カテゴリ0固定表示スペース

カテゴリ0本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1固定表示スペース

カテゴリ1の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2固定表示スペース

カテゴリ2の本文サンプル
テンプレート使用時に削除してください

ペコろぐ。さんの休止を読んで、FF14攻略ブログの端くれとして思ったこと。

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します!



……をこちらで書き損ねて、もう2月になろうとしてますね。
あっという間すぎる…。育児凄まじい…。もう10ヶ月になりました…。夜泣き凄い…。

今回の更新内容は長らくFF14レイドの攻略ブログとして長年、第一線を走り続けてきた、
ペコろぐ。』さんがFF14休止宣言をご自身のブログで宣言されていたので、これを受けての記事となります。

最大限の感謝を ペコろぐ。+1
絶バハをクリアしました!!!!!
ありがとうございました!!!!!!

クリアしたのは10日ほど前の深夜。10月の終わり頃から始めて約3ヶ月近く、ほぼ毎日挑戦し続けました。途中、メンバーが抜けざるを得ない状況があったり、色々アクシデントもありましたが、なんとか、なんとか!4.2前に終わることが出来ました。本当にありがとうございました。

<中略>

これを機にFF14は休止します。あまり引退という言い方は好きではないので休止という言葉に留めていますが、恐らくそのような状態になると思います。
まず絶バハ攻略おめでとうございます!
僕自身もレイド攻略中やこのブログでの攻略記事作成時の細かい点などを参考にさせて頂き、大変お世話になりました。
ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


休止の原因は内容を読んで頂くとよくわかるのですが、
1.長く続けてきた固定が解散した
2.ボイスチャット(VC)に対応出来ない歯がゆさ

が主だった決め手と書かれております。どちらも共感できる理由で仕方のないことだと思いました。

経験したことがある方はよくわかると思いますが『固定の解散』というのはFF14レイド攻略において全てと言っても過言でもないほどモチベーションに直結する事柄です。僕自身、レイド攻略はソロだと続けていなかったと思います。

2点目のボイスチャットが出来ない歯がゆさ。
こちらはプレイ環境やプレイスタイルによって出来ない人は多いと思います。
絶ほどの連携が必要なコンテンツになれば、もはや必須レベルになると思いますし。
ボイスチャット出来る人は「そんなこと気にしなくていい~」って思うのですが、
いざ自分がそういう立場になると凄く気にしてしまう問題でもありますね。
というか、何より今までVCなしで攻略してたのに驚きですw

あとは『絶バハ』というコンテンツが良い区切りになったから、というのも大きいかと思います。
僕の周りもこれを機に休止に入った人が多いですね。
新生当初、邂逅編の『大迷宮バハムート』から続けてきた人ほどそうなのかも。
それに攻略ブログ書くこと自体、モチベーションないと難しいものですしね。
ペコろぐ。さんほどの有名な攻略記事になると作成はもちろん、コメントを受けての修正対応等も大変そうです。


FF14新生黎明期からの攻略ブログとして同じように後ろで走っていたので、
なんとも感慨深いものを勝手に感じてしまったのでこうして記事にしてみました。
本当にお疲れ様でした。

これは余談ですが、記事最後の
「それではモンハンへ…」
というので〆るのが、なんともペコろぐ。さんらしいなぁと思ったりしますw
モンハン楽しい!



さてFF14では本日がパッチ4.2実装日ですね。
ケフカがいたり、魔列車がいたりと、FF6色が濃いパッチバージョンとなっております。
個人的には真っ先にデスクローに摘まれた後、おかっぱララフェルになりたいです。
メインクエストくらいは進められたらなぁ…。

「ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆」読後感想。

FF14が2017年6月9日、初ライトノベル化されました。
著者は藤原 祐さん、イラストはいとう のいぢさん。
どちらの方も個人的にTwitterでフォロー&フォロワーの関係で、
恐れ多いことにお話する機会があるので、
「ぜひとも感想を伝えねば!」
という意味でも今回の記事を書かせて頂いた次第です。

藤原 祐さんはレイド攻略の固定PTを持っていて、零式攻略を終えてるほどのFF14プレイヤーさんです。
僕のこのブログもパッチ2.x時代にありがたいことに観て頂いたことがあるようで(主に竜騎士記事関連で)、そんなこんなで付き合いがあったりします。

いとう のいぢさんはアニメ・漫画等のオタク界隈では知らない人はいないであろう有名イラストレーターさんですが、
TwitterでFF14専用アカウントを作成されていて、
そちらでFF14プレイでキャッキャウフフしてるSSやユーザーイベントに参加されていたりするSSをよく上げてらっしゃいます。
紅蓮のリベレーターもアーリーアクセス登録済だそうで、やる気満々!

「FF14 きみの傷とぼくらの絆」まずネタバレなしで読後感想。


ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~ (電撃文庫)
(Amazon直リンク)

さて、本題の読後感想です。
まずはネタバレなしで。

あらすじとしては、
FF14プレイヤーの主人公がヒロインと出会って、
手を引きあい、共に歩いて行く、よくあるボーイ・ミーツ・ガール物です。

さて、感想を述べていく前に注意することがあります。
こちらの作品はあくまで
『FF14プレイヤーによるFF14プレイヤーのためのFF14ライトノベル』です。
なので、FF14をプレイしていないとわからない用語が普通に使われています。
せめて、ファイナルファンタジーシリーズやオンラインゲームに触れたことがない人には良く分からない表現が多々あるのを念頭に置いておいたほうが良いと思いました。

そして、逆に言えばFF14をプレイしたことのある、もしくはしているプレイヤーにとっては、
とても読みやすい、とっつきやすい小説となっています。


「デジョン」「でぶチョコボ」とか「リーヴ」とか馴染みのある用語が普通に使われているので、
その描写されている光景がすぐ頭に浮かんできます。
語彙力ない表現をしますと「これ以上ないFF14ライトノベルだ…!」っていうのが読み初めの感想。

物語はFF14プレイヤーであるリアルの主人公視点と、
FF14プレイ中のキャラクター視点を交互に挟みつつ進行していきます。
「.hack(ドットハック)っぽい」と言ったら、知ってる人には伝わりやすいかもしれませんね。
最近では「光のお父さん」のドラマ化された話が一番近いように思いました。
それをライトノベル化したみたいな雰囲気です。


ゲームの中でヒロインと出会って、仲を深めていく主人公。
またヒロインもこの出会いを通して次第に変わっていくんですが、
このヒロインがまた可愛らしいミコッテです。
のいぢさんのイラストがとてもキュート。
このヒロインも最初は色々と謎が多い人物で、どういった人物なのだろうと、
読み進める毎に引き込まれていきました。

あと『FF14あるある』が数多く出てくるので、
思わず笑っちゃう場面とかもありました。



後半はこのヒロインのFF14にかける想いと、主人公のヒロインを支える強さに思わず涙が。
最近、涙もろくてダメですね。


2時間程度で読み終わりましたが、とても有意義な2時間でした。
ありがとうございます。楽しく読ませていただきました。




さて、ここからネタバレありの感想を少し述べて〆ます。

▼続きを読む

[お詫び]新マウント「パンダ」実装されるらしいゾ!![4/1記事]

この記事を2017年4月1日、エイプリルフール記事として作成したのですが、
なんと本当にパンダマウントが実装されるらしい…!
パンダマウント

▼動画はこちら

動画はツイッターで中国版PLL内容を切り取って流していただいてる方から引用



ただし中国版FF14での事なので、
日本での実装は来るとしてもしばらく先になりそうだ。
だが、ほぼ来ることはほぼ確実といってイイと思うので、
楽しみにして首を長くして待ちたいと思う。






[※そんな訳でお察しの通りエイプリルフール記事でした!記念にそのまま残しておきますね]


ようやく、この時が来たらしい。


2016年5月31日にミニオンパンダが実装されて、


あのミニオンパンダ記事を書いてから、もうすぐ1年。


いつか来る…いつか来ると願い続けてついに来た。




パンダマウント!




実装されて、すぐ取得したのでぜひともご覧頂きたい。

パンダマウント2


ミニオンパンダと同時に出せる神オプション付きだ…!

修正

しかも、鳴き声で僕の名前が叫ばれていて、
これはもう運命としか言えない感じになってる。


ぜひとも皆もパンダマウントを
ゲットしてほしい!

サーバー移転しました!移転先サーバーはこちら!

さて、先日に占い屋ふぁいなんさんにお邪魔しました記事を書かせてもらったのですが、
ありがたいことに最近、いろいろなサーバーにご招待を頂きます。

各地でリディル以外のサーバーの雰囲気を実際にみさせてもらった時から、
実は少し考えていることがありました。

4.0を機に心機一転サーバー移動というのをすることにしました。
固定も抜けてLS活動もなくなった身軽な今くらいしかタイミングないということで…!


根性版時代からリディルサーバーにいたので5年間ほどいたことになるのです。
ですが、やはり5年もいると誰も彼も知った顔で気楽ではあるのですが、
新鮮味が欲しいなと思うこともありました。

なので移転を決意しました。

ffxiv_20170521_221649-min.png
ばいばい、リディルサーバー!
お世話になりました…!
リディルで過去に”ララフェル階段”とも言われた思い出の場所で撮影してログアウトしました。
ここで色んな出会いがあったなぁ…。
リディルのみんな、ありがとう!またね!


さて早速新しいサーバーですが…
Valefor(ヴァルファーレ)サーバーに決定!
ffxiv_20170521_235846-min.png
ffxiv_20170522_005910-min.png
リディルよりも村っぽいと聞いて気になってました…!
てことで、ヴァルファーレ鯖の皆様、
ミニオンパンダ大好きララフェルのもすぅちゃんをどうぞよろしくお願いします。
(ちなみにキャラ名は【Mosu Mosu】です!)