カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

「雑記 」カテゴリ記事一覧

[レポ]大阪エオルゼアカフェ常設店限定メニューを食べてみた!

そういえば、ブログでは新年の挨拶をまだしておりませんでしたね。
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

暴飲暴食惰眠を貪った正月休み。
リアル2kg体重増えました、もすぅちゃんです。
「次のパッチまで長いな―」とかつぶやいてましたが、もうパッチ3.5直前です。早いものです。

大阪エオルゼアカフェ常設店限定メニューを食べてみた!

さて、約2年ほど前、【[レポ]大阪の特設エオルゼアカフェ行ってきました。】という大阪にエオルゼアカフェの特設店が出来た時にレポート記事を書きました。
極々短い期間での特設ということもあり、高校の文化祭の喫茶店のようなエオカフェ特設店でしたが、料理は美味しく楽しめました。

それから1年後【エオカフェ大阪常設(予定)ということで具体的に色々調べてみた。】の記事で大阪にエオルゼアカフェが常設されることに関しての記事を書きまして。

そして、今年ようやく大阪にエオルゼアカフェの常設店が完成しオープン!
さっそくローソンのweb予約でエオカフェ予約して、オープン初週に行って参りました。

エオカフェ秋葉店にはない大阪限定のメニューがあるとのことで、それを少し頂いて、ずっと食べたかったメニューも頂いたらお腹いっぱいになってしまったので、全メニューとまではいきませんが、少しレポートさせて頂きます。


・大阪エオルゼアカフェ常設店の場所。

肝心の常設店場所ですが、大阪難波の道頓堀にあります。かに道楽とかある場所と同じ通りですね。
わかりやすい案内は【パセラリゾーツ なんば道頓堀店 アクセス情報】こちらからどうぞ。


・店内の様子
大阪エオルゼアカフェ常設店はパセラリゾーツ なんばの4Fにあり、エレベーターで上がってすぐに案内があります。
その案内の後ろすぐにはカフェ内への扉がドーンとあります。
エオルゼアカフェ大阪店02
初週ということで、吉Pと開発スタッフから開店祝い花があったりもしました。

エオルゼアカフェ大阪店03
店内はこの写真で見えてるのがほぼ全貌です。
この柱の後ろに席がまだあって、今回僕はそこに案内されました。

エオルゼアカフェ大阪店04 
席の雰囲気はこんな感じ。
ナナモ様!

手前に見えてるテーブル1つを使って2人席に使われたりします。
このテーブルを写真のように2つ並べて4人席にしているようでした。
テーブルの大きさは肘から手を開いた指先くらいまでの長さの正方形なので、料理2つでいっぱいで、3つ、4つ置くのは厳しい感じでした。
なのでスタッフさんから、メニューまとめて注文しないようにお気をつけて~との事前アナウンスがあったりしました。

席にはランチョンマットとポストカードが付いてたり。
エオルゼアカフェ大阪店05 
※持ち帰りました。


・大阪エオルゼアカフェ限定メニューって?
食べ物ですと
・『ハウジング栽培で採れた野菜のバーニャカウダ』
・『女将モモディ特製? クイックサンドイッチ』
・『マメット・オルトロスのチリトマト煮込み』
・『スカフィテのアヒージョ ~ナイツブレッド添え~』
・『レンティル&チェスナット ~ナイツブレッド添え~』
・『ラウバーン・アルディン ~アラミゴの猛牛~』
・『鶏卵オムライス ~デミグラスソースがけ~』
・『豪華ワンプレート モールローフプレート』
・『ウルダハの目覚め ~ナナモ女王ミニハニトー~』
・『エーテライトプラザ』
・『極イフリート光輝の炎柱デザートミニPIZZA』
・『ミコッテ風 山の幸串焼き』

などなど!

飲み物だと
・『ナナモ女王のバニラミルクシェイク』
・『酒房コッファー&コフィンのオレンジビア』
・『雷神ラムウ ~裁きの雷~』
・『酒房コッファー&コフィンの生ビール ライトサイズ/ レギュラーサイズ』
・『料理屋カテリーヌのミントラッシー』
・『ラウバーンのチョコ ココアドリンク』
・『ザナラーン砂漠』
・『ソウルイーター』

などなど。これ以外にはウルダハ等にあるジョブ関連の飲み物です。
[大阪限定!]みたいなわかりやすい表記はなかったので少しわかりずらい…w
※上記のメニューは大まかな紹介なので詳しくは公式エオルゼアカフェのメニューからどうぞん!

この記事では、今回頂いたメニューのみレポートさせて頂きます!


大阪エオルゼアカフェ限定メニューを食べて飲んでみた。

まず、予約するとワンドリンクがついてるので
エオルゼアカフェ大阪店06
この『ラムウ』と『ソウルイーター』の2点に決めました。※二人で行ったので2つです。
ラムウドリンクは"面白かった"です。まさかワタパチドリンクだったとは。

ソウルイーターはコーラです。凄くコーラ。そしてコーラのゼリー。
暗黒騎士モチーフなので剣のマドラーがついているのですが、これがスプーンとかだったらゼリーしっかり食べれたのに…と思ったり。

エオルゼアカフェ大阪店07
その後は『鶏卵オムライス ~デミグラスソースがけ~』を注文。
メニュー名はFF14あまり絡んでる気がしませんが、
そういうのは置いといて卵がふわふわで、ソースが強すぎとかでもなく、さっぱりしたライスで美味しかった…!

エオルゼアカフェ大阪店09
続けて『ラウバーン・アルディン ~アラミゴの猛牛~』
お野菜を肉で包んで、玉子を絡めてモグモグ。
個人的にこれが一番美味しかったです。
あっさりしてるので何枚でも食べれそう。


そしてドリンクがなくなったので、"アレ"を注文。


エオルゼアカフェ大阪店08
\ ド ー ン ! / 
(大きさ比較にコースター置いてます。900ccあるらしいです。)
これが『酒房コッファー&コフィンのオレンジビア』です!

ちなみに、アルコールとノンアルコールを選んで頼めます。
今回はノンアルコールで注文しました。ノンアルコールビールです。
この長さで直飲みなので飲みづらかった…w
あと長すぎるせいで混ざりきってなくて、上のほうがビール、下のほうがオレンジジュース、と完全に分断されちゃった味になってましたが、記念にはなりましたw
二人で飲んで丁度いい量でした。
一人で飲むとするなら時間のほうが間に合わなさそう?


エオルゼアカフェ大阪店12
こちらは大阪限定メニューではありませんが、
『ユウギリの雪見おにぎり茶漬け』
焼きオニギリに、わさびと出汁の茶漬け。
アクセントに手裏剣のノリが付いてるのが可愛かった。
飲んだあとにこれ食べるとホッとします。
お茶漬け最高。


エオルゼアカフェ大阪店13
こちらも大阪限定メニューではないのですが、
『極ラーヴァナ 激辛坦々麺 ~耐えてみせよ!~』

こういうコンセプトカフェの"激辛"って全然辛くないか、逆にめちゃくちゃ辛いかのどちらかだったりしますが、
こちらは前者。甘みすら感じる辛さ具合。
ココイチでいうと"一辛"くらいです。
でも、この丁度いい辛さと麺も食べごたえがあったので美味しくいただきました。


さて、デザートは…

エオルゼアカフェ大阪店11
『ナナモ女王のバニラミルクシェイク』
ナナモ様の王冠部分の麩菓子がついた可愛いシェイク。
めちゃ甘です。ナナモ様に食べさせて反応が見たい。


エオルゼアカフェ大阪店10
こちらは『エーテライトプラザ』
チョコミント党の僕には大好物です。
ミント味のクリームに挟まれたパイと最下段にラムネのアイス。
サッパリしていて美味しかったです!

食べ物は以上!


・エオルゼアカフェ大阪店、他に何があったか。
エオルゼアカフェ大阪店その他01
エオルゼアカフェ大阪店その他02
パソコンは4台。時間内なら自分のアカウントで自由にFF14が遊べるそうです。
スペックは僕のPCより高い…。
SSDとかグラボの確認は忘れてました…。

エオルゼアカフェ大阪店物販01
エオルゼアカフェ大阪店物販02
エオルゼアカフェ大阪店の物販!
この画像以外にも結構なグッズ数が揃っておりました。
今度来たら買おう。

エオルゼアカフェ大阪店その他03
あとトイレは店内と4Fのエオルゼアカフェ廊下端部分に設置。
とても綺麗でした。
防臭剤や、口臭消し、ケープなどの化粧品も完備。
パセラやりおる。


っと、エオルゼアカフェを堪能しきったところでお時間になりお会計。
お会計では『エオルゼアカフェ秋葉店』で使ったポイントカードも引き続き大阪エオルゼアカフェで使えます。
持ってて良かったエオルゼアカフェ秋葉店カード。

ちなみにがっつり注文して二人で6,000円ちょっとほどでした。
慣れた感じでスタッフさんが
「お会計、○○○"ギル"になります。」
って言ってくるのちょっと照れる。

大阪エオルゼアカフェ レポートまとめ

●良かった点
スタッフさんが秋葉店と同様、とても丁寧に接客してくれます。
実は上記注文以外にも、お冷とお白湯をお願いしたのですが、すぐに持って頂けましたし、細かいところも気にかけて下さったのでのんびりエオルゼアカフェでの時間を過ごすことが出来ました。
また料理もどれも温かい物は温かく、冷たいものはしっかり冷たかったので美味しくいただくことが出来ました。
また行きたいと思います。

●気になった点。
テーブルの狭さが気になりました。(文中にも書きましたが肘から手を開いた指先までの長さの正方形テーブル)
これはたくさん食べたい人、注文したい人にはテーブルがすぐ満タンになってしまったりするので大変かも?
実際、お隣の方がテーブルの上の整頓に大変そうだったりしました。



立地的にも駅近だったり、他の飲食店やお土産を買える場所も揃ってるので、近隣に来られたときはぜひ行ってみてください。
あと、僕らが行った時に飛び込みのお客さんがいて

飛び込みのお客さん「予約してないんですが、席あいてたりしませんよね?」
エオルゼアカフェスタッフさん「ちょっと待って下さいね、すぐ確認します!」

~ 1分ほど ~

エオルゼアカフェスタッフさん「OKです。空いております。ただしご予約のお客さまが先なので、その最後になりますがよろしいでしょうか?
お客さん「!! はい~!」

という、やり取りもあったので、偶然近くまできて行きたい時、ダメ元で行って聴いてみるのもいいかもしれません。
また近いうちに行こうと思います~!
今度は物販もよくみて買ってみようかな。



長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。
以上、大阪エオルゼアカフェ常設店レポートでした!!

固定最後の日。 - 前編 -

2016年12月28日、固定PT最後の日でした。

今年の4月頃、零式律動編2層を苦難の末、野良で乗り越えたはいいけども零式律動編3層練習がなさすぎて頭抱えてる頃にメンバー募集していた固定PTにお邪魔させてもらい、初クリアさせてもらってからというもの、そこで固定PTを組まさせてもらっていました。
(詳しくは【FF14実録本!3 もすぅちゃん日記出張版】に描いてるよ!(ダイマ))

零式律動を踏破し、そのまま同じ固定PTメンバーで零式天動編も踏破。踏破10週アチーブも無事コンプリート。
僕が来年2017年から忙しくなってくるので、切りが良い年の終わりにお世話になった固定PTを抜けさせてもらいました。

実は固定PTを解散するのは2回目だったりします。
最初の固定PTでは【大迷宮バハムート邂逅編~零式:アレキサンダー起動編3層】までクリアしました。
いい機会なので簡単に振り返ってみます。

(思った以上に長くなったので、前編後編分割です。後編はまた年明けに!)

大迷宮バハムート:邂逅編の思い出

邂逅編が実装されたのは、【パッチ2.0時】。
つまりはFF14新生スタート時に実装された初のレイドとなります。
ちなみにこのブログ【もすぅちゃん日記】自体は【新生FF14 BetaTest Phase3】から開設しております。
最初の日記はこちら(新生FF14日記【はじめまして!!】)。なんか初々しいね!

【BetaTest Phase3】っていうのは俗にいうクローズベータテストの第3回目みたいなもんです。
この3回目でようやくSSの守秘義務やらが解かれてSSをブログに貼っつけていい許可とかでたんでしたね。懐かし。
このFF14出来ない期間、皆が「FF14禁断症状が!禁断症状が!」って叫んでたのを思い出します。

そうして実装された【パッチ2.0】。
つまりは旧FF14がなくなって、新生された当初。
同時に実装されたのがこの【大迷宮バハムート:邂逅編】です。

攻略記事らしい攻略記事を初めてブログに書いたのが邂逅編3層の以下の記事、
【2.1後の詩人】詩人1構成時-バハムート4層の立ち回り)でした。
そうです、最初の攻略記事ジョブはなんと詩人だったのです。

理由は邂逅編2層で沈黙入れる役が必要になった為であり、最初の固定PTでの攻略はこの2層からでした。
この固定PTが出来たのも他ゲーで遊んでいた友達が集まってきて揃ったのがこの2層からでした。
邂逅編1層クリアは野良で行きました。この頃の野良はカオスだったなぁ…。

邂逅編3層に拍子抜けした後、邂逅編4層。
今思えば、4層は敵が決まった位置に、決まったタイミングで、決まったところに降ってきて、凄く痛い攻撃を重ねるくらいの簡単なレイドなのですが、当時はめちゃくちゃに難しく感じて、結構な時間をかけたのを覚えています。

そして、そんな4層を越えた先にあったのが邂逅編5層。
みんな大好きツインタニアさんです。
今でも僕はこの初期攻略でのツインタニアさんがFF14のレイドで一番バランス的、難易度的にも良かったと思っております。(ツイスターバグなくなった後の話だけどネ)。
ほぼ毎日、同じメンバーで練習をやって1ヶ月くらいの攻略期間でした。
何度もミスしたツイスターを乗り越え、何匹も倒したドレッドナイトをささっと倒し、ついにツインタニアを倒したあの瞬間は今でも忘れられません。そこから完全にレイド攻略の面白さにハマりました。


大迷宮バハムート:侵攻編の思い出

この侵攻編が実装されたのは2014年3月27日。
侵攻1層のラフレシアに始まり、糞ギミックと名高いルノー散歩の2層。
トップ3に入るクソギミック
(画像引用元:ファミ通様“開発パネル”リポート【FFXIVファンフェスティバル2016 in Tokyo】(1/2)

思えば、この2層攻略記事で【もすぅちゃん日記】を知っていただける方が一気に増えました。
当時、今ほど図解攻略記事ってなかったので、そこが広まったのかも?
この記事以前にもすぅちゃんを知っている人はもすぅちゃんテンパード認定です。

3層ではアトミックマクロゲー。
そして侵攻4層では超ギミックゲー。
「レイドは固定PT推奨」になってしまったのも、ちょうどこのあたりでしたね。
侵攻編は総じてギミックゲームすぎて、好き嫌いがはっきり分かれるレイドになりました。
我が固定PTのメンバー入れ替えがあったりしたのも侵攻編からです。

20161230-2.png
劇毒薬と剛力薬を両手いっぱいに抱え、飲みながら投げまくる日々。
肩こりと頭痛に悩まされつつ朝を迎えながら初クリアしたのはいい思い出です。
毎日レイド練習してましたが、この侵攻4層だけで攻略に1ヶ月掛かりました。
 

大迷宮バハムート:真成編の思い出

2014年10月28日、大迷宮バハムート編が完結となる【大迷宮バハムート:真成編】が実装。
侵攻編の難しさがいたるところで話題になり、その意見が汲まれ、ギミックに偏りすぎない、火力を出すのが大事なレイドとなったのがこの真成編。
また日本のレイド攻略チーム【Lucrezia】がたった5日で世界最速攻略したことが大きな話題にもなりました。
我が固定も侵攻編ほど頭抱えることなく、日々順調に練習が進みました。

大迷宮バハムートは本編、メインストーリーとシナリオがガッツリ絡んでおり、クリアした後のムービーを観るのも楽しみになっていたので、固定メンバー全員が良いモチベーションを維持しながら、無事踏破することができました。



後編はアレキサンダー編へ続く。

大迷宮バハムートの話はこれくらいです。
振り返ると、大迷宮バハムートは気楽にレイド行けてたなぁと思ったりします。
何よりレイド攻略するのには人が必要でしたが、当初どのサーバーでも野良である程度の人数はいたりしました。
CF実装前のレイド入り口前の賑やかさが懐かしいなぁ。


本年もありがとうございました!

さて、最後になりましたが、この記事が今年最後の記事となります。
来年は忙しいので零式のほうのレイド攻略はせず、固定も組まない予定です。
それでは皆さん、良いお年を~!
20161230.jpg

本年もお世話になりました。来年も宜しくお願いします。

本日(8/25)発売されたファミ通、FF14新生3周年記念特集の感想記事。

本日(8/25)発売されたファミ通(2016年9月8日号)の感想記事です。
FF14が新生して3周年記念ということで全21Pの大特集となっております。

そんなFF14大特集のページ構成は
■新生FF14、3年間のアップデート振り返り。
■ファミ通編集部が吉田Pに物申す企画。
■ハウジング女子会。
■開発者からのコメント(あまりPLLで表に出てこない方中心です)
■みながわふみお先生によるお祝いイラスト(まるまる1ページ!)
といった構成。
せっかくなので一つ一つの企画に対しての感想を書いていきたいと思います。

▼続きを読む

【休んで吉P】吉P散歩、リディル村にくるってよ!



今回の吉P散歩でGaiaにくるらしい、とのことで少し沸いているGaiaDC民。
中でも"リディル村"とよばれる我がサーバーは「もうこれは来るでしょう」と、もし来た場合の準備までしている始末なのですが、少し怪しくなってきました。

ファイナルファンタジーXIV: 公式ブログ
ブログで紹介していなかった動画集!より
こんにちは。
プロジェクトマネージャーMです。
既に公開済みのものですが、
ブログでは紹介していなかった動画が何本か
あることに気付いたので、まとめてご紹介します!

<中略>

さてさて、一方
吉田Pはメキシコから帰国後体調を崩し、
本日はとうとう高熱でダウンしてしまいました...
どうなる?
明日の吉P散歩!?
ニコ生視聴ページはコチラ
吉P熱出してた。
いやぁ、だってそりゃこの1ヶ月ほどE3やらサイン会やらメキシコやらあとは講演もあったっけ。
各国飛び回ってそれぞれでインタビュー漬けの毎日。そりゃ体調崩さないほうがおかしいっす…。
ボロボロの吉Pの「吉P散歩」見ても心休まらないので、普通にゆっくり休んで欲しいところ。
放送したら「休め吉P」でコメント埋まりそう。

ほんとに体調直ってからいいです吉P散歩。
そんなに「絶対やらないとだめ」な企画でもないでしょうしね。
気長に待ってます
追記:
ツイッター凍結まだ返事来なくて解除されません…。

追記の追記:


ほんとにリディルに来るのか(驚愕)
ちょっと映りこんできますね。
映りこんでsayで「吉P、クポの実あるよ」って言ってくる。