昔のオートアタック、今のオートアタック。

ojiisan02_angry.png光の古参
「昔のオートアタックはのぅ、敵の方向へキャラクターの身体を向けてないと発動しなかったのじゃ。」

face_smile_man3.png光の新参
「どういうこと? ターゲットした敵に近寄っていれば自動的に殴り続けてくれるもんじゃないの? というか、いきなりどうしたの」

ojiisan02_angry.png光の古参
「そんな簡単なことじゃなかったのじゃ。
オートアタックを意識してる人としない人では、その火力に天と地ほどの差があったのじゃ。
そのために皆は苦労してオートアタックを入れるためにキャラクターを敵の方向へ向けるように一生懸命努力したもんじゃ。
フェイスターゲットマクロ連打や、ギミック避けづらいのを承知で常時ターゲットロックオン状態で敵と戦ったりな…。
それを今の若者は適当に敵に近寄っていれば入るからって敵の周りを無駄に右往左往したりぴょんぴょんしたり…非常にけしからん!」



face_smile_man3.png光の新参
「へーそうなんだー。(あ、いつもの武勇伝だ)」

ojiisan02_angry.png光の古参
「そもそも、それをプレイヤースキルとワシ達は認識していたからあのオートアタック調整にはそれはもうびっくりしたのじゃ。最初はワシのように声をあげて物申す輩もいたが、今じゃもういなくなってしもうた。 あの頃は公式にスレを立てた有志に全力で賛同したんじゃがのう。駄目じゃった。
ちなみにこのスレッドじゃ(
パッチ3.4以降におけるオートアタック調整予定について)。
もうあの3.4パッチから2年の月日が流れようとしているのか。時は残酷じゃ。こうして我々の苦労は忘れられていくんじゃろうな。伝えていかねばならん。後世に。今のオートアタックのありがたみをのう…。」

face_smile_man3.png光の新参
「そうだねー。(無言で近くの木人を殴り、スキル回しを確認しながら)」

ojiisan02_angry.png光の古参
「この前もコンテンツに行って驚いたわい。
視線ギミックを避けながらオートアタック出来るとかもうなんじゃあれ。どういった理屈で攻撃できているのじゃ! 裏拳とか肘とか武器の持ち手とかで攻撃しとるのか!竜騎士のジャンプ後の硬直もめちゃくちゃ短くなっとるし、あの硬直タイミングを図るのもプレイヤースキルじゃったんじゃ!物申す!わしは物申すぞ!! スク●ニ本社へ突貫じゃ!


face_smile_man4.png光の新参
「いってらっしゃ~い。」

昔のオートアタック、今のオートアタック。

まぁ、そんなわけでして。
昔の近接は今の近接よりはなかなか苦労したんですよね。
その分、DPSチェック緩かったような記憶がありますけど、零式レベルだとこのあたりのフェイスターゲットやターゲット固定のテクニックは必須でしたし。
このあたりのテクニックをまとめた本を出すくらいです。

▼ちなみにこんな感じの本です。
b5L_ryuukisi_1-4_do.jpg B5L_ryuukisi_11_do.jpg B5L_ryuukisi_12_do.jpg B5L_ryuukisi_13_do.jpg 
あえて画質悪くしてます。
これ、改めて見るとほんとよく出来た本だなぁ(自画自賛)
もし要望あればPDFでどこかにまとめてあげます。

ちょうどこれを出した直後にオートアタック大幅調整きて、
この本のオートアタック部分における価値が一瞬にしてなくなったんですけどね…w
しかもレベルキャップが70になって大幅にスキル減ったので、記載している古のスキル回しも通用しなくなりました…。
今の竜騎士は紅蓮竜騎士であって古の竜騎士ではないのだ…。



これは調整後にツイッターにGIF動画あげたとき。
今では当たり前のこの光景も、ほんと革命だったなぁ。
調整前はターゲットに背面向けると「オートアタックの範囲外です」みたいなのが出て、当たらないのが普通でしたしね。
DPSの話題には必ずストライフ移動がどうの、レガシー移動がどうの、っていうのが日常的にあがってました。
今じゃなんじゃそれって感じですしね。



とまぁ…、これだけ昔のオートアタック話を上げといてなんですけど、
FTマクロ連打時代に戻りたいかって言われたら絶対嫌ですね…。
腱鞘炎なるもん。マウス劣化早くなるもん。ないわー。
てことで、昔のことなんか気にせず、今を頑張って生きていこうな。

関連記事

新式装備を新式RE装備に強化する方法。

Twitterで呟いた反響▼が意外と大きかったので記事でキレイにまとめておきます。

新式装備を新式装備REに強化する方法

パッチ4.3ノートにはこう記してあります。
パッチ4.2で実装されたクラフターが製作できるアイテムレベル350の装備アイテムを、さらに強化できる新たなショップが追加されます。
ラールガーズリーチ (X:9.6 Y:11.6) にいるNPC“ジャ・タンダー”にクラフターが製作できるアイテムレベル350の装備アイテムを渡すことで、そのアイテムに応じた個数の「解放軍の手形」が入手できます。「解放軍の手形」と、あるアイテムを渡すと、任意のアイテムレベル360の装備アイテムと交換できます。
この、とあるアイテムというのが「サベネアの強霊薬」。
パッチノートだと伏せられている部分が多いので、簡単に要約すると以下のような流れとなります。
<パッチ4.3現在>
①ラールガーズリーチ(X:13.9, Y:11.6 MAPの東方面)の万物トークンが交換できるNPC「エンナ」から[サベネアの強霊薬」を交換(1個/万物100)。

②ラールガーズリーチ(X:9.6 Y:11.6 MAPの西方面)のNPC「ジャ・タンダー」にてクラフター製のIL350新式装備を納品して「解放軍の手形」を交換。

③ラールガーズリーチ(X:9.6 Y:11.6)のNPC「ジャ・タンダー」にて「サベネアの強霊薬」と「解放軍の手形」の2つを合わせて、IL360新式RE装備を交換。
今後のアップデートでも同じような新式強化のシステムはくると思いますが、だいたい同じような手順になりそうですね。新式防具はもちろんのこと、新式武器も同じように強化できるので一気に装備を揃える難易度が下がったように感じます。

今までも復帰するときのためにギルさえあれば新式でどうにかなったのですが、新式強化システム実装によって復帰勢がより戻りやすくなったと言えるでしょう。パッチ4.35の今でも新式強化さえあれば最新の零式最終層まで新式強化装備で十分ですしね。

新式RE装備(IL360)強化時に気をつけたい点

新式REアクセ01
禁断ができない(マテリア穴はあるのでアクセだとメインステ(vit等)のマテリアは刺せる)
・交換すると当然だがIL350新式装備作成者の銘が消える。
・現行パッチの戦闘用新式(IL350)装備しか「解放軍の手形」に交換できない。(IL320新式やクラフター新式などは交換不可)。
・【解放軍の手形との交換(NQ)】からHQ品のIL350新式を納品してもNQの数だけしか手形をもらえない。
・IL360新式RE交換時は必ず【解放軍の手形の取引(HQ)】を選ぶように。選ぶ必要がもないだろうNQ品もあるので交換時は注意したい。

新式RE(IL360)装備の交換レート(HQのみ)

装備(HQのみ)解放軍の手形 交換必要数サベネアの強霊薬
交換必要数
武器
HQ277(万物700)
武器(剣)
HQ154(万物400)
武器(盾)
HQ123(万物300)
HQ15
※タンク装備のみ18
3(万物300)
HQ24
※タンク、モンク侍装備のみ27
どうみても交換レートおかしいと思って
調べたら仕様らしい。解せぬ。
公式フォーラムスレッド:
解放軍の手形で交換する一部装備品の交換レートが間違っている
5(万物500)
HQ153(万物300)
HQ122(万物200)
HQ245(万物500)
HQ153(万物300)
アクセサリー
HQ9 ×5部位=452 ×5部位(万物1000)
合計HQ177枚 タンク(183枚) モンク・侍(180枚)38(万物3800)
1ジョブあたりの合計数でみると結構大変だ…。
今2ジョブ目揃えてるんですけど全然万物足りねぇよぉ…。
関連記事