カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

「プロデューサーレターLIVEまとめ 」カテゴリ記事一覧

忙しい人のための第36回PLL(2017/5/23放送)まとめ。

今回のPLLは『紅蓮のリベレーター』の新情報、主にバトルシステムについての変更でした。
とても大きな変更がいくつもあったので、重要箇所のみを抜粋し、簡潔にまとめました。
【開発・調整中なので変更になる場合があります。】

パッチ4.0バトルシステム変更について

■現状の課題
・複雑化してしまったバトルシステム
・ホットバーに入りきらない数のジョブアクション。70になった場合、アクションが増えすぎてわからなくなってしまう。
・バフアイコンを凝視するバトルになってしまっている。
・コアプレイヤーVSカジュアルプレイヤーのDPS格差がでてしまっている。
・ジョブ間のシナジー。
これらを全て変更する。

■アディショナルスキル
アディショナルシステムを廃止。
・新しくロールアクションシステムの実装。
・ロールはタンク、ヒーラー、近接DPS、遠隔DPS、キャスター。
・ロールアクションはアディショナルから名前が変わったり統合してたり。
・他のクラスのレベル上げをする必要がなくなる。
・なので使えなくなるスキル、削除されたスキルが大量に出て来る。
吉田P「パッチ4.0で一番最初にやることはホットバーの設定からかな」とのこと。


ロールアクションについて

※一部判明しているものはわかる範囲で記載。
■タンクロール共通アクション
・ランパート
・ロウブロウ…対象をスタンさせる。効果時間5秒、リキャスト25秒
・挑発
・コンバレセンス
・見切り
・リプライザル…対象の与ダメージを10%ダウンさせる。効果時間5秒、リキャスト60秒
・アウェアネス
・インタージェクト
・アルティメイタム…範囲挑発。リキャスト90秒、距離5m
・シャーク


■近接DPS共通ロールアクション
・内丹
・アームズレングス
・レッグスウィーブ
・ディヴァージョン…ヘイト上昇抑える。効果時間15秒、リキャスト120秒(静者の撃と同効果)
・気合
・ブラッドバス
・叱咤
・牽制
・クラッチ
・トゥルーノース…方向指定アクションをどの方向からでも成功させる。効果時間15秒、リキャスト150秒


■遠隔魔法DPS共通ロールアクション
・アドル…対象のINT/MNDダウン(ウィルスみたいな)
・ブレイク…
・ドレイン
・ディヴァージョン…ヘイト上昇抑える。効果時間15秒、リキャスト120秒(静者の撃と同効果)
・ルーシッドドリーム
・迅速魔
・マナシフト…自身の最大MPの20%を対象のPTメンバーに与える。
・アポカタスタシス…対象の被魔法ダメージ20%軽減(自身にはかけれない)
・堅実魔…10秒間、次の1回の魔法詠唱を妨害されない。効果時間中は睡眠、スタン、ノックバック、引き寄せを無効化。
・イレース…対象の継続ダメージ解除(自身にはかけれない)


■遠隔DPS共通ロールアクション
・内丹
・フットグレイズ
・レッググレイズ
・プロトン…自分含むPTメンバー移動速度アップ(今のスウィフトソングみたいな)効果時間30秒、リキャスト5秒、範囲20m
・気合
・タクティシャン
・リフレッシュ
・ヘッドグレイズ
・アームグレイズ…対象をスタンさせる。効果時間2秒、リキャスト25秒
・バリセード…PTメンバー1人に対して被物理ダメージ20%軽減(自身にはかけれない)
※「猛者の撃」削除


■ヒーラー共通ロールアクション
・クルセードスタンス…一定時間与ダメージ上昇。
・ブレイク
・プロテス
・エスナ
・ルーシッドドリーム
・迅速魔
・アイ・フォー・アイ
・慈愛
・堅実魔…10秒間、次の1回の魔法詠唱を妨害されない。効果時間中は睡眠、スタン、ノックバック、引き寄せを無効化。
・救出…使った人のところにPTメンバーを引き寄せる。リキャスト150秒、距離30m
※ ヒーラーの攻撃力はINTからMNDに変わる。今で言うと常時クルセ状態。4.0からのクルセードスタンスはバフ扱い。

ジョブ間のシナジー(味方を強化することができるスキル)について

・各ロールのシナジーバランスをリセットした。
・近接DPSは全てバランスを取り直し。
・全体の調整なので強すぎたシナジーも抑えられている。
・好きなジョブをシナジーを気にせず遊べるように調整。

ジョブ専用HUD

・ジョブごとに専用のHUDを実装。
・スタンスの切り替えを視覚的に補強。
各ジョブの専用HUD付き動画あり。
■ナイトの調整
・ナイトはシステムが変更され、シールドのブロックが"魔法"に対しても発動。
・新アクションとして範囲攻撃や、シングルホーリーが入る。
・自分の背後にいるパーティメンバーの被ダメージを軽減しつつ、ブロックが100%を発動する新アクション「パッセージ・オブ・アームズ」が追加。巨大な翼を広げたようなエフェクトは非常に派手だが、発動中は動くことができない。
パッセージ・オブ・アームズ
自身の後方扇範囲に被ダメ0時を軽減するシールドを生成する。
効果時間中、自身のブロック発動率が100%になり、さらに範囲内にいるPTメンバーの被ダメージを15%軽減する
効果時間18秒、リキャスト120秒、範囲8m
効果時間中にアクションの実行や移動を行うと即座に解除される
実行時にオートアタックを停止する

トータルエクリプス
自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。威力110。

レクイエスカット
対象に物理攻撃、自身の残りMPが高いほど威力アップ。
威力350
追加効果:自身が最大MPの80%分を持っていた場合、攻撃魔法による与ダメと回復魔法の回復量が20%上昇
効果時間12秒

ホーリースピリッツ
単体魔法攻撃。威力430。


■暗黒騎士の調整
・「ブラックブラッド」という特性を覚えると「ブラッドゲージ」が出現。
・「ブラッドゲージ」はウェポンスキルを使うと貯まっていき、消費して各種の技を使う。


■戦士の調整
・「ラース」がなくなり、代わりにアクションを使うと「インナービースト」というものが貯まる。
・「インナービースト」を消費して新アクションを使う。
※戦士固有ジョブスキルからスタン技がなくなる。
メイム
斬属性低下デバフの付与を確認

フェルクリーヴ
威力500、発動条件:インナービースト50、デストロイヤー効果中

ウォークライ
インナービーストを50上昇させる

原初の解放
一定時間、インナービーストの消費量を半減する
効果時間中、自身はスタンや睡眠、バインド、ヘヴィ、ノックバックの効果を受け付けない
効果時間中にデストロイヤーが解除されると、自身に付与されている「原初の解放」は即座に消える
リキャスト120秒、タイマーを「アンチェインド」と共有する
発動条件:インナービースト20
効果時間20秒


■赤魔道士の戦闘スタイル
・赤魔道士は特性で連続魔を覚える。これはキャストタイムがある魔法を使うことで、次に使う魔法がキャスト0で使える特性。
・ブラックマナとホワイトマナが存在し、どちらのゲージが存在。DPSを出すためには双方均等に使うことが鍵。
・短いキャストタイムの魔法を使った後に、長いキャストタイムの魔法を使うと良い。
アクセラレーション
効果発動時に実行するヴァルサンダーまたはヴァルエアロについてそれぞれの追加効果が必ず発生する
効果時間10秒、リキャスト35秒

インパクト
対象に無属性魔攻撃
威力270
ブラックとホワイトマナが4上昇

ジョルラ
攻撃魔法。
ブラックとホワイトマナが3上昇

ヴァルサンダー
対象に雷属性魔法攻撃
威力300ブラックマナ11上昇
50%の確率でヴァルファイア効果アップを付与

ヴァルファイア
対象に火属性魔法攻撃
威力270
ブラックマナを9上昇
発動条件:「ヴァルファイア効果」アップ効果中

ヴァルエアロ
対象に風属性攻撃
威力300
ホワイトマナが11上昇
50%の確率でヴァルストーン効果アップを付与

コル・ア・コル
敵に急接近して物理攻撃
威力130
リキャスト40秒
距離25m

ヴァルストーン
対象に土属性攻撃
威力270
ホワイトマナ9上昇

デプラスマン
対象に物理攻撃 威力130 追加効果:10m後方へ飛び退く。

エンボルデン
一定時間、自身の与魔法ダメージを20%上昇させる
効果時間20秒
この効果は、4秒ごとに4%低下する
周囲のPTメンバーの与物理ダメージを10%上昇させる
20秒この効果は、4秒ごとに2%ずつ低下する。
リキャスト120秒

ドレイン
対象に無属性魔法攻撃
威力80
追加効果:与えたダメージの一部を吸収する


■侍の戦闘スタイル
・基本は剣気ゲージと雪月花をためるながら戦う。
・雪月花がたまると、“乱れ雪月花”を使うことができます。
・侍は操作は難しいが、強力なジョブ。
雪風
斬耐性耐性低下のデバフを付与

月光
対象に物理攻撃
コンボ条件「陣風」
コンボ時威力400
コンボ時かつ背面攻撃時、剣気10上昇
コンボ時「月の閃」付与

必殺剣・震天
対象に物理攻撃
威力300
発動条件「剣気25」
リキャスト1秒

明鏡止水
一定時間、ウェポンスキルのコンボを、その条件を満たしていなくても成功させる
効果時間が経過するかウェポンスキルを3回実行すると効果が切れる
効果時間10秒
リキャスト80秒

乱れ雪月花
対象に物理攻撃
威力720


■竜騎士の調整
・通常の竜血から紅の竜血に切り替わり、新アクションが使えるように。
・「紅の流血」を覚えた後「ミラージュダイブ」を使用すると「ドラゴンアイ」というものが付き、使えるアクションが増える。


■モンクの調整
・大きい変更はないがPTDPSを上げつつ周りのメンバーから「闘気」を集めることができるようになる。
・この「闘気」を消費してDPSを上げていく。

金剛の極意
効果時間中にダメージを受けると、自身に「金剛の決意」を付与する
効果時間30秒
リキャスト60秒
自身に付与されている疾風迅雷の効果時間を最大まで延長する
このアクションの実行時に「金剛の構え」を付与する。
金剛の構えを解除すると、金剛の極意と決意は即座に解除される

金剛の決意
自身の被ダメージを10%軽減させる、効果時間30秒


■忍者の調整
・大きな変更はないが、「忍気」ゲージを貯めて、これを消費して忍術を使うことで技を派生させていく。
・「忍気」ゲージは、オートアタックでたまる。「忍気」を使うことで、忍術がすぐに使えるようになる。


■吟遊詩人の調整
・詠唱が削除される。
・歌の効果も変更になっており、歌を切り替えながら戦う。
・パーティ支援機能は健在。


■機工士の調整
・詠唱が削除される。
・ヒートゲージを管理しながら、ヒートの値によって技がより派手でより強いものに切り替わる。
・動きながらの戦闘になるのでかなり変わってくる。


■黒魔導士の調整
・エノキアンはアストラルファイア&アンブラルブリザードの効果がある限り永続。
・スタンスを維持できれば永続なので、エノキアンの効果を維持したい場合はトランスを使えば良い。
・エノキアンを30秒維持できれば「ファウル」という新アクションが使える。
・「ファウル」はスタックはできないので、毎回使っていくとDPSがのびる。
・「サンダジャ」という範囲サンダーも追加。
ファウル
対象とその周囲の敵に無属性範囲魔法攻撃
2体目以降は威力が10%ずつ下がり最大50%まで減少
発動条件「ポリグロット」効果中
威力650

サンダジャ
対象とその周囲の敵に雷属性範囲攻撃
対象には継続ダメージ時3%の確率で消費MP0
効果時間18秒
威力50 DoT威力30



■召喚士の調整
・トランスバハムートをすることで、トランス深度が深まっていき、それが2段階になると「サモンバハムート」が使えるようになり、バハムートを呼び出すことができるようになる。


■白魔道士の調整
・大きく変更はない
・単純にピュアヒーラーとしての能力が上がっている
・バリアを付与するアクションも追加。
・新しく追加された花のゲージ(ヒーリングリリー)に咲いていく数が増えると、アクションのリキャストタイムが短くなったり、特定のアクションが使えるようになる。


■占星術師の調整
・大きな変更はない。
・新アクションとして時間とともに効果が変わる設置型のアクションが追加。


■学者の調整
・大きな変化はない。新アクションがひたすら追加されている。
・新スキル「チャネリング」:フェアリーと味方1人をつないでゲージを消費しつつ継続回復できる。




□遠隔DPSの詠唱を削除について
詩人と機工士の詠唱が削除される。
当初は、それぞれに思惑があって詠唱を付けていたが、DPSを出すのが難しく、カジュアルなユーザーの使用率が落ちていることもあったため、削除することになった。

□タンクのダメージ計算式の基準が「VIT」から「STR」に戻る
タンクについてのダメージ計算式がSTRに戻ります。
装備についてはロール制限がかかり、STRの装備をタンクが装備できなくなる。

□タンクの受け流しについて
・サブパラメーターの受け流しがなくなり、不屈が実装されます。
・効果は与ダメージアップ&被ダメージダウン。
・計算式の中から受け流しという概念がなくなるわけではなく、装備につくサブパラメーターとしての受け流しがなくなるとのこと。
・正面からしか効果がなかったものが、全方位効果があるものになります。

□命中について
命中というパラメーターがなくなります。
ただ、プレイヤーレベルとまったく同じ敵と正面から戦った時は100%になります。
当然側面や背面から攻撃した場合は、100%以上の命中になります。
・「暗闇」などの命中率が低下するデバフを受けたときには、ミスが発生する。
・DPSの装備では「命中」が「ダイレクトヒット」に置き換わる。
・ダイレクトヒットはこれはクリティカルより発生率が高く、クリティカルよりはダメージが出ないものとのこと。
・クリティカルと同時に発動すると、大ダメージが出て特殊なフライテキストで表示される。
・これまで命中がついていた「天眼」のマテリアはステータスが「ダイレクトヒット」に変わる。

□「PIE」をサブステータスに移動。
・PIEは「信仰」というヒーラー専用のサブステータスに変更。効果はPIEと同じ、最大MP上昇。
・この変更に伴って、種族の初期ステータスが多少変更になる。

PvPシステムの変更について

■現状の課題
・高レベル制限による新規参加が困難。
・PvPをやるには多すぎるジョブアクション。
・PvPとPvEの違い。
・PvPアクションポイントの格差。
・複雑な操作。
これらを変更。

■PvPシステムの変更点
・PvPコンテンツにおけるレベル制を廃止。
・ジョブレベル30以上なら誰でも参加できる。
・PvP参加時のステータスをロール毎に固定
・装備パラメータは見た目のみ反映。
・PvP専用ホットバーをジョブ毎に用意。

■PvPアクションの変更
・PvPアクションを完全専用化。
・各ジョブ基本9アクション+選択アクション2+アドレナリンラッシュ。
・PvEと完全分離して調整可。
・自動コンボアクション置き換え処理実装。(コンボはボタン1つでできます。アクションを発動すると自動でコンボが切り替わり、次のコンボが表示。)
・DPSはスタンを付与するアクションがなくなっています。
・近接DPSの方向指定を撤廃
・「スリプル」の効果時間が減少。1度かけると一定時間の耐性がつくように

ストーリーショートカット/ジョブレベルブーストアイテムの実装が決定

■両アイテムの導入意図
・新規プレイヤーとベテランの時間格差。
・エンドへ到達するための長時間プレイ。
・フレンドや家族とマルチプレイ促進。

■ストーリーショートカットアイテムについて
■メインクエストのみをショートカット。
・新生の冒険録(パッチ2.55希望の灯火までをクリア済みにする)
・蒼天の冒険録(パッチ3.56宿命の果てまでをクリア済みにする)
の2点。
・ジョブレベルには一切影響がありません。
・6月16日にMog Stationで発売開始
・価格は“新生の冒険録”が1,944円。
・“蒼天の冒険録”が2,700円となります。なお、“蒼天の冒険録は、新生編もクリア済みとなります。
・マイチョコボは自動所得(名前は固定付与)
・出身都市のグランドカンパニーに自動所属。
・メインクエストIDはクリア済みになります。
・サブクエストのIDは、初見クリアボーナスの関係でクエスト完了かつ未クリア設定。
・愛用の紀行録が視聴できるようになります。

■ジョブレベルブーストアイテムについて
・該当ジョブのレベルを60に引き上げます。
・13ジョブに用意される専用の“冒険録”になります。
・使用すると該当ジョブがレベル60になります。
・こちらも6月16日Mog Stationで販売開始。
・価格は一律2,700円。
・パッチ4.1までは、1サービスアカウント/1個のみ購入可。
・侍/赤魔道士のみ、アイテムが存在しません。
・レベル60用の武器/防具/アクセサリーが付与されます。
・レベル60までの該当ジョブクエストがクリア済みになります。
・レベル60までの全アクションを修得済みに。
・初心者の館へと誘導されます。


グランドマウントの速さについて

グランドマウントのスピードが変わる。2段階速くなる。
メインクエストをクリアしていけば、1段階速くなる。
2段階目は、ゲーム内のとあることをすると解放。


今回のPLL情報は以上です。修正箇所などありましたらお知らせください。随時修正予定。

忙しい人のためのファンフェス2017inフランクフルト 基調講演・PLL新情報まとめ。

今回の新情報追加まとめですが、内容的には先日まとめた
【忙しい人のためのFAN FESTIVAL 2016 in ラスベガス新情報まとめ。】
パッチ4.0新情報の続きの内容となります。
1分くらいで読めるようにギュッと情報圧縮しました。

欧州ファンフェス2017フランクフルトでの基調講演 新情報まとめ

・パッチ4.0トレーラーの新しいエリア追加版が発表。

■新ジョブ
・新ジョブ:サムライ。
・ロールは近接物理DPS。
・今回は赤魔とサムライの2つのみが新ジョブ。3.0の3ジョブ追加はやり過ぎた。
・侍の特徴は、メイン武器は「刀」。鞘(さや)がセット。
・対応するクラスは赤魔と同様に「なし」。
・スタートレベルも50から開始。
・パッチ2.0エリアで受注可能。
・侍はモンクと装備共通。
・シナジーよりは単独でDPSを稼ぐ。
・3つのスタンスを切替え、剣気を溜めて必殺剣を放つ。

■世界地図の更新
東州のオサード小大陸地方追加。「ドマ」等、多数追加。
拡張された世界地図はコレクターズエディション特典に付与。

■新たなタウン:クガネ
ひんがしの国 クガネ

■新たな蛮族、蛮神

・新蛮族:コウジン族。
・新蛮神:豪神「スサノオ」
 ラーヴァナに続くFF14オリジナルの蛮神。

■新たなエリア:紅玉海
■新たなエリア:ヤンサ

ガレマール帝国に支配されたドマがあるエリア。

■新たなエリア:アジムステップ
アウラ族の里

■新たな重要NPC
・ドマの主要キャラとして、ユウギリがメインに。
・さらに新キャラの「ゴウセツ」が登場。
 パッチ3.5a(2/28実装予定)でメインクエスト後半登場。

■新たなハウジングエリア
・第4のハウジングエリア。ひんがしの国にある「シロガネ」。
・購入は4.0実装時よりも後になる模様。
・シロガネの登場と合わせて「引っ越し」の機能も追加。

■その他
・4.0の設置家具の上限は2倍へ。
 Sが100から200へ。
 Mが150から300へ。
 Lが200から400へ。
※64ビットOSを推奨。
※庭具は増えない。検討はしている。

■多数の新ダンジョンが追加。
■新レイド

・オメガはハイデリンの外から来た「得体の知れないもの」というコンセプト。
・[PLL追加情報]零式4層をクリアした層のみチャレンジできるエリアを用意する予定。

PLLまとめ パッチ3.55a情報

■パッチ3.55"a"実装 2/28実装予定
■AW最後のクエが追加
■シロ・アリアポー編:ギャザクラ向けコンテンツ
■プロトアルテマ戦:報酬は全ジョブIL270アクセ。どうやってエンカウントするかはパッチノートにも書かない。
■ザ・フィースト:
・対戦マップ追加
・サドンデスモード実装
・出現アイテムの追加と調整

■女神と鬼神の笛ドロップ率緩和。
■牙狼コラボ装備が遺失物管理人から再入手可能に
■ファンフェスアイテム交換開始
■傘状マウントをモグステ販売する予定。
■フレンドリスト、tell、LS、FCのクロスワールドは予定に入っている。
■専用髪型はパッチが進めば他種族にも開放していく。

PLLまとめ パッチ3.55b情報

■パッチ3.55"b"に"リニューアル版"ディアデム諸島を再開。3.55bは3/7~3/14あたり。

PLLまとめ パッチ3.56情報

■メインストーリーのパート2はパッチ3.56で追加。
■牙狼装備のMGP交換はパッチ3.56

パッチ3.56のその後もパッチ公開が控えている。




忙しい人のためのPLLまとめ【パッチ3.5情報Part2】

前回のPLL【忙しい人のためのPLLまとめ【パッチ3.5情報Part1】】に続いてパッチ3.5パート2のPLLが午前10:30から基調講演の後、14時より開始されました。
この記事では【PLLパッチ3.5情報Part2】内容についてまとめてみます。

一撃確殺SS日記の”光のお父さん”がテレビドラマ化決定!

ファンフェス2016PLL-1
皆ご存知、一撃確殺SS日記の「光のお父さん」がなんとドラマ化。
光のぴぃさん、という新記事でドラマ化が進んでいることは知ってましたが、こんなに早くに放送するとはびっくりです。


パッチ3.5「宿命の果て」パート1 リリース日 2017年1月17日に決定。

ファンフェス2016PLL-117
パッチ3.5、リリース日決定しました。
パート2実装は3月予定。


ハウジング関連

ファンフェス2016PLL-2
・パイッサハウス実機画像紹介
ファンフェス2016PLL-3
・絵画実機画像紹介
・オヤジウオ実機画像紹介


ズルワーン戦実機動画紹介

ファンフェス2016PLL-4
PLLズルワーン01
PLLズルワーン02
・ズルワーン戦 実機動画紹介
足場がなくなっていく。
今回も落ちるっぽい。
今回のテーマは「花いちもんめ」らしい。

マハシリーズ完結編 アライアンスレイド「影の国ダン・スカー」

PLLダンスカ01
PLLダンスカ02
PLLダンスカ03
最初から柵がなく落ちますが、蘇生は可能。
難易度は従来のマハくらい。

新たなリニューアル版「雲海探索」はパッチ3.5パート2で実装

・現在のディアデム諸島で入手可能な素材などは別の場所で入手可能となる。
・アインハルト家からの探索依頼により探索に向かう。
・風脈は全て開放されており、最初からフライング可能。
・アインハルト家から常に探索目標が提示される。
・探索が完了すると次の探索目標が指示される。
・全探索を完了すると規定の報酬が支払われる。

◆報酬
・報酬は個人毎にもらえる「ロックボックス」
・「ロックボックス」をNPCに解錠してもらうと装備かスポイルが得られる。
・装備を入手する際にパラメータがランダム生成される。
・探索任務完了時に渡される報酬は個人ドロップになる。
・モンスター討伐時に宝箱が出現することがある。
・ILは「結構高い」「サブジョブの装備」や「メインの足りない箇所に」。(IL265あたりか?)

◆変則要素

・突発的に発生するバトルイベントが多数存在する。
・一定条件が揃うと特定場所で特別レイドが発生。
・レイドは、最低4PTいないとクリアは難しい。
・シャウトで呼びかける必要があるほどなので、みなさんで探ってください。


シーズナルイベントのチラ見せ

PLLシーズナルイベント01
PLLシーズナルイベント02
・あの3人歌姫イベントの続編?
・新エモーションあり
・イベント日はまだ未定

牙狼-GARO- コラボイベント開催決定

PLLシーズナルイベント03
PLLシーズナルイベント04
・PvPトークン「戦績」やゴールドソーサーの「MGP」で装備などが交換可能となる。
・装備は全ジョブ分を用意している。
・PvPで入手できる装備は染色可能。ゴールドソーサーのは染色不可能。
・マウントはアチーブメントで入手可能となる。
・このタイミング(パッチ3.5)でナイトの盾が透明になるアイテムが追加される。
・牙狼コラボのナイト武器には「鞘」が実装となる。
・実装はパッチ3.5のリリースタイミングから同時開始。

【FF14東京ファンフェス2016】パッチ4.0の新ジョブ、新レイド、新蛮神情報まとめ

2016年12月24日に行われた日本ファンフェスティバルにて、様々な新情報が公開されました。
この記事では、午前10:30から基調講演の内容についてまとめてみます。

新ジョブ情報

ファンフェス2016-1
■新ジョブは刺剣と魔法で戦う『赤魔導士』
ロール:遠隔魔法DPS / メインパラメーター:秘密。
武器:レイピア+魔法のクリスタル /
対応クラス:無し / 初期レベル50予定/ジョブ専用装備はレベル70から装備可能。
新しくスタートするユーザーもレベル50になればすぐに転職可能。

赤魔導士の戦闘概要
赤魔導士の戦闘は基本「魔法による遠隔攻撃」となる。
使う魔法は『白魔法&黒魔法から生まれた赤魔法』。
魔法以外にもレイピアによる近接攻撃を使用し、敵との距離を詰めれるアクションもあり。
「連続魔」というシステムで魔力を貯め、強力な攻撃を繰り出すジョブとなる。

今回の新ジョブ発表はとりあえず「赤魔導士」のみ。

前回の放送『忙しい人のためのFAN FESTIVAL 2016新情報まとめ。in ラスベガス』でも触れられた部分の詳細。

・4.0バトルシステムの変更について少しだけ。現状の複雑化した操作を整える。
バフアイコンを見るのではなく視覚的にわかりやすく、専用のゲージなどを用意してわかりやすく変化。

・所持品容量の大量増加
サーバーの容量を取るので拡張後もしかすると二段階に分けて増量するかもしれない。

第四のハウジングエリア

実装は決まっているが、まだ秘密。


新アクション「水中アクション」追加。

ファンフェス2016-2
●『泳ぐ』のシステム詳細
・蒼天のイシュガルドでは空を飛べるアクションが追加されたが、紅蓮のリベレーターでは水中での行動が可能となる。
・海に入り泳いだり、潜水したりできる。
・泳げる場所と泳げない場所がある。
・泳ぎ可能の場所に侵入すると自動で泳ぐ。
・通常泳ぎは平泳ぎ スプリントでクロール。
・フライングマウントのみ水上を移動できる。
・新生エリアにも泳げる場所がある
・地上よりも移動速度がやや落ちる。
・水泳中にバトルは出来ない。
・Dotを受けたまま泳いで死ぬと泳ぎ時専用の死にモーションがある。
・ローディング無しで水中移動へ切り替え可能。

●『潜水』のシステム詳細
・潜水できる場所と出来ない場所がある
・泳ぎからローディング無しで潜水可能
・魔法により潜水中は呼吸ができる
・フライングマウントは全て潜水可能
・泳ぎは3.0エリアでも出来るが潜水は4.0エリアのみ
・潜水中にバトルはできない
・NPCとの会話や採取は可能
・新たなギャザリングが可能(特に漁師)
・特定のクエストクリアで潜水可能になる。

新たな蛮族「アナンタ族」

ファンフェス2016-3
ラミアのような見た目(腰から上は人。下は蛇のような)
アラミゴ周辺の辺境に住む蛮族
女性のみで構成されている
ガルマール帝国の迫害を受けている
アラグ帝国以前から続く種族
魔法を使い、美しい装飾品を作ることができる

●アナンタ族の神「美神ラクシュミ」
ファンフェス2016-4
女神 多分戦うことになりそう?

4.0メインテーマは植松さん。

「蒼天のイシュガルド」に続き「紅蓮のリベレーター」のメインテーマも植松さんが作成中。
勇ましくメロデイは感動的な物にしたいとのこと。

新たなレイドダンジョン『次元の狭間 オメガ』

ファンフェス2016-5
・オメガはパッチ3.5のシナリオにも絡んでくる。

新たなアライアンスレイド『RETURN to IVALICE』

ファンフェス2016-6
・クリタワ・マハに続く24人レイド。
・新たな試みとして日本を代表するクリエイターを招き制作した。
・松野泰己氏がシナリオ、脚本全てを担当。
・雨宮慶太氏がボスデザインを担当。
・FFTやFF12をプレイしていなくても楽しめるように作っているが、プレイしていた人だからこそ楽しめる要素もある。

紅蓮のリベレーターのコレクターズエディションが公開

ファンフェス2016-7
天野喜孝氏書き下ろしイラストBOX
「ゼノス」ハイクオリティフィギュア
「ビジュアルアートブック」
布製のエオルゼア全図
「紅蓮のリベレーター」ロゴステッカー
ファンフェス2016-8
マウント「シルドラ」(下画像)
ファンフェス2016-9
ミニオン「バッツ」
赤魔道士武器「チキンナイフ」が付属

「紅蓮のリベレーター」の発売日は2017年6月20日予定

ファンフェス2016-10
2017/1/24予約受付開始。

次のファンフェスティバルの舞台はフランクフルト
更なる新しい情報は2017年2月18日公開予定 ▼続きを読む