パッチ2.45で実装される忍者の調整内容について、他

12/4日 24時頃
公式フォーラム
スレッド: 忍者の弱体は本当に必要か?
携帯/スマフォの方は
スレッド: 忍者の弱体は本当に必要か? スマホ版
スレッドにて吉田Pが実際の忍者の調整内容についてポストしました。
以下引用です。
パッチ2.45における忍者の調整について
プロデューサー兼ディレクターの吉田です。
忍者の調整について、多数のフィードバックとディスカッションありがとうございます。

先日の第18回プロデューサーレターライブでもお伝えしたとおり、
パッチ2.45における忍者の調整方針は以下の通りです。

・一部アクションのTP調整
・数%のDPS調整


この調整の根幹は「忍者を単体で弱体するという意図で行われるわけではなく」
「忍者のコンテンツ相性」と「モンク/竜騎士という近接ジョブとのバランス」が理由となります。
この点について、まずはご理解のほど、よろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
■一部アクションのTP調整について■

まず、TPの調整を行う理由についてご説明します。
各コンテンツに忍者が参加する場合において、忍術を使用するために、
ウェポンスキルを実行する回数がモンク/竜騎士に比べて少なくなります。

同じ時間分、攻撃し続ける場合のTP消費量が、モンク/竜騎士よりも少なく、
結果として「忍者のTPに余裕が出すぎていた」部分を調整させていただきます。

長時間TPが枯渇しづらいということは、「TPを考慮して使用するアクションを選択し、
TPの消費を抑える必要がある場面」がモンク/竜騎士よりも少なくなり、
単体攻撃・範囲攻撃の両場面において優位性が高くなってしまっていた
ことから、
以下のアクションのみ、TP消費量を調整させていただきます。

・旋風刃(TPコスト50 → 60)
・影牙 (TPコスト60 → 70)


-----------------------------------------------------------------------------------------
■数%のDPS調整■

次にDPSの調整を行う理由についてご説明します。
忍者は「忍術」という、これまでと異なる複雑なシステムを持つことを考慮して、
ウェポンスキルに対する方向指定を無くすというジョブデザインを行いました。
しかし結果として「忍術を使う際には他のアクションを挟むことができないというデメリット」よりも、
「ウェポンスキルに方向指定が無いというメリット」の方が大きくなってしまっていると考えています。

モンクは疾風迅雷を維持する必要があり、
竜騎士は必要に応じてモンスターの側面/背面を取ることが要求されるのに対し、
印を結ぶために神経を使うことを要求する忍者には方向指定がない、

というそれぞれのベースジョブデザインや難易度は崩さずに、
総DPSを数%落とすことで、近接3ジョブのバランスを取るのが今回の調整意図になります。

これらを踏まえ、皆さんが現在お使いのスキルローテーションを崩すような調整や、
ウェポンスキルに方向指定を加えて、さらに複雑なジョブへと調整するよりも、
以下のアクションを修正し、バランスを取る方針といたしました。

・蜂毒 (与ダメージアップ→ 与物理ダメージアップ)
・蛇毒 (与ダメージアップ→ 与物理ダメージアップ)


-----------------------------------------------------------------------------------------
■調整内容のまとめ■

・忍術という複雑なシステムを持つため、方向指定がなく自由に動き回れるというコンセプト
・現在主流となっているローテーションを維持し、使用感覚の変化ができる限り少なく済む

という2点を維持しつつ、ほかの近接ジョブとのバランスを取るというのが意図となります。

忍者実装時にバランスを取り切れておらず、ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
以上がポスト内容となります。
このポスト後、更に再炎上した該当スレッドですが、忍者よりも他DPSからも疑問の声が多く上がってるのが印象的でした。個人的に気になった部分が
長時間TPが枯渇しづらいということは、「TPを考慮して使用するアクションを選択し、TPの消費を抑える必要がある場面」がモンク/竜騎士よりも少なくなり、
単体攻撃・範囲攻撃の両場面において優位性が高くなってしまっていたのでTP消費量を調整させていただきます。
この『TP消費を考慮してアクションを選択する場面』というのは、モンクや竜騎士、当の忍者ですら『ない』と思います。『ここで2段突き入れないとDPS落ちるけどTP消費きついから抑えよう』とはならないです。
その場面でキツイことを覚えておいて、詩人や忍者に『パイオン』や、『叱咤』要求し、『気合』をするタイミングを考慮したりすると思います。
いちいちそんなこと考えていたらDPS伸びないですよね。

といった感じに開発運営が言っていることは良くわからなかったのですが、実際の調整内容はこんなもんじゃないかと思いました。

それよりも問題は『竜騎士の強化内容』について、です。
忍者調整までの過程をみると、パッチ2.4のような斜め上の調整内容になりそうで…。
ともかく続報待ち。
ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア通信 Vol.2
発売!
eotuusin2.jpg 
もちろん買いました!(1500円なり)

内容をざらっとご紹介!
・双剣士/忍者の立ち回り
・極シヴァ討滅戦攻略
・新規インスタンスダンジョン(2.4実装のエキスパルーレット対象の3ダンジョン)攻略
・大迷宮バハムート:真成編第一層 攻略
・大迷宮バハムート:邂逅編~侵攻編(緩和後)の攻略
・現状の難度にあわせたレイドダンジョンの進めかた
・各ジョブ覚えておくと得するチョイ技情報
・クラフター&ギャザラー最新事情
・PvP「フロントライン」研究
・アイテムレベル45からの装備強化術
・ミニオン百科辞典
・Q&Aコーナー

などなど、ほんと盛りだくさん!
僕、こんなブログやってるもんで結構色んな情報アンテナ伸ばしてますけど、まだ知らないこと載ってたりするあたりが凄い。
パッチ2.4後、最新の分厚い攻略本ならこの本!ってかんじです。

ではでは、今回はこのあたりで~〆
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント