アレキ零式:天動編JP1stチームにインタビューしてみた!

アレキ零式:天動編JP1stチームにインタビューしてみた!

昨年、2016年9月27日にパッチ3.4で実装された難関レイドコンテンツ【アレキサンダー零式:天動編】。
FF14では恒例になった難関レイド実装直後から始まるレイドレース。
パッチ3.xシリーズの難関レイド最終編という事と事前に吉田P/Dから起動編、律動編より簡単にしているという前情報もあったこともあり、様々なチームがレースに挑戦しました。

レイドレース結果は、海外、ヨーロッパ勢のフリーカンパニー“ANGERED”がワールドファーストでクリア。
実装から約2日でのクリアとなりました。
これまでのレイドレース最短が大迷宮バハムート:真成編での約5日間だったので最短記録を更新。

機工城アレキサンダー零式の起動編と律動編のワールドファーストチーム"Elysium"がワールドセカンド。
1stクリアから2時間後にクリア。

そして、大迷宮バハムート真成編でワールドファーストだった日本のFC"Lucrezia"が解散となり、そのメンバーだった"てっくてっく"さんが参加した新たなレイド攻略チームFC"Dysnomia"がワールドサードクリア。日本では最初のクリアとなりました。
1stから4時間後のクリアです。

1~3位は4時間という数セットの違いだったので、ほとんど差がないことが良くわかります。

FC-Dysnomia.jpg今回、インタビューを『てっくてっく』さんにお願いしたところ快く受けてくださり、今回のこのインタビュー記事となりました。
また個人的に以前よりTwitterで付き合いのあったFC"Dysnomia"クリアメンバーの一人、Denik(デニ)さんにも声を掛けて頂き、一緒にインタビューをさせて頂きました。

※クリアから少し時間が経っているのは、タイムアタックに挑まれていた期間があったり、互いの多忙の為です。

FC"Dysnomia"メンバー 『てっくてっく』さん、『デニ』さんにインタビューしてみた!!


●まず最初に、レイドレースに参加する上で何から準備をしていきましたか?
FC-Dysnomia01-min.jpg 
てっくてっくさん:

メンバーが集まった時、半数近くは復帰したばかりでした。
なので、律動編の装備集めから準備が始まりました。
あとギルを持っていないメンバーもいたので、空島で金策も同時に進めました。

FC-Dysnomia02-min.jpg 
デニさん:
パッチ直前の数週間は各位の練度を高める為、特に私(Denik)はナor暗、てっくさん(Nacio Duran)は白or占or黒、あいすさん(Momo Ten)は詩or白が出せるように、「空島に行ってマテリジャを蓄えつつ脳死でスキル回せるようにすること」と、「律動編零式を普通に消化するだけでなく、ジョブを色々変えたり、装備に縛りを入れたりすること」をほぼ毎日交互でやったりしていました。
空島は1PT少人数×3のアライアンス形式でゴリラをひたすら殴っていました。
1セット60分で一人平均1.5マテリジャ分のスポイルでしょうか。
律動編零式4層のIL220縛りはDPS及びHP的にも厳しく、ミスも許されない難易度なので、いい緊張感で練習できました。レイド直前のアップとしては個人的にはよかったと思います。

●攻略を通してゲームの内外で困難だったこと、印象深い出来事がありましたらお願いします。
てっくてっくさん:
ゲーム内では3層の最終フェーズと4層の時空潜行のところでしょうか。
特に4層の時空潜行のところは絵チャットなどを利用して案を出し合いました。
ゲーム外はメンバー集めの部分ですね。最初に誘っていたメンバーで時期次第では参加できない人がいたので、一つ補欠枠を作ったり、一緒に活動する前に音信不通になってしまった人がいたり(笑)
メンバー集めはじっくり時間をかけたので大変でしたが、雰囲気やプレイヤースキルともに不満がない素晴らしいメンバーが集まってくれました。

デニさん:
後ほど詳述しますが、今回のレイドの難易度が起動編零式、律動編零式に比べて下がったことで攻略はどんどん先に進められるのはとてもよかったです。しかし、それは他のPTも同じことですので、先にもっと早くクリアするためには、ミスで全滅してワイプすることは結構命どりになります。
特に私は今回のレイドではメインタンクで参加していることもあって、ミスが許されないプレッシャーはなかなかでした。
短時間の中、PTメンバーの負担軽減のためにタイムラインを素早く覚えて声出しをしていくこと、防御バフ回しを考えることは少し苦労しましたが、楽しかったです。

●攻略メンバー外のサポートメンバー方の役割、協力してもらった内容等を簡単にお願いします。
てっくてっくさん:
今回、サポートメンバーはクラフター面で協力してもらえるようにお願いしていました。
クラフターの装備を事前に集めておいてくれたり、パッチ前の装備集めや金策で人数が足りないときは協力してくれました。
実際にクラフターを担当してくれていたのは二人だったんですが、マイスター関連でとても大変だったようで、実際には二人の知り合いを含めて数多くの方に協力してもらいました。

デニさん:
ひまねこさん(Hima Neko)とふぃるさん(Fhil Bis)には特に感謝しています。
こちらが攻略している中、裏でお二人は新式装備や食事、強化仙薬を作製して下さったので。
またパッチ直前の律動編零式消化でも、お手伝いをして下さいました。
サポートメンバーがいなければ、早くクリアできてなかったと思います。
この場を借りて、感謝を申し上げます。

●今回、レイドのために各メンバーどれくらいの時間を確保出来ましたか?
てっくてっくさん:
学校が始まる時期だったため、全員がフルタイムで時間をとることはできませんでした。
メンバーの学校や仕事がある日は夕方頃~朝方までプレイしていました。
週末に仕事の休みを合わせて限界までプレイしようという計画だったのですが、その前に攻略が終わってしまいました。
充電期間...や多めに休みをとれていたメンバーは、空き時間に動画の見直しなどをしていましたね。

デニさん:
私は3.4の初週はある程度時間が確保できていました。
私も含め、数人リアルの都合上で昼の活動は基本ありませんでした。
みんなが揃い次第開始して、途中何度か休憩時間を取りつつ、終了はだいたい朝6時くらいでした。
攻略時間は休憩を除いてだいたい1日10時間前後だったと思います。
睡眠はちゃんと取っています。短時間睡眠だと逆にパフォーマンスが下がりますから。
今回は1週間以内で済んでよかったです。2週目に入るとあまり時間が取れなくなるので。
今後のレイドも願わくば、1週間程度で終わるような丁度いい難易度だといいですね…。
レイドレースは長期化すると、特に日本勢は時間が取れなくなっていくのがネックですから。

●これまでのレイドと比較してどうでしたか? また、次のレイドで欲しかった要素などがもしありましたらお願いします。

てっくてっくさん:
攻略した全ての人が感じていると思いますが、非常に簡単だったと思います。
一緒に攻略した人も、Twitterなどでの評判を聞いても今回のはちょうどよかったと聞くので、このくらいならレイドにみんなが触れやすくて良いのかなって思っています。
個人としては侵攻零式や起動4層みたいなコンテンツが好きなので、奇数パッチには最終層のボスをハードにして実装してくれると難しいコンテンツが好きって人も楽しめるのかなって思いますね。侵攻みたいに1~4まで作る必要はないと思います。
あとやっぱり奇数パッチでボスが待ち構えていると、装備を集めるモチベーションにもなりますから。

デニさん:
今回の天動編零式は起動編零式に比べてDPSチェックの難易度が低め、律動編零式に比べてギミックの難易度が低めで、全体的に難易度は低かったと思います。それゆえに、他の早期攻略PTとの進行度はほぼ変わらないので、先にクリアするためには、ミスが許されないプレッシャーはなかなかでした。今までのレイドと比べて、楽しかったのは間違いありません。
新しい戦闘BGMは素晴らしかったです。
クルーズチェイサー戦は作業用BGMにするほどです。あの繰り返す歌詞は好きですね。何度も口遊むほどです。
アレキサンダー・プライム戦は最後の闘いって感じで好きでした。
アレキサンダー戦はBGMだけでなく、攻撃がとても痛く、最初は熱線恐怖症になるほどでした。
でも今迄のアレキサンダーのレイド中ではメインタンクをやっていて一番やりがいがありました。
審判の結晶と時空潜行のギミックはよくできてると思いました。このギミックを解くのが一番時間かかったと思います。

●海外勢、特にWorld1st「FC“ANGERED”」チームに思うことがありましたらお願いします。
てっくてっくさん:
海外勢は僕が早期攻略をするようになってからいつも気にしていました。
いつも新しい発想に驚かされ、レイドギルドとしての組織力に圧倒されていました。
侵攻零式で僕らがW1stをとったあたりから海外の人も僕らを意識してくれるようになり、そこからはTwitterとかでも交流する良きライバル的な存在として攻略を楽しめました。
ANGEREDについては自分がゲームをやっていない時期にTAなどで記録を残していたチームみたいで、正直言うとあまり認識していなく、Elysiumとの勝負になるかな思っていました。
1層が終わったあたりからロドストなどでチェックしてたんですが、新式の揃いが半端なく早く、相当準備してきていたんだなと感じましたね。結果的にも海外勢には完敗でした。
ANGEREDの方々もファンフェスで遊ぼうと誘ってくれたり、Twitterを見るととても人の良さそうな仲良しチームなので、これからも機会があれば交流したいなと思いますし、海外勢にはこれからずっと強敵として存在してもらいたいと思っています。

デニさん:
海外勢はとにかくパワーがすごいと思います。特に、多くのギルドはメンバーの層が厚い。
"ANGERED"というレイドギルドはタイムアタックが流行していた真成編の時期に知りました。
EU勢のトップチームであり、起動編零式、律動編零式でも結構早い時期にクリアしていたということもあって今回も注目していました。
天動編零式ワールドファーストおめでとうございます!
実は数か月前に"ANGERED"さんに東京ファンフェスで会わないかと"Dysnomia"が誘われたんですが、
時間が空いてなかったので行けず…。今迄東京ファンフェス行ったことがないので、次は是非参加したいです。

●タイムアタックに関して、意識していること、普段の攻略との大きな違い等ありましたらお願いします。

てっくてっくさん:
タイムアタックはただクリアするだけではなく、限界に無駄を省かないといけないので、通常の攻略とは大幅に変わってきます。
ヒールワークに関しても、通常の攻略だと突然の被弾やまだ不明なギミックなどのために余裕をもってヒールしていきますが、タイムアタックだとヒーラーのスキル回しはほぼ固定されていて、決めたヒールと攻撃のタイミングを丁寧になぞっていきます。
攻略時はギミック重視で回避などは余裕をもって行いますが、タイムアタックだと限界ぎりぎりを全員で攻めて無駄のないように攻撃します。そのため全滅する回数は半端なく増えます。
あとは占星がいるので、かならずアーゼマ範囲引いてからまたアーゼマを引くまで待機するので、そこが一番タイムアタックで大変だったかもしれません。(笑)

デニさん:
タイムアタックで違う点は、やはりタンクとヒーラーが普段と違って、DPSをより出さないといけないので、ヒールワーク、防御バフ回し、スイッチの追加等、タンクとヒーラーの連携がより大事になると思っています。
私自身のタンクとしての考えですが、タイムアタックは個人戦ではなく団体戦なので、自分の単体DPSは下がっても、PTDPSが上がってタイムが縮むならば、私はそれのほうがいいと思っています。
例えば、私が永続防御バフを外して攻撃するよりも、永続防御バフを入れて、ヒーラーが攻撃したほうがPTDPS上がる所も結構ありますしね。
たとえタンクのDPSが一瞬下がっても、PTDPSが上がる手法があれば、私は断りませんし、むしろ進んでやります。
あとは最適なギミック処理方法を考えることでしょうか。
例えば、タイムゲートを3人で処理する方法はあいすさんが提案したんですが、この方法のおかげで大幅にタイムが縮みました。こういう閃きは尊敬します。

デニさんの個人のブログ記事『天動零式4層のTAを終えて』にて、より詳細にタイムアタックに関して書かれておられますので、タイムアタックに取り組んでみようと考えておられる方は必見です。


●パッチ実装前の暇な時期を他ゲームとか仕事などに費やす方は多いと思うのですが、お二方は何をしたりして過ごしていたりしますか?

てっくてっくさん:
自分はリアル、スマフォでできるゲームをやってます~。ちなみにシャドウバース...!
FF14はパッチ3.5がきたら時間の合間でやろうと思ってます。

デニさん:
リアルの方が忙しくなってきていたので、FF14のほうは天動編8週終了後しばらく休止してましたね。

●ちなみに実装されるパッチ3.5は何から消化していきますか?
デニさん:
3.5の時期は忙しいのもあってガッツリやれなさそうなので、一人でのんびりできるメインストーリーからですね。
やはり、パッチ4.0に向けてどういうストーリーが展開されていくのか気になっています。

てっくてっくさん:
自分も3.5は時間とれないので、メインストーリーからやる予定です。
人がいそうならフィーストもやってみたいですね!

●パッチ4.0からのレイドの攻略予定とかはあったりするのでしょうか?
てっくてっくさん:
4.0も時期的にガツガツやるということはできないので、やるとしてもレイドファインダーとか時間に縛られない形で進めると思います。ただ、3.4を一緒にやった人で4.0やる気マンマンの人もいたので、何人かはやるかもしれないですね!

デニさん:
4.0のリリースは6月末ですよね。
3.0と同じように零式解禁が1か月後になりそうでしたら、7月末あたりになると思いますが、そこらへんの予定はまだ未定ですね…。

●これからff14でしたいことなど、実装されてほしいことなどあればお願いします。
てっくてっくさん:
自分は元々FF14のPvPをやりたくて始めたので、PvPに色々調整が入って盛り上がってくれることを期待しています!

デニさん:
自分はFF14のレイドが面白くて続けているので、難易度やギミック等の調整が難しいと思いますが、面白いレイドをこれからも期待しています!


●今後の予定などはありますか?
てっくてっくさん:
自分は4.0も時期的にガツガツやるということはできないので、やるとしてもレイドファインダーとか時間に縛られない形で進めると思います。
ただ、3.4を一緒にやった人で4.0やる気マンマンの人もいたので、何人かはやるかもしれないですね!

デニさん:
今年からリアルが大事な時期に入っていることもあって、今迄に比べてFF14のプレイ時間が大幅に減るため、タイムアタックやゾディアックウェポン、アニマウェポンのようなプレイ時間が大量に必要なコンテンツはもうできないと思います。
今後のレイドも早期攻略に参加できるかどうか予定が未定です。
ただ、パッチ直後の新しいコンテンツをやるのはワクワクするし、メインストーリーは内容が面白く気になりますし、レイドの早期攻略は紆余曲折を経て苦労の末にやっと踏破した時の達成感が何よりもかけがえのない体験ですので、これからもパッチ直後は可能なら時間を確保して新しいコンテンツを楽しんでいきたいですね。
あと鳳凰が欲しいので、4.0までは時間の合間の鳥集めのために、3.xシリーズの極蛮神をやっていくと思います。
今ビス、ラヴァ、ニーズ鳥を持っているので、残りはナイツ、セフィ、ソフィ、ズルワーンですかね…。


FC-Dysnomia03-min.jpg
●最後にこれを読んでいる方々に何か伝えたいことありましたらお願いします!
てっくてっくさん:
僕たちの固定は解散してしまったので、W1stを狙う!という固定が日本から登場していってほしいなと思いますし、僕は日本のゲームは日本のチームに一番をとってほしいという気持ちがあるので、頑張ってほしいなと思います!
レイドレースに参加する予定がない人も、レイドレースを外からみるのも結構面白いと思うので、応援したいチームがいたら応援して盛り上げてもらえればなと思います。

デニさん:
この場を借りて、今迄ゲーム内外で私と交流して下さった方々に感謝いたします。
4.xも今後FF14をプレイしていくつもりですので、どうぞよろしくお願い致します!

あとがき インタビューをさせて頂いた私個人の感想

てっくてっくさん、デニさん、貴重な時間を割いて頂き、本当にありがとうございました!
SSで僕も一緒に撮りましたが、思いっきり見切れていたり、後ろ向いてたりしました。ふふっ。

私自身も時間は掛かりましたが天動編零式を踏破しているので、今回のインタビュー内容に対する返答が凄く興味深いものでした。
特に日本のゲーム攻略事情(主に仕事や学業における多忙さ)や、タイムアタックの攻略内容に関しては思うところが多く、本来の"攻略の難しさ"とはまた違うところにある"難しさ"をそれぞれ強く感じました。
気軽に休みを取れるような社会なら、また違った結果だったんだろうなぁ…とどうしても考えたりしますね。

あとは何より攻略時におけるサポートメンバーの偉大さをひしひしと感じました。
こういう皆で支える形って日本の攻略チームではまだまだ少ない気がするので、もっとこういう活動が増えればイイなぁと思いました。

さて、明日はパッチ3.5実装日ですが、お二方もパッチ3.5はメインストーリーからまったり進めるということでしたので、僕もマッタリ進めるとします~!



補足:World1stチームとして話があがった海外【Angered】のクリアメンバーのインタビュー記事の翻訳されておられるブログ様がいらっしゃいましたのでここで紹介させて頂きます。
FF14 アレキ天動編零式ワールドファーストチーム海外インタビュー【翻訳】
こちらの海外インタビューでも、素晴らしいことが書かれております。
攻略チームは本当に皆、攻略に対する意識が違う…!
関連記事

コメント

No title
SSはちょっとわらってしまったw

コメントの投稿

非公開コメント