蒼天のイシュガルド公式攻略本[パッチ3~3.15]のレポート

3.1攻略本
書籍概要の記事は『パッチ3.0~3.15までを全てまとめた攻略本が出るらしいゾ!』にまとめております。

今回の記事はその2016/1/28発売の【蒼天のイシュガルド公式攻略本】を読後レポート記事です。
この本はパッチ3.0からのものが主のためパッチ2.x『新生エオルゼア』のコンテンツはほぼ掲載しておりません。
また2016年1月7日までの情報となるため、2月23日実装予定『パッチ3.2』で変更になる部分が多くなることを予想されており、2月23日以降に購入される方は食い違う情報があることを予め考慮し購入されることを薦めます。

だらーっと書き連ねるのは苦手ですので、PLLまとめ同様に出来るだけ簡潔にいきます。
主に各ジョブ特性・コンテンツ攻略について深く掘り下げて書きたいと思います。

各ジョブ特性・スキル回しの情報について

まずは各ジョブ50レベル以降のジョブクエストの説明が簡単に入ります。
そこから、各ジョブスキルの特性(ゲーム上にある威力やスキル効果、キャスト等)説明とそれぞれのスキルにあたりさわりのない一言コメントがあり、パッド操作する際のおすすめホットバースキル配置参考画像がありました。
そのホットバー位置も『Procのあるスキルは観やすいように配置する!』などコメントがあり、実用性に富んだ内容となっておりました。

そこからスキル回しの説明。
これは想像以上によく書かれておりました。
2015年6月頃に発売された『蒼天のイシュガルド・公式スターティングガイドブック』では内容は薄く、「えっ?」と思うような素っ頓狂なことが書かれていたのを今でも覚えていて、今回もあまり期待していなかったのですが良い出来です。

具体的には戦士なら『バーサク中、フェルクリ3連+フラクチャー入り』が書かれている、と言えば同業のゴージ達なら心当たりがあると思います。竜騎士なら初動の『発頸+リタニー+捨身+竜血効果時間中に、GCD間に全てのジャンプを1回ずつだけ入れ、ゲイルは期間中に1回だけ入れる』回し方。ヒーラーはクルセを使うタイミングについての説明や、出来るだけ火力に貢献する!とヒラ3ジョブ全てに書いており、DPSに重きをおいたエンドコンテンツであるアレキサンダー:零式を考慮した内容となっております。
ですので、『エンドコンテンツにこれから挑戦してみようかなぁって思う中級者~サブジョブでも零式挑んでみようかなぁと思っている人向け』の内容となっております。
初心者の方がいきなり読んでもちょっとわかりにくいかとは思いますが、攻略を目指すうえでは参考にはなる一冊だと思います。

ただ、初動のスキル回し、維持するスキル(竜血や疾風迅雷)の大切さは書いてありますが、応用に関してはあまり記載はなく、『この書いてあるスキル回しのあとが知りたいのだけども』となるやも知れません。ほとんどの場合、スキルはリキャストが返ってくる順番に使えばいいのですが、それもコンテンツによって微妙に違うのでそこは各自の判断に託された感じですね。

あくまで『web上で少し調べたら出てくるデータ』が主です。浅めです。
『公式からこそ出せるこのデータ!』というのはほぼなかったように思えました。
それはこのジョブスキル回し以外の記載に関しても同じです。


蒼天のイシュガルド・コンテンツの攻略情報について

こちらは真ラヴァから極ナイツまでの蛮神、ヴォイドアーク、アレキノーマル1~4からアレキサンダー:零式1~4層の攻略、つまり3.0~3.15にある追加コンテンツの攻略情報を全て網羅しております。
各モンスターの使ってくるスキル説明も書いてありました。ただ『このスキルは物理属性』とか『このスキルは魔法属性』とかの記載はなかったですね。そのあたりまで書いててほしかったなぁと。
スキル名明記やフェーズの流れ説明、簡単なタイムラインはあるので、PT募集なんかにある『○○後~募集』みたいなのもこれを見たらわかるかもですね。

意外なところでは極ナイツの『UE後も含めた安置法攻略』が掲載されております。
※安置場所の模様も画像つきで注意書きあり
個人的にはUE後安置は逆にシビアなので、通常によけるほうがやりやすいと思ってたので意外でした。

そしてアレキサンダー零式。
都会サーバーに住む方達ならわかるかもしれませんが、2016月1月現在、野良募集で主流となっている攻略方法が掲載されております。3層もフェーズごとにしっかり書かれていて、ゆびさき担当ジョブまで書いてあります。
ただ零式4層での主流、ナイサイ無視法は一切書いておらず、ナイサイ持ち越し法(正攻法)が書いてありました。極ナイツは安置法で攻略しているのに。まじか。でも同期ズレ?を活かしたグレーゾーンに近い攻略なので公式的には確かに載せれないかもですね。
コンテンツ攻略に関してはこんな感じでした。

スキル回しのところでも説明しましたが、webで調べた情報を公式がなぞっているのかな?と思うくらいの内容で、独自のデータ解説やダメージ計算式、敵スキル属性などはなく、こちらも比較的浅めの内容となっております。

ギャザクラ、MAPやサブクエスト等、その他情報に関して

ギャザクラに関しては基本のことを少しだけ。あっさりした内容。
もうちょっとマクロとかあればなぁとか。マイスター関係ももうちょっと触れてほしかったなぁと思ったり。

MAP情報は詳細に書かれてあり、モンスター位置情報、クエスト情報・ギャザラーの素材情報もあったりでとても親切。
忘れがちなサブクエスト(郵便クエストとか)も一覧で紹介されてあったりします。
暇ができたとき、手元にあれば楽になるというくらいには便利です。
ロードオブヴァーミニオンのミニオンデータもしっかり載っていましたがゲーム上にあるデータだったりしましたね。

総評

個人的には『買って損はない一冊』でした。
でも、やっぱり『公式攻略本だから出せたデータ!』みたいなのが読みたかったですね。
AAの間隔とか各スキルのダメージ計算式とか、そういう感じの。

先日のPLL記事『忙しい人のための第27回PLLまとめ ※タンクに大幅な調整あり』で最後のほうにまとめましたが、2016年10月までに発売される予定の「世界設定本」や2016年3月31日発売予定の『ギャラクラ・ゴルソサ特化本』のほうが読み応えありそうです。


以上、レポでした。
関連記事

コメント

No title
いつもありがとうやで
> いつもありがとうやで

こちらこそ!いつもみてくれてありがとうです!

コメントの投稿

非公開コメント