリアした時点でヒューズ編をやりそう…。
でもロボでいろいろ集めたりするのとか、クーンでモンスター技制覇とか、ブルー編をルージュ編でしたりとか、エミリア編のマルチエンディングとかいろいろ楽しみ方が…。
エミリア編といえばレンも今回使えるみたいで凄い楽しみ。

この、エミリアが泣いて喜びそうな光景とかね。エミリア編も凄い楽しいんだよなぁ。跳弾の5連携とか楽にできるし。ヒューズ編の1人連携DSCとかの話もあるだろうなぁ…楽しみすぎる…。

■まとめ
つまり、ヒューズ編をいち早く楽しむには一人クリアしたら即やってもいいのだが、せっかくの一番好きな名作リマスター。
好きなキャラをプレイして好きなストーリーを楽しんでから、ショートケーキの最後のイチゴのようにヒューズ編を満喫したい…。
ということで、時間はかかるけど一人クリアしておためしヒューズ編して、7人プレイしてからまたヒューズ編をしようかと思う。
楽しみだなぁ、ヒューズ編。
プレイしたら、また限界文を吐き出しにここに感想とか書くと思います。

【FF14】真面目に6.0の新ジョブ予想をする。

明日はFF14新発表会

明日2021年2月6日朝の10:30からのFF14新発表会にて行われるであろう新ジョブを予想する。
直前に書きたくなったよね。
個人的予想だからあてにせずにいてもらえると助かる。


現状実装されているジョブを一度確認

タンクロール
・ナイト
・戦士
・暗黒騎士
・ガンブレード

近接アタッカー
・モンク
・竜騎士
・忍者 
・侍 

遠隔アタッカー
・吟遊詩人
・機工士
・踊り子

キャスター
・黒魔導士
・召喚士
・赤魔導士
・青魔導士

ヒーラー
・白魔導士
・学者
・占星術士

クラフター
・木工師
・鍛冶師
・甲冑師
・彫金師
・革細工師
・裁縫師
・錬金術師
・調理師

ギャザラー
・園芸師
・採掘師
・漁師

改めて観ると多いなぁ!!
蒼天3ジョブ、紅蓮2ジョブ、漆黒3ジョブ追加されているので今回も2~3ジョブと予想。
そして過去のFFナンバリングから予想していく。

実装されていない印象深い武器から考えると
・ムチ(獣使い等)
・ベル(風水士)

あたりかなぁ、なんて。
でもボズヤに出てきた魔獣使いのライアンは「片手斧に盾」のスタイルなんですよね。
武器はムチよりこっちか…?

あとは次パッチが帝国編ということを考えると
・魔法剣士、もしくは魔導使い的なジョブ
とかもありかなぁなんて。
でもメインクエストに出てきた薬師や、占星ジョブクエに出てきている風水士が一番来そうな気はしますね。

真面目に6.0の新ジョブ予想をする

薬士:ヒーラー枠
風水士:キャスター枠
まもの使い:リミテッドジョブ

あたりがやはり濃厚かなって。
まもの使い?獣使い?のコンテンツみたいな感じでモンスター育てたいじゃんね。

そして、大穴はこちら!
DyY8ACGWsAEoQnN.jpg

パッチ5.41が来たので新エモートを全て取得した可愛いもすぅちゃんを観てくれ。


2021年01月12日、5.41パッチが公開されましたね!
今回はイシュガルド復興関連が主となるパッチです。
その中で実装された新エモートが可愛かったので自キャラで紹介したい。
というか自キャラを観てほしい。

『リンゴを食べる。』エモートをする、もすぅちゃん

ffxiv_20210113_183512_603.jpg 
かわいい!!!!!!!!!
エモート:『リンゴを食べる。』
テキストコマンド:/eatapple
取得方法:クポフォーチュン2等賞の景品
マーケット:パッチ後、1月13日の時点でリディルだと100,000ギルで売り。

完全に値下がりしてから買うのもありだけど、せっかくだからクポフォーチュンで今回実装されたおしゃれ装備の「カジュアルジャケット」狙うがてら遊んでゲットしたほうが楽しい。

『おにぎりを食べる。』エモートをする、もすぅちゃん

ffxiv_20210113_183728_082.jpg
かわいい!!!!!!!!!!
エモート:『おにぎりを食べる。』
テキストコマンド:/eatriceball
取得方法:イシュガルド復興で入手できる専用の通貨「蒼天街振興券」×1800で交換
マーケット:パッチ後、1月13日の時点でリディルだと180,000ギルで売り。



『ホウキで掃く。』エモートをする、もすぅちゃん

ffxiv_20210113_183831_665.jpg
かわいいい!!!!!!!!!!!!!!
エモート:『ホウキで掃く。』
テキストコマンド:/sweep
取得方法:イシュガルド復興で入手できる専用の通貨「蒼天街振興券」×1800で交換
マーケット:パッチ後、1月13日の時点でリディルだと180,000ギルで売り。




可愛かったので大満足です。
今回実装された「~を食べる。」のエモートは以前に実装されたパンを食べると同じですけども、リンゴは赤いのがきいてアクセントにもなり、SSが映えるんですよね。とてもキュート。SS捗る。

他にもおしゃれ装備のジャケットやらタンクトップやら傘やら、為マウントやら、小さいトリケラトプスミニオンやら実装されたので、取得しておきたいところですねー。

ガチ勢ギャザクラはランカーになるべく日夜永遠作業してるので、
その前でホウキを掃くエモートで回っていく遊びを実装当日してました。
クポフォーチュン回しながら復興fate待ちしつつ、まったり遊ぶパッチ5.41にしようかと思います!

『#エオルゼアそんな機能あったんかい選手権』ピックアップ①

『#エオルゼアそんな機能あったんかい選手権』をご存じだろうか。


スクリーンショット-2020-12-17-

いろいろな情報が日々飛び交うTwitter。
そこで個人的に観ているFF14関係のハッシュタグが色々あるのが個人的に一番おすすめなのがこのハッシュタグ。

#エオルゼアそんな機能あったんかい選手権

今回はこのハッシュタグで是非覚えていたほうがいい機能をピックアップし、それに対してエオルゼア老人会の僕が蛇足を付ける記事になります。

『#エオルゼアそんな機能あったんかい選手権』ピックアップ①

『背面・側面』のサークル

最近、FF14を始めた人ほど知らない『背面・側面』の表示と機能。
そもそも、このエオルゼアには過去に『命中』という概念があり、そもそも命中が足りないと攻撃がmissになるという具合でしたので、『背面・側面』そして『正面』で命中率が違いました。

背面だと"当たりやすい"、側面だと"やや外れる"、正面だと"当たらない"。

極端に言ってるわけでもなく、本当にこんな感じだったので昔からプレイしている近接物理ジョブの方はこの『側面・背面』を否応無しに認識しておかないとダメだったので『側面・背面』は今より更に重要な認識でした。
それが紅蓮のリベレーター、つまりパッチ4.0で撤廃され、命中というステータスが消えました。
加えて、このパッチ前の3.4ではオートアタック仕様変更もあり、これ以前に物理職をしていて辞めてしまった人は今の変貌っぷりに驚かれているのをまれに見かけますね。
パッチ34でオートアタック
昔は敵を正面に観ていないとオートアタックも出ず、
必須だったマクロ『/ft』も必要なくなりましたね。
パッチ5.4になった現在ではもう『側面・背面』はコンボの威力減衰に関係のあるものだけになってしまったので、そこまで重要視されなくなってしまったので新しく始めた新規さんほどこの『側面・背面』を意識しておきたいところですね。

バハムートのサイズ、大・中・小

召喚士Lv.70で覚えるスキル「サモン・バハムート」。
このスキルが実装された当時、公式フォーラムに『バハムートがでかすぎて邪魔(要約)」という文句意見が寄せられ、実装されたのがこのバハムートサイズ調節機能。
バハムートサイズ
今のところバハムートサイズの調節はこのマクロを打ち込むことのみなので、ぜひ気になる方はしてみてほしい。
僕は即最小にした。もちろん自分視点のみの変更なので、自分が召喚士以外の方も好みに合ったサイズに設定してほしい。

itemsearch


個人的に一番使用頻度が高い機能がこの機能。
「あのアイテムどこにいれたかな。」を一発で探せる超便利マクロ。
『/itemsearch』を辞書登録するレベルで使ってます。

昔はなかったから、リテイナーをすべて観ていったりしてね…。
大変だったね…。

テレポの行先をヒストリーに固定表示


そして、こちらが僕がこのハッシュタグで観るまで知らなかった機能。
これも即登録したりしましたねー。
お気に入りとホームポイントだけだと足りないときが多いので、こうやって固定でできるのは時短にもつながりすごく便利。



とまぁ、今回はこのくらいで。
また次回で同じような感じに紹介させて頂こうかと思います~!