カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

「プロデューサーレターLIVEまとめ 」カテゴリ記事一覧

5分で読めるver5.0「漆黒のヴィランズ」第51回PLLまとめ。

2019年5月24日の今日、第51回PLLが配信され、ついにver5.0「漆黒のヴィランズ」の情報が沢山出てきました。
各大手メディア等では数ページに渡って画像つきで詳細に語られているので、僕のブログではとにかく簡易にまとめました。あとはおすすめリンク先も貼っていきます。
メモ書き:FF14の今後スケジュール
5月27日(月) FF15コラボ終了
6月11日(火) Square Enix Live E3 2019 10:00~
6月15日(土) 第52回PLL。LAから 7:00~
6月19日(水) アレンジアルバム第3弾
6月21日(金) 映画『光のお父さん』放映開始
6月28日(金) ver5.0「漆黒のヴィランズ」アーリーアクセス開始
7月 2日(火) ver5.0「漆黒のヴィランズ」正式サービス開始

3分で読めるver5.0「漆黒のヴィランズ」第51回PLLまとめ。

■今回の第51回PLL関連のリンク先
漆黒のヴィランズ ベンチマーク (Windows)が発表。
5.0ベンチマークトレーラー動画
第51回FFXIVプロデューサーレターLIVE(ニコニコ動画のタイムシフト)
第62回プロデューサーレター(公式フォーラムで第51回PLL前に投函された5.0情報)
FF14 【PLL51回】翻訳を出来るだけカットしてなるべくまとめたPLL 【前半】
FF14 【PLL51回】翻訳を出来るだけカットしてなるべくまとめたPLL 【後半】
 Loki Yamato ちゃんねる様ヨリ。翻訳込みだと凄い長い放送時間なので助かります。
今回はバトルシステムとジョブ関連の調整を中心に放送されました。

■これまでに発表されたver5.0「漆黒のヴィランズ」のおさらい。
「漆黒のヴィランズ」:アーリーアクセス開始日:2019年6月28日
 正式サービス開始日:2019年7月2日
 定価:4,200円+税(CE版:19,800円)  対応機種:PC / PS4
・大規模な6つの新エリア追加
・新たなジョブ ガンブレイカー(タンク)、踊り子(レンジ)追加
・レベルキャップ解放 70→80に。
・新たな高難易度レイド(希望の園 エデン)
・新たなアライアンスレイド(ニーアコラボ)
・ギャザクラエンドコンテンツ(イシュガルド復興)

■FATEシステムの変更
・FATE=レベリングに使うもの、ではなくなる。
FATEを攻略すると専用のトークンが貰え、各地の専用ショップでアイテム交換が可能。
・攻略が進むと、各地のアイテムも増えていく。メインシナリオには関係なし。

■サブクエストシステムの変更
・新エリアサブクエストはレベルアジェストに対応。経験値が無駄にならなくなる調整。
・Lv70から対応しているので、サブジョブのレベリングに使える。

■ロールクエスト(ver5.0新要素)
・闇の戦士と言われていた第一世界の英雄たちの足跡を追うストーリー。
・メインクエストの為、4ロール(タンク、ヒーラー、近接、遠隔)のうち、どれか1ロール攻略が必要となる。

■大工房クエスト(ギャザラー・クラフター系)
・5系統の新たなクラスクエストを実装
・クラフター3系統(金属系/非金属系/食品)、ギャザラー2系統(資源系/魚系)
・大工房ミーン工芸館発展(5.0初出の単語)の物語を通じてレベリングを行う。
・お得意様クエストを使った内容になっている。(クエストに必要なアイテムはその場で入手可能)

■各種ユーザーインターフェースを充実
・スキン変更が可能に。ダークスキン(デフォルト)、ライトスキン。変更には一度ログアウトが必要。今後スキンは増やしていく。
・クロスワールドLSが8チャンネルまで対応
・ターゲット情報のHPが0.1%単位で表示
・パーティリスト情報のアップデート、HPが満タンかどうかが一目で分かるようになっている等
・ハウジング:設置プレビュー機能(「実装されている全ての家具が可能)

■バトルバランスの調整 新システム『チャージアクションシステム』ユーザビリティ向上のための新システム
・アクションのリキャストをチャージ(溜める)システム。
・対象アクションには「最大チャージ数」が設定される。(羅刹、活殺などの移動スキル等が対象)
・チャージされた回数分、任意のタイミングで使用可能。バトルに入らなくてもスタックしていく。

■バトルバランスの調整 『詠唱中断システム』
・PvEの「沈黙」を明確にシステム化、敵の詠唱を中断させるためだけのシステム。
・中断可能アクションの視認性向上。
・タンクと遠隔物理DPSのロールアクションとして実装。
・敵の詠唱バーの形で中断できるかどうかわかるようになる。

■ロールアクションの選択式を廃止
・選択式でなくなり、該当レベルで自動的に習得して使用可能となる。

■MT/TPシステムの変更
・MPは最大値を1万に固定/TPは廃止され、TPがMPに統合。
・ステータス「信仰」の効果が変更。MP回復速度UP

■メインパラメータとマテリアシステムの変更
・全アクセサリの性能を変更。タンクはSTR付与、それ以外のジョブはVIT付与となる。
・STRやVITのマテリアは装着不可に変更。
・すでに装着済みのメインパラメータマテリアは効果が0になる。
・メインパラメータマテリアは排出停止。(さよならメインステマテリア…)

・週制限トークン装備/零式装備は、アクセサリと帯防具もマテリアスロットが確定2穴。
・この調整によりクラフター装備より週制限トークン装備/零式装備が明確に強くなる。

■ペットシステムの変更 / ペットの管理や操作性の見直し
・ペットは敵の攻撃やPCアクションの対象にならないようになる=実質無敵。
・ペットアクションをEXホットバーから削除。プレイヤーアクションで発動する様に変更。
・タイタン・エギおよびカーバンクル・トパーズのアクション性能を見直し。
・召喚中のペットに関わらず、共通の指示アクションを使えば、ペットのアクションが発動する=操作がほぼ必要なくなる。

■UIを目的としたその他変更
・各種バトル計算式を調整・変更(5月29日に各メディア媒体にて情報解禁)
・ダンジョンでのチェインボーナスを廃止。経験値均一化、モンスターにチェインボーナス分を上乗せ。
・ダメージ上限引き上げ(999,999→9,999,999)
・パーティボーナスの変更(ロール数に応じて可変)
・LBゲージのファインプレーボーナスが減少。
・HPバリア量がパーティリストへと反映、可視化。

■もちろん6.0予定してる。
・6.0はやりますよ。 
・ダメージ上限は将来的(6.0あたり?)にインフレ対策を実施。

ジョブバランス関連

■ジョブアクション動画
【FF14 PLL抜粋】漆黒のヴィランズ ジョブアクション【吉田P解説付き】
Loki Yamato ちゃんねる様より。

■ジョブシナジー(ジョブごとの相乗効果)について調整
・全体的にジョブ間シナジーの効果を減少。特定ジョブ必須にならないようにする方向性。
・斬/打/突耐性デバフ等の体制低下デバフは全削除。ともなって該当するシナジーアクションが廃止や見直し。
・踊り子はシナジー特化…というよりバッファージョブ。ただし踊り子必須にはならない調整。

■タンクロールの調整
・新ジョブを含めた4ジョブともMT/ST両対応に。
・下記3つのバフは全タンクがもっている
 パーティ全体に対する防御バフ / ST時、MTに対する支援バフ / 自身への短時間防御バフ
・攻撃スタンス廃止。タンクスタンスON/OFFのみ。
・タンクスタンスは敵視上昇の効果のみ。どの攻撃でも敵視が上昇。MTはONのままで大丈夫。
・被ダメ軽減は特性に変更。攻撃力ダウン/被ダメージ軽減/最大HP上昇などの効果削除。
・特性「タンクマスタリー」を実装、これにより常に自身への被ダメージを20%減少、固有の計算補正を発生。
・敵視上昇の為のコンボを廃止。MT/ST時にスキル回しが変わらなくなる。
□ナイト
忠義剣なくなったけどプレイ感は変わっていない。
ハルオは無くなってはいないが、上位スキルが来たらそちらのローテになるかも。
シェルトロンは一定時間効果に。
□戦士
デストなくなったがプレイ感は変わっていない。
ウォークライで原初の混沌が付与、これを使う技が4タンク中1番強い。
□暗黒
ダークアーツが無くなったので操作感はだいぶ変わる。
PT全体への防御バフを所持している。
内なる暗黒を引き出して戦わせる。フレイ召喚。
□ガンブレイカー
コンボルートがどんどん変わっていくというジョブ、遊び心地が他のタンクと全く違う。
突進技・無敵・自己リジェネあり。やればやるほど味が出てくるスルメジョブ。

■ヒーラーの調整
・3ジョブ横並びのバランスにするのを徹底している。
・プロテス削除。3ジョブに足りないところを補うものを追加。
□白魔道士
ヒーリングリリーを消費するときに新たなブラックリリーが成長し、強力な攻撃魔法が使えるようになる。
リリーは時間経過で咲く。インスタンスヒールを大幅強化。
□学者
ペットの挙動変更、癒し連打の廃止。
ダイレクトヒールとバリアのバランスを調整。
セレネとエオスの能力が同じに。好きな方使おう。
フェアリーより強力なセラフィムを一定時間召喚可能になる。
□占星術士
カードが大きく変わっている。全て与ダメ上昇になった。役割や誰に付与するかという遊びはある。
ドローとプレイのリキャストを分けたので噛み合って無駄になることはなくなる
両方のスタンスとも調整。一定時間両方のスタンスを使えるアクションもある。

■DPSの調整
・モンク/竜騎士/忍者/侍/黒魔道士/赤魔道士 そのまま進化したような調整
□モンク
迅雷4解放。疾風落とさず維持する構え等実装。
□竜騎士
ヘビィ、インパの突耐性デバフ廃止でローテが簡単に。使いやすさ向上させた。
ミラージュダイブは発動条件変更。ジャンプ爆速に。
□侍
葉隠れが無くなり、乱れ雪月花の回数が増える調整。
□忍者
敵視操作アクションが廃止。
特定の状況下でつかえる上位忍術が追加。影分身あり。
□黒魔道士
アンブラルソウル、アブラルブリザードを維持できる。アストラルファイアの時間が延長。UB状態で押すとスタックが増える。
単体フレア追加等、最上位魔法の追加。
MP0からブリザド3を打てる。
マナシフト廃止。
□赤魔道士
インスタントで打てるアクションが1つ追加。
デプラスマンとリキャストを共有するその場で殴る技追加(落下対策)。

・吟遊詩人/機工士/召喚士 再構築。
□機工士
ほぼ新ジョブになった。ぜひ動画を一見。そして簡単な操作なジョブに調整。ガウスバレルと特殊弾は廃止。
ヒートゲージやバッテリーゲージを貯めてロボット召喚。
□召喚士
ルインジャが使用可能になるのはペットがアクションしたとき。自分でコントロールしやすくなった。
エーテルフローを最大まで溜めてスタートするというのも無くなった。
サモンがすべてインスタントになった。状況にあわせてエギをどんどん切り替える戦い方に。
バハムートが呼べないときはフェニックスを呼んだり。
□詩人
問題点を解消して遊びやすく調整。戦歌からクリUP削除。
ソウルボイスゲージが追加され貯まったときにそれを使ってさらに強力なアクションを打てるように。

□踊り子
正統派バッファー。ダンス、ステップがコンセプト。(ダンス)パートナーを組む、という新しい仕組み。
二人でバフアップしながら、相手の行動によってさらにゲージが貯まる。
自分にかかったバフはパートナーにもかかる。
2ステップからなるスタンダートステップと、4ステップからなるテクニカルステップがある。
ステップに入るとステップしかできない。ステップは忍者の印のような感じ。ステップは徐々に早くなる。
踏むステップでバフがかかる。
パートナーがアクションに成功するとエスプリゲージが貯まっていく
これを消費して剣の舞いのような強力な技を使う


◆残った発表は
・E3(6月11日(火) Square Enix Live E3 2019 10:00~)
・次回PLL52回LAから(6月15(土) 7:00~)で
・バトルチャレンジでティターニア戦!

◆オーケストラコンサート Eorzean シンフォニー開催決定
・2019年9月21,22日 パシフィコ横浜
・チケットは6月下旬発売
・紅蓮の曲がある

1分で読める第43回PLLまとめ[2018/4/15放送]

パッチ4.3の詳細公開 「第43回PLL」まとめ

【パッチ4.3タイトル『月下の華』 公開日:2018年5月下旬予定】

・新たなメインクエスト:ドマ編が完結。

・新たな蛮族クエスト:ナマズオ族(ギャザクラ向け)。報酬マウント凄いらしい。

・新たなサブクエスト :ドマ町人地:新システム実装。早めに解放したほうが良いらしい。

・新たな新ID「風水霊殿 ガンエン廟」

・新たな討伐・討滅戦(4.3パッチリリースまでシークレット)

・新たな24人レイド「封じられた聖塔 リドルアナ」

・新たなディープダンジョン「アメノミハシラ」
Lv60から突入可能で全100階層。Lv60~70までのレベリングコンテンツにも使える。

・禁断の地エウレカ バージョンアップ:「パゴス編」がパッチ4.35辺りで実装。

・新たな絶シリーズ「絶アルテマウェポン破壊作戦」

・ジョブ調整
暗黒騎士、侍、占星術師に調整決定。
黒魔導士は十分強いという認識なので4.3では調整なし。侍は火力アップ。

・PvP関連
HUDアップデート。クリタワマップ改修。FLが入れ替わるルーレット実装。バランス調整実施。

・ミラプリ関連
ドレッサーに入れた幻影をアイテムに戻せるように変更、だが銘は消える。
冒険者小隊ミラージュドレッサー対応。

・楽器演奏
笛系の音色が5つ追加。音質改善。押してる間鳴り続けて減衰して消えていく仕様追加。

・ハウジング
新家具「訪問帳」が実装。訪問者に対してコメントのやりとりが可能に。
今後のパッチでマネキンが実装予定。

・ノーマルレイドルーレットが実装(デルタ編まで対応)。

・新たな3人目のお得意様取引が追加。一定以上の親密度で、そのNPCの見た目を変えられる機能追加。

・クロスワールドチャットグループ実装
データセンター単位LSのような物(最大64人)。1人でも作成可能で最大64人まで入ることができる。
ずっと1人の状態が続くと自動消滅。1人1つまで(掛け持ち不可。今後増やすかも)。

・公式スマホアプリ実装予定。リリース時期は未定だが近い内。利用するだけでお気に入りエーテライト追加。
チャットやアイテム整理、アイテム出品、マケボの確認と購入などが可能に。※クポの実、モグコインが必要
プレミアム(月額500円)ではチョコボカバン容量が増えたりする。
※マケボでの購入にはログインボーナスの「クポの実」が必要。有料の「モグコイン」でも可能。 ▼続きを読む

忙しい人のための第36回PLL(2017/5/23放送)まとめ。

今回のPLLは『紅蓮のリベレーター』の新情報、主にバトルシステムについての変更でした。
とても大きな変更がいくつもあったので、重要箇所のみを抜粋し、簡潔にまとめました。
【開発・調整中なので変更になる場合があります。】

パッチ4.0バトルシステム変更について

■現状の課題
・複雑化してしまったバトルシステム
・ホットバーに入りきらない数のジョブアクション。70になった場合、アクションが増えすぎてわからなくなってしまう。
・バフアイコンを凝視するバトルになってしまっている。
・コアプレイヤーVSカジュアルプレイヤーのDPS格差がでてしまっている。
・ジョブ間のシナジー。
これらを全て変更する。

■アディショナルスキル
アディショナルシステムを廃止。
・新しくロールアクションシステムの実装。
・ロールはタンク、ヒーラー、近接DPS、遠隔DPS、キャスター。
・ロールアクションはアディショナルから名前が変わったり統合してたり。
・他のクラスのレベル上げをする必要がなくなる。
・なので使えなくなるスキル、削除されたスキルが大量に出て来る。
吉田P「パッチ4.0で一番最初にやることはホットバーの設定からかな」とのこと。


ロールアクションについて

※一部判明しているものはわかる範囲で記載。
■タンクロール共通アクション
・ランパート
・ロウブロウ…対象をスタンさせる。効果時間5秒、リキャスト25秒
・挑発
・コンバレセンス
・見切り
・リプライザル…対象の与ダメージを10%ダウンさせる。効果時間5秒、リキャスト60秒
・アウェアネス
・インタージェクト
・アルティメイタム…範囲挑発。リキャスト90秒、距離5m
・シャーク


■近接DPS共通ロールアクション
・内丹
・アームズレングス
・レッグスウィーブ
・ディヴァージョン…ヘイト上昇抑える。効果時間15秒、リキャスト120秒(静者の撃と同効果)
・気合
・ブラッドバス
・叱咤
・牽制
・クラッチ
・トゥルーノース…方向指定アクションをどの方向からでも成功させる。効果時間15秒、リキャスト150秒


■遠隔魔法DPS共通ロールアクション
・アドル…対象のINT/MNDダウン(ウィルスみたいな)
・ブレイク…
・ドレイン
・ディヴァージョン…ヘイト上昇抑える。効果時間15秒、リキャスト120秒(静者の撃と同効果)
・ルーシッドドリーム
・迅速魔
・マナシフト…自身の最大MPの20%を対象のPTメンバーに与える。
・アポカタスタシス…対象の被魔法ダメージ20%軽減(自身にはかけれない)
・堅実魔…10秒間、次の1回の魔法詠唱を妨害されない。効果時間中は睡眠、スタン、ノックバック、引き寄せを無効化。
・イレース…対象の継続ダメージ解除(自身にはかけれない)


■遠隔DPS共通ロールアクション
・内丹
・フットグレイズ
・レッググレイズ
・プロトン…自分含むPTメンバー移動速度アップ(今のスウィフトソングみたいな)効果時間30秒、リキャスト5秒、範囲20m
・気合
・タクティシャン
・リフレッシュ
・ヘッドグレイズ
・アームグレイズ…対象をスタンさせる。効果時間2秒、リキャスト25秒
・バリセード…PTメンバー1人に対して被物理ダメージ20%軽減(自身にはかけれない)
※「猛者の撃」削除


■ヒーラー共通ロールアクション
・クルセードスタンス…一定時間与ダメージ上昇。
・ブレイク
・プロテス
・エスナ
・ルーシッドドリーム
・迅速魔
・アイ・フォー・アイ
・慈愛
・堅実魔…10秒間、次の1回の魔法詠唱を妨害されない。効果時間中は睡眠、スタン、ノックバック、引き寄せを無効化。
・救出…使った人のところにPTメンバーを引き寄せる。リキャスト150秒、距離30m
※ ヒーラーの攻撃力はINTからMNDに変わる。今で言うと常時クルセ状態。4.0からのクルセードスタンスはバフ扱い。

ジョブ間のシナジー(味方を強化することができるスキル)について

・各ロールのシナジーバランスをリセットした。
・近接DPSは全てバランスを取り直し。
・全体の調整なので強すぎたシナジーも抑えられている。
・好きなジョブをシナジーを気にせず遊べるように調整。

ジョブ専用HUD

・ジョブごとに専用のHUDを実装。
・スタンスの切り替えを視覚的に補強。
各ジョブの専用HUD付き動画あり。
■ナイトの調整
・ナイトはシステムが変更され、シールドのブロックが"魔法"に対しても発動。
・新アクションとして範囲攻撃や、シングルホーリーが入る。
・自分の背後にいるパーティメンバーの被ダメージを軽減しつつ、ブロックが100%を発動する新アクション「パッセージ・オブ・アームズ」が追加。巨大な翼を広げたようなエフェクトは非常に派手だが、発動中は動くことができない。
パッセージ・オブ・アームズ
自身の後方扇範囲に被ダメ0時を軽減するシールドを生成する。
効果時間中、自身のブロック発動率が100%になり、さらに範囲内にいるPTメンバーの被ダメージを15%軽減する
効果時間18秒、リキャスト120秒、範囲8m
効果時間中にアクションの実行や移動を行うと即座に解除される
実行時にオートアタックを停止する

トータルエクリプス
自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。威力110。

レクイエスカット
対象に物理攻撃、自身の残りMPが高いほど威力アップ。
威力350
追加効果:自身が最大MPの80%分を持っていた場合、攻撃魔法による与ダメと回復魔法の回復量が20%上昇
効果時間12秒

ホーリースピリッツ
単体魔法攻撃。威力430。


■暗黒騎士の調整
・「ブラックブラッド」という特性を覚えると「ブラッドゲージ」が出現。
・「ブラッドゲージ」はウェポンスキルを使うと貯まっていき、消費して各種の技を使う。


■戦士の調整
・「ラース」がなくなり、代わりにアクションを使うと「インナービースト」というものが貯まる。
・「インナービースト」を消費して新アクションを使う。
※戦士固有ジョブスキルからスタン技がなくなる。
メイム
斬属性低下デバフの付与を確認

フェルクリーヴ
威力500、発動条件:インナービースト50、デストロイヤー効果中

ウォークライ
インナービーストを50上昇させる

原初の解放
一定時間、インナービーストの消費量を半減する
効果時間中、自身はスタンや睡眠、バインド、ヘヴィ、ノックバックの効果を受け付けない
効果時間中にデストロイヤーが解除されると、自身に付与されている「原初の解放」は即座に消える
リキャスト120秒、タイマーを「アンチェインド」と共有する
発動条件:インナービースト20
効果時間20秒


■赤魔道士の戦闘スタイル
・赤魔道士は特性で連続魔を覚える。これはキャストタイムがある魔法を使うことで、次に使う魔法がキャスト0で使える特性。
・ブラックマナとホワイトマナが存在し、どちらのゲージが存在。DPSを出すためには双方均等に使うことが鍵。
・短いキャストタイムの魔法を使った後に、長いキャストタイムの魔法を使うと良い。
アクセラレーション
効果発動時に実行するヴァルサンダーまたはヴァルエアロについてそれぞれの追加効果が必ず発生する
効果時間10秒、リキャスト35秒

インパクト
対象に無属性魔攻撃
威力270
ブラックとホワイトマナが4上昇

ジョルラ
攻撃魔法。
ブラックとホワイトマナが3上昇

ヴァルサンダー
対象に雷属性魔法攻撃
威力300ブラックマナ11上昇
50%の確率でヴァルファイア効果アップを付与

ヴァルファイア
対象に火属性魔法攻撃
威力270
ブラックマナを9上昇
発動条件:「ヴァルファイア効果」アップ効果中

ヴァルエアロ
対象に風属性攻撃
威力300
ホワイトマナが11上昇
50%の確率でヴァルストーン効果アップを付与

コル・ア・コル
敵に急接近して物理攻撃
威力130
リキャスト40秒
距離25m

ヴァルストーン
対象に土属性攻撃
威力270
ホワイトマナ9上昇

デプラスマン
対象に物理攻撃 威力130 追加効果:10m後方へ飛び退く。

エンボルデン
一定時間、自身の与魔法ダメージを20%上昇させる
効果時間20秒
この効果は、4秒ごとに4%低下する
周囲のPTメンバーの与物理ダメージを10%上昇させる
20秒この効果は、4秒ごとに2%ずつ低下する。
リキャスト120秒

ドレイン
対象に無属性魔法攻撃
威力80
追加効果:与えたダメージの一部を吸収する


■侍の戦闘スタイル
・基本は剣気ゲージと雪月花をためるながら戦う。
・雪月花がたまると、“乱れ雪月花”を使うことができます。
・侍は操作は難しいが、強力なジョブ。
雪風
斬耐性耐性低下のデバフを付与

月光
対象に物理攻撃
コンボ条件「陣風」
コンボ時威力400
コンボ時かつ背面攻撃時、剣気10上昇
コンボ時「月の閃」付与

必殺剣・震天
対象に物理攻撃
威力300
発動条件「剣気25」
リキャスト1秒

明鏡止水
一定時間、ウェポンスキルのコンボを、その条件を満たしていなくても成功させる
効果時間が経過するかウェポンスキルを3回実行すると効果が切れる
効果時間10秒
リキャスト80秒

乱れ雪月花
対象に物理攻撃
威力720


■竜騎士の調整
・通常の竜血から紅の竜血に切り替わり、新アクションが使えるように。
・「紅の流血」を覚えた後「ミラージュダイブ」を使用すると「ドラゴンアイ」というものが付き、使えるアクションが増える。


■モンクの調整
・大きい変更はないがPTDPSを上げつつ周りのメンバーから「闘気」を集めることができるようになる。
・この「闘気」を消費してDPSを上げていく。

金剛の極意
効果時間中にダメージを受けると、自身に「金剛の決意」を付与する
効果時間30秒
リキャスト60秒
自身に付与されている疾風迅雷の効果時間を最大まで延長する
このアクションの実行時に「金剛の構え」を付与する。
金剛の構えを解除すると、金剛の極意と決意は即座に解除される

金剛の決意
自身の被ダメージを10%軽減させる、効果時間30秒


■忍者の調整
・大きな変更はないが、「忍気」ゲージを貯めて、これを消費して忍術を使うことで技を派生させていく。
・「忍気」ゲージは、オートアタックでたまる。「忍気」を使うことで、忍術がすぐに使えるようになる。


■吟遊詩人の調整
・詠唱が削除される。
・歌の効果も変更になっており、歌を切り替えながら戦う。
・パーティ支援機能は健在。


■機工士の調整
・詠唱が削除される。
・ヒートゲージを管理しながら、ヒートの値によって技がより派手でより強いものに切り替わる。
・動きながらの戦闘になるのでかなり変わってくる。


■黒魔導士の調整
・エノキアンはアストラルファイア&アンブラルブリザードの効果がある限り永続。
・スタンスを維持できれば永続なので、エノキアンの効果を維持したい場合はトランスを使えば良い。
・エノキアンを30秒維持できれば「ファウル」という新アクションが使える。
・「ファウル」はスタックはできないので、毎回使っていくとDPSがのびる。
・「サンダジャ」という範囲サンダーも追加。
ファウル
対象とその周囲の敵に無属性範囲魔法攻撃
2体目以降は威力が10%ずつ下がり最大50%まで減少
発動条件「ポリグロット」効果中
威力650

サンダジャ
対象とその周囲の敵に雷属性範囲攻撃
対象には継続ダメージ時3%の確率で消費MP0
効果時間18秒
威力50 DoT威力30



■召喚士の調整
・トランスバハムートをすることで、トランス深度が深まっていき、それが2段階になると「サモンバハムート」が使えるようになり、バハムートを呼び出すことができるようになる。


■白魔道士の調整
・大きく変更はない
・単純にピュアヒーラーとしての能力が上がっている
・バリアを付与するアクションも追加。
・新しく追加された花のゲージ(ヒーリングリリー)に咲いていく数が増えると、アクションのリキャストタイムが短くなったり、特定のアクションが使えるようになる。


■占星術師の調整
・大きな変更はない。
・新アクションとして時間とともに効果が変わる設置型のアクションが追加。


■学者の調整
・大きな変化はない。新アクションがひたすら追加されている。
・新スキル「チャネリング」:フェアリーと味方1人をつないでゲージを消費しつつ継続回復できる。




□遠隔DPSの詠唱を削除について
詩人と機工士の詠唱が削除される。
当初は、それぞれに思惑があって詠唱を付けていたが、DPSを出すのが難しく、カジュアルなユーザーの使用率が落ちていることもあったため、削除することになった。

□タンクのダメージ計算式の基準が「VIT」から「STR」に戻る
タンクについてのダメージ計算式がSTRに戻ります。
装備についてはロール制限がかかり、STRの装備をタンクが装備できなくなる。

□タンクの受け流しについて
・サブパラメーターの受け流しがなくなり、不屈が実装されます。
・効果は与ダメージアップ&被ダメージダウン。
・計算式の中から受け流しという概念がなくなるわけではなく、装備につくサブパラメーターとしての受け流しがなくなるとのこと。
・正面からしか効果がなかったものが、全方位効果があるものになります。

□命中について
命中というパラメーターがなくなります。
ただ、プレイヤーレベルとまったく同じ敵と正面から戦った時は100%になります。
当然側面や背面から攻撃した場合は、100%以上の命中になります。
・「暗闇」などの命中率が低下するデバフを受けたときには、ミスが発生する。
・DPSの装備では「命中」が「ダイレクトヒット」に置き換わる。
・ダイレクトヒットはこれはクリティカルより発生率が高く、クリティカルよりはダメージが出ないものとのこと。
・クリティカルと同時に発動すると、大ダメージが出て特殊なフライテキストで表示される。
・これまで命中がついていた「天眼」のマテリアはステータスが「ダイレクトヒット」に変わる。

□「PIE」をサブステータスに移動。
・PIEは「信仰」というヒーラー専用のサブステータスに変更。効果はPIEと同じ、最大MP上昇。
・この変更に伴って、種族の初期ステータスが多少変更になる。

PvPシステムの変更について

■現状の課題
・高レベル制限による新規参加が困難。
・PvPをやるには多すぎるジョブアクション。
・PvPとPvEの違い。
・PvPアクションポイントの格差。
・複雑な操作。
これらを変更。

■PvPシステムの変更点
・PvPコンテンツにおけるレベル制を廃止。
・ジョブレベル30以上なら誰でも参加できる。
・PvP参加時のステータスをロール毎に固定
・装備パラメータは見た目のみ反映。
・PvP専用ホットバーをジョブ毎に用意。

■PvPアクションの変更
・PvPアクションを完全専用化。
・各ジョブ基本9アクション+選択アクション2+アドレナリンラッシュ。
・PvEと完全分離して調整可。
・自動コンボアクション置き換え処理実装。(コンボはボタン1つでできます。アクションを発動すると自動でコンボが切り替わり、次のコンボが表示。)
・DPSはスタンを付与するアクションがなくなっています。
・近接DPSの方向指定を撤廃
・「スリプル」の効果時間が減少。1度かけると一定時間の耐性がつくように

ストーリーショートカット/ジョブレベルブーストアイテムの実装が決定

■両アイテムの導入意図
・新規プレイヤーとベテランの時間格差。
・エンドへ到達するための長時間プレイ。
・フレンドや家族とマルチプレイ促進。

■ストーリーショートカットアイテムについて
■メインクエストのみをショートカット。
・新生の冒険録(パッチ2.55希望の灯火までをクリア済みにする)
・蒼天の冒険録(パッチ3.56宿命の果てまでをクリア済みにする)
の2点。
・ジョブレベルには一切影響がありません。
・6月16日にMog Stationで発売開始
・価格は“新生の冒険録”が1,944円。
・“蒼天の冒険録”が2,700円となります。なお、“蒼天の冒険録は、新生編もクリア済みとなります。
・マイチョコボは自動所得(名前は固定付与)
・出身都市のグランドカンパニーに自動所属。
・メインクエストIDはクリア済みになります。
・サブクエストのIDは、初見クリアボーナスの関係でクエスト完了かつ未クリア設定。
・愛用の紀行録が視聴できるようになります。

■ジョブレベルブーストアイテムについて
・該当ジョブのレベルを60に引き上げます。
・13ジョブに用意される専用の“冒険録”になります。
・使用すると該当ジョブがレベル60になります。
・こちらも6月16日Mog Stationで販売開始。
・価格は一律2,700円。
・パッチ4.1までは、1サービスアカウント/1個のみ購入可。
・侍/赤魔道士のみ、アイテムが存在しません。
・レベル60用の武器/防具/アクセサリーが付与されます。
・レベル60までの該当ジョブクエストがクリア済みになります。
・レベル60までの全アクションを修得済みに。
・初心者の館へと誘導されます。


グランドマウントの速さについて

グランドマウントのスピードが変わる。2段階速くなる。
メインクエストをクリアしていけば、1段階速くなる。
2段階目は、ゲーム内のとあることをすると解放。


今回のPLL情報は以上です。修正箇所などありましたらお知らせください。随時修正予定。

忙しい人のためのファンフェス2017inフランクフルト 基調講演・PLL新情報まとめ。

今回の新情報追加まとめですが、内容的には先日まとめた
【忙しい人のためのFAN FESTIVAL 2016 in ラスベガス新情報まとめ。】
パッチ4.0新情報の続きの内容となります。
1分くらいで読めるようにギュッと情報圧縮しました。

欧州ファンフェス2017フランクフルトでの基調講演 新情報まとめ

・パッチ4.0トレーラーの新しいエリア追加版が発表。

■新ジョブ
・新ジョブ:サムライ。
・ロールは近接物理DPS。
・今回は赤魔とサムライの2つのみが新ジョブ。3.0の3ジョブ追加はやり過ぎた。
・侍の特徴は、メイン武器は「刀」。鞘(さや)がセット。
・対応するクラスは赤魔と同様に「なし」。
・スタートレベルも50から開始。
・パッチ2.0エリアで受注可能。
・侍はモンクと装備共通。
・シナジーよりは単独でDPSを稼ぐ。
・3つのスタンスを切替え、剣気を溜めて必殺剣を放つ。

■世界地図の更新
東州のオサード小大陸地方追加。「ドマ」等、多数追加。
拡張された世界地図はコレクターズエディション特典に付与。

■新たなタウン:クガネ
ひんがしの国 クガネ

■新たな蛮族、蛮神

・新蛮族:コウジン族。
・新蛮神:豪神「スサノオ」
 ラーヴァナに続くFF14オリジナルの蛮神。

■新たなエリア:紅玉海
■新たなエリア:ヤンサ

ガレマール帝国に支配されたドマがあるエリア。

■新たなエリア:アジムステップ
アウラ族の里

■新たな重要NPC
・ドマの主要キャラとして、ユウギリがメインに。
・さらに新キャラの「ゴウセツ」が登場。
 パッチ3.5a(2/28実装予定)でメインクエスト後半登場。

■新たなハウジングエリア
・第4のハウジングエリア。ひんがしの国にある「シロガネ」。
・購入は4.0実装時よりも後になる模様。
・シロガネの登場と合わせて「引っ越し」の機能も追加。

■その他
・4.0の設置家具の上限は2倍へ。
 Sが100から200へ。
 Mが150から300へ。
 Lが200から400へ。
※64ビットOSを推奨。
※庭具は増えない。検討はしている。

■多数の新ダンジョンが追加。
■新レイド

・オメガはハイデリンの外から来た「得体の知れないもの」というコンセプト。
・[PLL追加情報]零式4層をクリアした層のみチャレンジできるエリアを用意する予定。

PLLまとめ パッチ3.55a情報

■パッチ3.55"a"実装 2/28実装予定
■AW最後のクエが追加
■シロ・アリアポー編:ギャザクラ向けコンテンツ
■プロトアルテマ戦:報酬は全ジョブIL270アクセ。どうやってエンカウントするかはパッチノートにも書かない。
■ザ・フィースト:
・対戦マップ追加
・サドンデスモード実装
・出現アイテムの追加と調整

■女神と鬼神の笛ドロップ率緩和。
■牙狼コラボ装備が遺失物管理人から再入手可能に
■ファンフェスアイテム交換開始
■傘状マウントをモグステ販売する予定。
■フレンドリスト、tell、LS、FCのクロスワールドは予定に入っている。
■専用髪型はパッチが進めば他種族にも開放していく。

PLLまとめ パッチ3.55b情報

■パッチ3.55"b"に"リニューアル版"ディアデム諸島を再開。3.55bは3/7~3/14あたり。

PLLまとめ パッチ3.56情報

■メインストーリーのパート2はパッチ3.56で追加。
■牙狼装備のMGP交換はパッチ3.56

パッチ3.56のその後もパッチ公開が控えている。