カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

鯖間移動来てから初零式だけど、どんな感じ?僕はレベリングしたりソロで遊んでる。

-訂正 2019 8/27 -
【鯖間PT募集記事】とタイトルに書いてたけど、よく考えたら
3.5の終盤あたりから鯖間PT募集もう使えてたよね…
【鯖間PT募集】→【鯖間移動】 が正解よね…ボケボケよ…

客観的に観る鯖間移動実装後の野良初零式

鯖間PT募集来てから初零式さて火曜日ですね。ヒカセンにとっての本当の週明けは火曜日です。
今日もあちらこちらのLSから
「魔境だ!」
「消化PTなのに前半超えれねぇ!」
「DPS足りねぇ!」

などの声が聞こえてきますね。
レイドレース踏破の初週と2周目を超えると、
「ちょっと出荷っぽかった人」
「運よくクリアPTに混ざれた人」

って感じの人が紛れてきて、これが週を重ねるごとに
「ほぼ出荷だったけどクリアできちゃった人」
「知り合いのPTに混ぜてもらってなんとなくクリア出来た人」

と、どんどんと練度が下がっていきます。
おそらく今週くらいから本当の野良の辛さが出てくるんじゃないだろうか。
1~2層が特にそういう問題にあたりがちですね。


さて自分自身は今回も野良零式参加予定はないんだけども、

・装備問題(IL430含んでたりする)
・マテリア禁断問題(確定穴にすらマテリアない)
・薬・料理問題(そもそも食べない飲まない)
・そもそも木人割れない人が多い(開放すらしてない)

などなど。…って、いつもどおりやん!

極討滅程度の難易度なら僕も気軽に野良乗り込んだりするんだけど、一人の適当のせいでクリア出来なくなったりするのが零式だから、それがある限り野良はしないかなぁしてもIL制限がだいぶ上がったり、超える力実装されてからかなぁとか。知り合いなら良いんだけどね。

僕、零式中毒だったなぁ…って最近気づいた。

サブタイトル通りなんだけど、零式これだけの期間離れてみると何であんなに零式にこだわっていたのかなぁーと最近よく思うようになった。少なくとも大事な私生活の時間を削ってするものではなかったよね…。
野良はね…特にね…。
サボってる知らない人のために料理・薬を使いまくってる時とかね…闇落ちしてたしね…。
野良でも楽しいPTにあたるといいんだけど、消化目的で周回しだすと、どうしても効率的ではないPTにあたっちゃうとイライラしてしまうからよろしくない…。時間も無駄に取られちゃう感じがするしね。

僕にとっての零式の面白さのピークってどこまでやっても
『知り合い8人でやったバハムート邂逅5層踏破』
であって、新メンバーでやった零式もめちゃくちゃ面白かったけど、やっぱり楽しさの原点は邂逅編にあって、それに気づいてからはだいぶ適度にできるようになったなぁと思ったり。
逆にあのピークがあったからこそ、ここまで楽しんで零式出来たのもあるんだけどもね。

『このシーズンは零式やらない!』
って決めてから、時間ガッツリ出来たから他のジョブで遊んだり、
普段やらなかったギャザクラもしっかりやったり零式以外の楽しさを知れたから良かったなぁとよく思う。
今はホント、零式以外のコンテンツも充実したなぁ。

僕が本来、小説とかノベルゲー、ギャルゲーをひたすら読んでたシナリオ畑にいたような人だから、
FF14のストーリーを純粋にゆっくり楽しめたのが良かった。
漆黒のシナリオはほんとにそれが強く思って、
「レイドがあるから早くメインシナリオ進めないと!」
って焦ってる人が多くて凄くもったいないなぁと思った。
サブクエもジョブクエもロールクエも凝っててな…漆黒シナリオは良いぞ…。

とまぁ、たまにはこんな雑多な記事も書いてみたりした!
ツイッターだと140字にとてもまとまらないしね~。
そういや漆黒シナリオの感想ちゃんとしたの書いてないな!

漆黒のヴィランズを終えて。あの四行詩を振り返る。【前半ネタバレなし、後半あり】

漆黒のヴィランズを終えて -ネタバレなし感想-

いやね、僕サブクエ完全消化まったり進行組だから毎日毎日毎日毎日毎日毎日
「漆黒最高だったー!」とか
「エモエモ…言葉じゃ伝わらないこの思い…うっ…」
「漆黒しんどい…しんどい…」
とか
Twitterとかゲーム内とかでガンガン流れてくるわけで、各方面にアンテナ伸ばしてくるからその流れてくる量が半端なくてね。勝手にガンガン自分の中でハードル上がっていったのよね…。
ハードルが無限にあがってくるのが分かってきてたから途中からTwitterとゲーム内LS遮断してガンガン進めてようやくクリアできたんだけども……。その自分の中で上がりきったハードルを超えてきたよね…。

どこからこの結末を考えていたのか。
どこからこの世界の真実を見据えて構築してきたのか。
どこからこの準備をしていたのか。

根性版と言われる旧FF14から…?
それとも新生版初期にはもう構築し終えていた?
もちろんある程度のプロットは最初から敷かれていただろうけども、
ライター陣もこうなるとは予想していなかったのではないかな、と思う。

今まで歩んできた道の一旦のゴールがこんなところにあったのか…。
そんな感想を抱いた漆黒の結末でした。

ネタバレを伏せるとこれ以上文章を綴れないのでささっとネタバレありで少し綴るよ。




あの四行詩を振り返る ~ ここからネタバレあり ~

と、まぁ上に述べたアンサーとも言うべきのがこの4行詩なのよね。

皆は覚えてるだろうか。
毎年新年になるとロドストに吉Pが挨拶と共に投稿するあの四行詩と言われる謎のポエムを。
覚えてないだろうから2014年の四行詩から少し振り返ろうと思う。

新年のご挨拶 (2014/01/01)

これが2014年。今ならなんとなくわかるんじゃないだろうか。この意味が。
2014年の新生したての頃にこれが出ている。
まあ要するにアシエンとの邂逅というか、ゾディアークとハイデリンとの邂逅というか。
そんな感じだろうか。
どんどんいこう。




新年のご挨拶 (2015/01/01)

2015年。
こちらはパッチ2.5シリーズが出る頃に出たもの。
つまり新生の最後。
あの衝撃のラストを踏まえて考えると色々考察できるけども、
漆黒を踏まえてみるとまた違った味が出てくる気がするよね。


新年のご挨拶(2016/01/01)

そして2016年。
蒼天編のフィナーレに向かって走り出すことになるパッチ3.2前の時点で出たこの四行詩。
今なら全てが理解できるよね、これ。

神話=分かたれる前の原初世界 海=世界
歴史=星暦 十四の海=第1世界から続く14の世界
星=ハイデリン 月=ゾディアーク
幾多の子=主人公、アシエンら、すべてを含めた人?
(ここだけちょっと個人的には納得いってない訳)

翻訳すると

原初世界 その世界には光も闇もなく、ただひとつの世界だった。
星暦が始まるより昔にハイデリンとゾディアークが争い、14の世界になった。
ハイデリンはゾディアークを恐れて、光の戦士を各世界に放ち、
ゾディアークはハイデリンを憎み、彼らを殺す。

となるのかな。いやー漆黒してんねぇ。
てか漆黒じゃん!まだ蒼天のときだぞ!
てかルイゾワの爺ちゃん本当にどこまで知っていたんだ…。
というか神話=原初世界としたら、あの世界はやはり神々の世界よね。
創造の力とかもろね、神だもの。


新年のご挨拶(2017/01/01)

そして2017年は紅蓮前の詩。綴った人が東から伝わった作者不明に変わってるから一気に話が変わってるね。
だから星のどうこうには関係ない詩。
でも、この詩も紅蓮の一連の流れにそった詩になってるのは見事。


新年のご挨拶(2018/01/01)

2018年は紅蓮をリリースした後、パッチ4.2前に出た詩。
作者というかタイトルが「真新しき古の記録より」に変わってますね。
新しいのに古とは?と思ったけどもこれも今なら理解できる。
漆黒クリアした人はわかると思うけど、これ水晶公が残した記録で間違いないよね?
真新しいのに古いの意味は、第8霊災を終え終末に向かう未来の世界で記され、それから過去に渡ったから。

新年のご挨拶(2019/01/01)

そして今年の4行詩。
正直漆黒終えるまでこんな詩のことなんて忘れてたよね。
それがもう、いやもう、ええ、やばい。ええ…。
漆黒を終えてから観るこの記録の威力たるや…。

運命を覆すのは人には無理だとしても、
幾本の奇跡の糸を辿り寄せ、ようやく辿り着いた抗うための力。
水晶公のこれまでの道筋をふまえて読むと涙出てしまうわ。
てかこの「真新しき古の記録より」読みてぇ。
こんなの水晶公ファンブックじゃん…。いやまぁ水晶公じゃないかもしれないけども。




とまぁ、漆黒感想を書く前にこの4行詩について語りたかったの。
鳥肌たったからね。特に2016年の。
いやー、まだまだ語りたりねぇ…。
なので次回記事はもっと感想っぽい感想を書く予定なのでよろしくです。

漆黒のヴィランズへ向けた準備メモ記事を作ってたんだけど全然間に合わなかったら途中で投げ出していい?投げ出した。

記事作ってたんだけど全然間に合わなかったから作成途中で放り投げる記事。

FF14してたらすっかり記事作成途中だったこと忘れててなんかこの明日からメンテ始まるのに今から準備する時間どこにあるねんっていう記事になって破棄するのも勿体無いから放流するところ観てて…。

あと僕の紅蓮最後のレベルもみてて…。
紅蓮最後紅蓮最後2



以下、添削もできていないとりあえず書いた途中記事

ネタバレが凄いことになると思うからSNSもなるべく開けないようにして、とりあえずガンガンメインストーリー&サブクエストを進めていく予定ではあるけどそれ以外のことをまとめておこうと思った記事ダヨ。

レベル上げのための事前準備

①経験値獲得量アップアイテムを確保する。


 ・エーテライトイヤリング : レベル70以下(71まで使える?) : 経験値獲得量+30%
 ・食事 : 経験値獲得量+3%or(4%食もあるが普段取れないイベントアイテムだったりするから僕持ってない)
 ・軍用バトルマニュアル : 経験値獲得量+15% ※カンパニーアクションで代用可能、カンパニーアクションとの重複は不可能
 ・ログアウトはレストボーナスエリアでのログアウトを徹底しボーナスを貯める。

②サブクエストのシステムが変更されている

新エリアのサブクエストはレベルアジェスト(Lv70から)に対応しており、経験値が無駄にならなくなる調整が入るため、がんがんメインストーリーやサブクエストを進めても無駄がない。僕のようにメインストーリーとサブクエストを同時進行する予定の人はチェックだ。

③アイテム、トークン関連

・リテイナー用のベンチャースクリップ : できるだけ確保。初期は山のようにリテイナーが持ってこれる素材を使うのが鉄板なので貯める。
・ギャザラー用のハイコーディアル:できるだけ確保。
・軍票、同盟記章、セントリオ記章、対人戦績、MGP : 新素材、アイテムが追加される可能性が高いため無駄使いしないようにする。
・リーヴ権をカンスト、漆黒始まっても無駄にしないように。









あとがき

ホントはもっといろいろ書いて1週間前に仕上げる予定の記事だったんだけどね、忘れてたね。ごめんね。
漆黒たのしみいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!ひょー!!!!!!!!!!!!

【FF14】光のパパさん3人でラジオしたから聴いて。

人生で初めてラジオというものをやった

FF14ブロガー繋がりで付き合いがあるイシュさんとひよさんが毎週youtubeに
あげているラジオ「君の瞳にファイナルヘブン」にゲスト出演しました。
お題は「子持ちFF14プレイヤーあるある」。

ヒカセンのお父さんという共通の話題で酒を片手に居酒屋のようなノリでだべりましたが、ほんといくらでも喋れるお題だったから喋りやすくて楽しかった~!
また機会があればお呼ばれしたいと思います。