【新生FF14】『DPS』というロール(役割)。

無職サンクレッド
「ちゃんと働いてますか?」

今日の手抜き制作物:『ノージョブなサンクレッドさん』
SSに文字付けただけなのに合うサンクレッドさんは優秀な素材。
一応、今回の記事に関連させてみました。

今回はDPS、FF14でいうとロール(役割)のDPS記事です。
他のゲームではアタッカーとか言われるのに、新生FF14では「DPS」と呼ばれていますね。パッチ2.2前に全ロールそこそこ経験出来たので、今一度DPSについて自分なりに振り返ってみた記事です。


新生FF14のDPSは2014年3月、2.16パッチ現在で
竜騎士、槍術士、モンク、格闘士の近接DPS。
黒魔道士、呪術士、巴術士、召喚士、吟遊詩人、弓術士の遠隔DPS。
以上のジョブが実装されております。

さて、そのDPSの役目は…
「ダメージを与える」
だけです。そんなことは分かってる!って思う人ばかりだと思いますが、本当にその役目をしっかり果たせてるDPSがどれだけいるのかっていうのが今回の本題。


現在のレベルキャップ50までのインスタンスダンジョン(ID)、エンドコンテンツにおいても、どれもやることは同じで『盾が攻撃している(ヘイトを取っている状態)のを攻撃する。』『避けれる攻撃は全て回避する』が基本であり基礎です。
初心者の方向けの記事は「【初心者向け】パーティープレイの立ち回り、超基礎編」のほうがザッと分かり易く解説下さってるので割愛します。

以上のことを踏まえて、DPSは「死ななければ良い」「盾に付き従ってるだけで良い」「ヘイトを奪わなかったら良い」だけと思ってるDPSが現状非常に多いです。もちろん初心者はそれだけ出来れば十分。ただし「初心者」と呼ばれるのはジョブが50になるまで。エンドコンテンツに通い始めたら初心者以上の動きを目指していかないといけません。ただ「初心者以上の動き」と言われても、具体的に見えにくいのが「DPS」というジョブだと思います。

「タンク」なら簡単に倒れたり、ヘイトがふらついたりしたら、装備が不十分か、バフ回しや、コンボ回しが出来てないことがわかる。
「ヒーラー」なら盾を簡単に死なせてしまったり、全体攻撃、回避不可攻撃等によるPTメンバー全体の回復が遅れてしまって崩れてしまったりしたりすると回復量と判断が不足しているとわかる。

ですが「DPS」はどうでしょうか?
死ななくても「DPSチェッカー」と呼ばれる極々一部のギミック(バハムート5層や、極ガルの分身、極タイタンの小タコ等)で詰まったりして、ようやく「なんでだ?」と気づくのではないでしょうか?
しかも、ハイエンドコンテンツは8人のうち4人がDPS。
一人が頑張っていても一人がサボってるとクリア出来ない事が多々あります。
そして、それがFF14内部では数値化されていないため、何がどう悪いのか?
それが分からない。

FF14公式の発言で

開発ではデバッグ表示で各自のDPSをログに表示し、最終的にはDPS理想値に対して どれくらいで倒せるか、実地で細かくデータを取って調整を行います。ちょっとだけログに貼っておきますね。 (ちなみに吉田ですら「DPSどのくらい出てます?」と聞かれてドキッとするので、 当面の間、このDPSコマンドを実装する予定はありませんので、その点ご容赦を)

「DPSとは」より抜粋。


と語っております。
DPSを数値化し、それを参考に調整しているのにユーザーはそれを知る手段が外部ツールを使わない限り現状ない、ということです。
綿密な数値ではなく、ヘイトゲージのような段階的な物で可視化でもできればいいんですが…。

2ちゃんの新生FF14スレでも
【新生FF14】DPSメーターって実装しないの?
タイムリーで話題になっており、記事がまとめられておりました。書かれている通り、ほんとに突き詰めると難しいロールです。

じゃあ、どうやって「DPSを適切に現状より引き上げるか」ですが、「とにかく練習する」「参考動画を見る」「周りに聞く」「スキル回しの記事を探しミスなく回せるようにしてみる」です。僕も時間あるときはよく木人殴ってます。

DPSをするのであれば、誰よりもダメージに貪欲になってみてください。
最初は死にまくって良いと思います。
そして、ヒーラーさんに土下座(/grovel)しましょう。
DPS1番の仕事は「ダメージを与える」なんですから色々試行錯誤しましょう。

「最高の効率でダメージを与える」、その結果として「死なないこと」が自然に付いてくる。その逆ではないと思います。



そんな訳で偉そうにいろいろ書いてしまいましたが、昨日、久々の真タイタンでパターン忘れて死んでFCメンバーに笑われてました。
実際はこんなもんです!!!
えっへん!!


てことで、DPSというロールについてパッチ2.2前に振り返ってみた記事でした。
はぁはぁ、パッチ2.2ではリヴァイアサンにメタメタのギチョンギチョンにされて床なめてくるんだ…///
きっと甲板の味は鉄錆と塩の味に違いない…!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント