『紅蓮のリベレーター』メインクエストを終えて。【後半ネタバレあり】

気づいたら1ヶ月半以上ブログ記事書いてない事に気づきました。
こんにちわ、こんばんわ、もすぅちゃんです。

これだけ更新間隔空いたのはじめてかも。
子供が出来てからというもの、月日があっと言う間に過ぎていきます。
「あれ、ちょっと前に記事更新してなかったけ?」
と思ったらこんなに日が空いていたなんて。
ブログ書く暇というより、まずゲームする暇がないない。


娘はすくすく成長し、今日で生後161日目になり、離乳食も最近始まりました。
とろとろのおかゆを口からダバァーさせながらも、モグモグ食べる娘はとても可愛い。
とても可愛いです。

寝かしつけで口をあけながら寝ていくところも可愛い。
でも背中スイッチは健在で爆睡してても抱っこから下ろしたら泣いて起きるし、少しの物音(キーボード音とかでも)ですぐに起きるので、寝てるのに寝返りしちゃって起きるし、本当に目が離せないので、なかなか遊ぶ時間は作れませんが可愛いのでオールOKです。
これからハイハイしたり、立って遊ぶようになって、喋ったりしていくのを想像したりするだけでも楽しみが尽きません。
最初の一声はなんて言うのだろうか。楽しみだ…。


そんな感じで『光のお父さん』を楽しみながら、
なんとか『紅蓮のリベレーター』メインクエストをクリアすることが出来ました!
やったぜ!

紅蓮終わり 
娘を寝かしつけた後、IDや討滅戦行っても、途中でだいたい起きちゃうので、
めったにない大丈夫なタイミングを見計らってのメインクエスト進行でした。 
もちろんルーレットやレベリングは回せないので、レベル70までほぼほぼサブクエのみで上げました。
(1回だけレベリングルレ+1回だけ討滅+少しF.A.T.E挟みました)
紅蓮のリベレーターを終えて 
おかげでメインクエストの時系列に沿ってサブクエスト完全消化しながら楽しめたので本当に良かった。
今回のサブクエめっちゃ面白いの多かったしね!まったり出来て良かったです。




て、ことでここからは『紅蓮のリベレーター』のネタバレあり感想を語りたいと思います。
※クエスト未踏破の方はご注意下さい。

『紅蓮のリベレーター』のネタバレあり感想

まず最初に紅蓮のリベレーター、メインクエストクリア後のサンクレッドの台詞がレガシー時代からプレイしている身には本当にたまらないのです。
紅蓮サンクレッド 
この一文。
これだけで根性版含めたパッチ2.x時代からのことが一旦自分の中で一区切りついた気がしたんですよね。
すべてはあのウルダハの事故(URL先は事故の詳細)から始まったから。

だからと言ってはなんだけど、あのゼノスの思ったよりも呆気ない最期も、
サンクレッドの視点から観ると、あの空中庭園の夕焼けに映える花にアシリアが被って観えて、感傷に浸ったりしてたのかなぁとか考えたりして。…まぁ深読みしすぎですけどね!
あと、ゼノスの掘り下げについてはこのインタビュー記事を読むと【[gamescom]「FFXIV:紅蓮のリベレーター」,吉田直樹氏と石川夏子氏への合同インタビューを掲載。パッチ4.0のストーリーを振り返ってもらった】これからも色々ありそうですしね。


と、いきなり最期からの感想になったけど、総じて紅蓮のリベレーターシナリオはメイン・サブ通して最高でした!
たぶん皆と感想かぶりそうだけどもぱぱっと箇条書きすると

・ドヤアリゼーが凄く可愛かった!
「アルフィノは泳げないけどねっ!」
ここの会話、画像含めて最高でしたねw
アルフィノが口をすぼめてイジけてそうな顔が脳裏をよぎりましたw
ドヤリゼー 

・一時の情を堪えて、しっかり周りを見渡し、状況を把握し、指示を出せるまで成長したアルフィノがかわいい。 あとエスティニアン。
蒼天からですが、本当にアルフィノ君成長したなぁ…って。
なんか親目線みたいな感じでアルフィノ見ちゃうよね。
あとアルフィノを影から見守る感じのエスティニアンの今回の立ち位置。最高かよ。最高だよ!!
紅蓮エスティニアン 

・着物タタルさんとハンコックのペア。
タタルさんがアルフィノと同じくらい凄い成長を遂げているのを痛感した今回のパッチ。
マジやり手だよ!一癖二癖もありそうな胡散臭いハンコックさんを上手く使いこなしてヒカセンの支援。
悪い顔のタタル 
(悪い顔のタタルさん笑った)
からのトドメの着物。もう無くてはならない存在になった一家に一台タタルさん。

・海賊衆
ファイナルファンタジーというナンバリング作品の海賊!って感じが最高だった。
ファイナルファンタジーVのファリスの海賊団がちょうどこんな感じよね。義理人情に熱い感じ。
今回のパッチはFF5オリジナルの要素が多くてFF5が一番好きな僕にはたまらないパッチだった。

・ソロバン
コウジン族の商人。
声を聴いてるだけで「の~んび~り~」になる紅蓮の癒やし係。最高に癒された。
コウジン族 
コウジン族には、この世に生まれてくる前に一度なにかの物として生まれ、
それからコウジン族としての命をもらうという言い伝えがあるらしい。
ソロバンは本当にソロバンだったんだろうなぁ。

・ユウギリがスイの里から出た理由とその後の身の振り。
スイの里のサブクエを一通りこなすとユウギリの異端さがよく分かる。
それでも守りたいものを守るために戦うユウギリさんは凄く格好良い。
ドマ城前にユウギリ 
あとスイの里のクレナイ・ヒスイ最高。

・謎の吹き矢推し
すっごい吹いたよね。このこだわりだけは今回最大の謎w

・ヒエン様の頼れる殿様感。
デーン!と構えてドーン!と対処。
ヒエン出会い 
やることなすこと、一挙手一投足が『雅』。
出会いの仕方、そこから繋がるアジムステップからドマ解放への流れでの立ち振舞。
文句のつけ所のないキャラクター。
僕が紅蓮のリベレーターで一番好きになったキャラクターです。
もっかいドマ救いてぇ!!

・余輩ちゃん(マグナイちゃん)
最初の「こいつ鼻につく感じで気に入らないなぁ」という感じだったけど、
シナリオ進むにつれてドンドン可愛い印象になっていく面白いキャラクターになっていく、
今までのff14にはいなかった特異なキャラ。
余輩ハイ 
個人的には「余輩ちゃん余輩ちゃん、ナーマ見つかった?」って感じで弄りたい。弄りたくない?
あとシリナちゃんを追っかけ続けて欲しい。

・サドゥ様
余輩ちゃんとは違って『様』付けをしないといけない雰囲気が凄い。
メテオを落とすドタール族の族長さん。
滾るサドゥ様 
アジムステップいろんな部族いたけど、仮に所属出来るならドタール族にいきたい。
この部族の『死生観』びっくりしたよね。
個人的お気に入りキャラナンバー2。

・ヨツユとゴウセツ
最期に出てきた事によって一気に今後が楽しみになったキャラクター2名。
てか、ゴウセツの懐の広さならヨツユちゃんだって影響受けてガラッと変わるはず!
てかてかゴウセツ生きてて良かったよおおおおお(あまりの嬉しさに少し泣いた)。
ヨツユは作中少し掘り下げられてて、本当に救われないキャラだったから救ってあげて欲しい。ほんとに。
今回の幸せになってほしいキャラ、ナンバー1。
あとララフェル的にはゴウセツおじちゃんに肩車されたいです。はい。

・アジムステップでの終節の合戦からの流れ
『紅蓮のリベレーター』というよりこれまでFF14してきて1,2を争うくらい熱い展開だった。
最高かよ。
あの部族代表を決める戦いで各部族が命をかけて、
代表決めてか~ら~の~、帝国という共通の相手にさっき戦った相手を味方に戦う展開熱すぎるよ!

・正直、ドマ編が盛り上がりすぎてアラミゴ決戦が霞んじゃったよ!
アラミゴ解放はドマに比べてずいぶん『巻き』で展開してた感じがして、
各国代表が頑張ってる感じがよく分からなったかなぁ。ピピンがめっちゃ頑張った感じ。
終わった後にアイメリク居たのに気づいて「お前いたんかい…」ってなったからね…。
ドマ解放に比べると、あっさり感が否めない…。

・個人的紅蓮のリベレーターメインヒロインの『フォルドラ』
今回の『紅蓮のリベレーター』の主題は『アラミゴの解放』でした。
アラミゴ解放をメインとするならば、
今回はリセより個人的にはフォルドラのほうへ感情移入してしまう。
リセは色々揺れながらもアラミゴ奪還のため頑張ってた。
頑張ってたけども、なんと言うのだろうか。まだまだ主張に幼い感じがあったよね。
フォルドラ  
リセと対比になるように描かれた『フォルドラ』。
フォルドラの最期の台詞とリセの掛け合いで
リセ : 妙な力さえ封じれば、負けやしないんだから!
リセ:アタシは、メッフリッドやコンラッドたち……
大切な仲間たちを殺したお前が憎い!
だけど、それを理由に同じアラミゴ人であるお前を、
このまま殺すような正義を、アタシは持ち合わせてはいない……。
アタシが造りたいのは、すべてのアラミゴ人のための国なんだ!

フォルドラ:ハッ!今さら情けをかけるつもりか?
貴様らが解放軍など立ち上げて反抗しなければ、
アラミゴ人は、帝国の中で自由になれていたんだ……それをッ!

リセ:誰かを虐げてのさばることを、自由なんて言わない!
このわからず屋!
という会話がある。

リセはアラミゴを離れている間、フォルドラは本当に泥水をすすって生き、
帝国で自分を良くないように観る目がたくさんある中でも必死に耐え、
自分の大切な部下の命までかけて、最期には自分の命までかけて、アラミゴの為に戦った。
占領され、虐げられ、大事な人を殺され、
その絶望の中でもアラミゴ解放への活路を開こうとしたフォルドラに意見するにはリセはまだまだ足りないんじゃないかなぁって。
フォルドラもまだ生きているから、これから彼女がどう身を振っていくのか本当に気になる。ヨツユ・ゴウセツ並に気になる。
今回の幸せになってほしいキャラ、ナンバー2。

これからの展開も見逃せない紅蓮のリベレーター。
次回は2017年10月上旬にメインクエスト追加来るから本当楽しみだ!

これからのもすぅちゃん

なんとかメインクエスト終わったので、しばらくまたまったり。
とりあえずギャザクラやって金策しつつ、ハウジング来たら色々また楽しんでみようかと~。
ヒルディクエとかもしたいしね。

あと痛感したけど、レイドはしばらく無理だ!
IDすら厳しいのでギャザクラ中心にした楽しみ方をしばらくしてると思います。
はやくコウジン族の蛮族クエやりてぇ!まったり蛮族に癒されてぇ!
冒険者小隊アップデートも楽しみだし!
こうやってレイド以外のコンテンツがガンガン増えるといいなぁ。
関連記事

コメント

No title
個人的にはリセの考えが幼いのはまだまだ経験が足りないのだから当然と思う。
かといって、対比してフォルドラもヨツユと同じく苦労したというが
帝国の中で生き残るすべを模索しただけで、アラミゴ人として生きようとしたわけではない。
>自分の大切な部下の命までかけて、最期には自分の命までかけて
大切な仲間なのに
死んでくれと面と向かっていうわけでもなく
遠くから死ぬとわかって命令しただけでしょ。
断腸の思いというが、切り取られた腸はどう思うんですかね。
わけもわからずカノン砲で吹き飛ばされて、フォルドラが生きてくれるならと思うんでしょうか?
最後に自分の命をかけたというが、どうにもならなくなったから
自分の命をかけることになっただけ。
>アラミゴの為に戦った。
どこら辺がアラミゴのためなのでしょう?
帝国にいるアラミゴ人のため?
彼女が出世してアラミゴ解放しようとしてたとは思えない。
個人の感想にいうことではないですが、モノ申したくなったなり
コメント欄があるので、意見しました。
どうも失礼しました。
No title
娘「もすぅ!」
レガ先もすぅパパには、動画探してでも錬金60〜70クエも見て欲しいゾ
Re: タイトルなし
> 個人的にはリセの考えが幼いのはまだまだ経験が足りないのだから(略)

コメントありがとうございます~!
>切り取られた腸はどう思うんですかね。
たしかにそこまでは描かれてないのでわからないですねw
苦難を共にしただけですものね。
>彼女が出世してアラミゴ解放しようとしてたとは思えない。
彼女がもしこのまま野放しになっていたらどうしていたんでしょうね~。
気になります。

> 娘「もすぅ!」
お父さん困惑しちゃう。


> レガ先もすぅパパには、動画探してでも錬金60〜70クエも見て欲しいゾ
70なったから空いてる時間で観るゾ!
No title
錬金だ。錬金のクラスクエストだ。
それに尽きる。きっと、きっと楽しめる。きっとだ。

コメントの投稿

非公開コメント