竜騎士検証-桜華狂咲について

2016/2/4 更新
この日記はご覧のとおり、2013年7月のデータとなってます。
記事は当時の仕様を振り返るためにも残しているので
「桜華狂咲」でぐぐってこられる方は気をつけてね!


第一回 竜騎士検証【桜華狂咲について】
ちょっと気になったので平日の空き時間2日を使って検証してみた。

【公式の桜華狂咲スキル説明】
対象に物理攻撃。 威力:100
コンボ条件:ディセムボウル コンボ時威力:160
コンボボーナス:対象に継続ダメージを付与する
威力:20 効果時間:30秒


この赤くした文字部分が今回の本題。
継続ダメージ威力が20とありますが、このダメージは何に依存する威力なのか?
普通に考えたら攻撃力なんだろうけど、確信がなかったので今回検証してみました。


対象モンスターはこちら。
ffxiv_20130711_234551.jpg
魔導ヴァンガードLv48ちゃん
とりあえずステータス紹介とかいるかなって思ったけど、いらない気がします。
そんな検証結果データ内容です。



検証1:竜騎士AF+
ガルーダピーク装備(物理基本性能41)

コンボ桜花狂咲による継続ダメージのみの数値
19-20-21-20-20-21-22-21-19-19-20-21-19-21-21-19-21-19-19-19
検証20回。ダメージは19-21の狭い範囲。



検証2:竜騎士AF+
ハルバード(物理基本性能15)装備

コンボ桜花狂咲による継続ダメージのみの数値
14-14-12-14-14-12-14-14-12-15-14-12-12-12-14-14-12-13-14-14
検証20回。ダメージは12-15の狭い範囲。



検証3:竜騎士AF+
ガルーダピーク装備(物理基本性能41)+
スキル使用>猛者の撃+捨身

コンボ桜花狂咲による継続ダメージのみの数値
22-20-21-32-20-21-22-21-20-20-20-21-33-22-21-22-22-20-33-31
検証20回。ダメージは20-33の大きい範囲。



結論:
完全に攻撃力依存でしたー!

難しく考えることなかったね(*'-')b
ただ、面白いのが攻撃力が一定のライン超えたら10ほど一気にダメージが跳ね上がったところですね。
継続ダメージ20っていうのは、ダメージ計算が低い分、ぶれ幅が出ないと予想。
その分、攻撃力が一定のライン超えると、そのぶれ幅を一気に超えてくる感じ? です!
指摘頂いたので訂正!!
DOTクリティカルを頭に入れてませんでした!!
10ほど跳ね上がったのがクリティカルだった模様。

なるほどなー!


ちなみに「最大HP依存では?」と思って、いろんな敵で試しましたが、結果は同じでした。


ついでに、もうひとつの威力20継続ダメージスキル、戦士の「フラクチャー」
とダメージ計算かぶって、消える?とかちょっと疑ってみたけど、かぶりませんでした。
普通に重複します。



つまり前に作った継続ダメージコンボ、めちゃ強いことが検証できたです(*'-')b



そんな訳で【竜騎士検証-桜華狂咲について】でした。
また検証したい物あったら検証して記事にします。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント