5分で読めるver5.0「漆黒のヴィランズ」第51回PLLまとめ。

2019年5月24日の今日、第51回PLLが配信され、ついにver5.0「漆黒のヴィランズ」の情報が沢山出てきました。
各大手メディア等では数ページに渡って画像つきで詳細に語られているので、僕のブログではとにかく簡易にまとめました。あとはおすすめリンク先も貼っていきます。
メモ書き:FF14の今後スケジュール
5月27日(月) FF15コラボ終了
6月11日(火) Square Enix Live E3 2019 10:00~
6月15日(土) 第52回PLL。LAから 7:00~
6月19日(水) アレンジアルバム第3弾
6月21日(金) 映画『光のお父さん』放映開始
6月28日(金) ver5.0「漆黒のヴィランズ」アーリーアクセス開始
7月 2日(火) ver5.0「漆黒のヴィランズ」正式サービス開始

3分で読めるver5.0「漆黒のヴィランズ」第51回PLLまとめ。

■今回の第51回PLL関連のリンク先
漆黒のヴィランズ ベンチマーク (Windows)が発表。
5.0ベンチマークトレーラー動画
第51回FFXIVプロデューサーレターLIVE(ニコニコ動画のタイムシフト)
第62回プロデューサーレター(公式フォーラムで第51回PLL前に投函された5.0情報)
FF14 【PLL51回】翻訳を出来るだけカットしてなるべくまとめたPLL 【前半】
FF14 【PLL51回】翻訳を出来るだけカットしてなるべくまとめたPLL 【後半】
 Loki Yamato ちゃんねる様ヨリ。翻訳込みだと凄い長い放送時間なので助かります。
今回はバトルシステムとジョブ関連の調整を中心に放送されました。

■これまでに発表されたver5.0「漆黒のヴィランズ」のおさらい。
「漆黒のヴィランズ」:アーリーアクセス開始日:2019年6月28日
 正式サービス開始日:2019年7月2日
 定価:4,200円+税(CE版:19,800円)  対応機種:PC / PS4
・大規模な6つの新エリア追加
・新たなジョブ ガンブレイカー(タンク)、踊り子(レンジ)追加
・レベルキャップ解放 70→80に。
・新たな高難易度レイド(希望の園 エデン)
・新たなアライアンスレイド(ニーアコラボ)
・ギャザクラエンドコンテンツ(イシュガルド復興)

■FATEシステムの変更
・FATE=レベリングに使うもの、ではなくなる。
FATEを攻略すると専用のトークンが貰え、各地の専用ショップでアイテム交換が可能。
・攻略が進むと、各地のアイテムも増えていく。メインシナリオには関係なし。

■サブクエストシステムの変更
・新エリアサブクエストはレベルアジェストに対応。経験値が無駄にならなくなる調整。
・Lv70から対応しているので、サブジョブのレベリングに使える。

■ロールクエスト(ver5.0新要素)
・闇の戦士と言われていた第一世界の英雄たちの足跡を追うストーリー。
・メインクエストの為、4ロール(タンク、ヒーラー、近接、遠隔)のうち、どれか1ロール攻略が必要となる。

■大工房クエスト(ギャザラー・クラフター系)
・5系統の新たなクラスクエストを実装
・クラフター3系統(金属系/非金属系/食品)、ギャザラー2系統(資源系/魚系)
・大工房ミーン工芸館発展(5.0初出の単語)の物語を通じてレベリングを行う。
・お得意様クエストを使った内容になっている。(クエストに必要なアイテムはその場で入手可能)

■各種ユーザーインターフェースを充実
・スキン変更が可能に。ダークスキン(デフォルト)、ライトスキン。変更には一度ログアウトが必要。今後スキンは増やしていく。
・クロスワールドLSが8チャンネルまで対応
・ターゲット情報のHPが0.1%単位で表示
・パーティリスト情報のアップデート、HPが満タンかどうかが一目で分かるようになっている等
・ハウジング:設置プレビュー機能(「実装されている全ての家具が可能)

■バトルバランスの調整 新システム『チャージアクションシステム』ユーザビリティ向上のための新システム
・アクションのリキャストをチャージ(溜める)システム。
・対象アクションには「最大チャージ数」が設定される。(羅刹、活殺などの移動スキル等が対象)
・チャージされた回数分、任意のタイミングで使用可能。バトルに入らなくてもスタックしていく。

■バトルバランスの調整 『詠唱中断システム』
・PvEの「沈黙」を明確にシステム化、敵の詠唱を中断させるためだけのシステム。
・中断可能アクションの視認性向上。
・タンクと遠隔物理DPSのロールアクションとして実装。
・敵の詠唱バーの形で中断できるかどうかわかるようになる。

■ロールアクションの選択式を廃止
・選択式でなくなり、該当レベルで自動的に習得して使用可能となる。

■MT/TPシステムの変更
・MPは最大値を1万に固定/TPは廃止され、TPがMPに統合。
・ステータス「信仰」の効果が変更。MP回復速度UP

■メインパラメータとマテリアシステムの変更
・全アクセサリの性能を変更。タンクはSTR付与、それ以外のジョブはVIT付与となる。
・STRやVITのマテリアは装着不可に変更。
・すでに装着済みのメインパラメータマテリアは効果が0になる。
・メインパラメータマテリアは排出停止。(さよならメインステマテリア…)

・週制限トークン装備/零式装備は、アクセサリと帯防具もマテリアスロットが確定2穴。
・この調整によりクラフター装備より週制限トークン装備/零式装備が明確に強くなる。

■ペットシステムの変更 / ペットの管理や操作性の見直し
・ペットは敵の攻撃やPCアクションの対象にならないようになる=実質無敵。
・ペットアクションをEXホットバーから削除。プレイヤーアクションで発動する様に変更。
・タイタン・エギおよびカーバンクル・トパーズのアクション性能を見直し。
・召喚中のペットに関わらず、共通の指示アクションを使えば、ペットのアクションが発動する=操作がほぼ必要なくなる。

■UIを目的としたその他変更
・各種バトル計算式を調整・変更(5月29日に各メディア媒体にて情報解禁)
・ダンジョンでのチェインボーナスを廃止。経験値均一化、モンスターにチェインボーナス分を上乗せ。
・ダメージ上限引き上げ(999,999→9,999,999)
・パーティボーナスの変更(ロール数に応じて可変)
・LBゲージのファインプレーボーナスが減少。
・HPバリア量がパーティリストへと反映、可視化。

■もちろん6.0予定してる。
・6.0はやりますよ。 
・ダメージ上限は将来的(6.0あたり?)にインフレ対策を実施。

ジョブバランス関連

■ジョブアクション動画
【FF14 PLL抜粋】漆黒のヴィランズ ジョブアクション【吉田P解説付き】
Loki Yamato ちゃんねる様より。

■ジョブシナジー(ジョブごとの相乗効果)について調整
・全体的にジョブ間シナジーの効果を減少。特定ジョブ必須にならないようにする方向性。
・斬/打/突耐性デバフ等の体制低下デバフは全削除。ともなって該当するシナジーアクションが廃止や見直し。
・踊り子はシナジー特化…というよりバッファージョブ。ただし踊り子必須にはならない調整。

■タンクロールの調整
・新ジョブを含めた4ジョブともMT/ST両対応に。
・下記3つのバフは全タンクがもっている
 パーティ全体に対する防御バフ / ST時、MTに対する支援バフ / 自身への短時間防御バフ
・攻撃スタンス廃止。タンクスタンスON/OFFのみ。
・タンクスタンスは敵視上昇の効果のみ。どの攻撃でも敵視が上昇。MTはONのままで大丈夫。
・被ダメ軽減は特性に変更。攻撃力ダウン/被ダメージ軽減/最大HP上昇などの効果削除。
・特性「タンクマスタリー」を実装、これにより常に自身への被ダメージを20%減少、固有の計算補正を発生。
・敵視上昇の為のコンボを廃止。MT/ST時にスキル回しが変わらなくなる。
□ナイト
忠義剣なくなったけどプレイ感は変わっていない。
ハルオは無くなってはいないが、上位スキルが来たらそちらのローテになるかも。
シェルトロンは一定時間効果に。
□戦士
デストなくなったがプレイ感は変わっていない。
ウォークライで原初の混沌が付与、これを使う技が4タンク中1番強い。
□暗黒
ダークアーツが無くなったので操作感はだいぶ変わる。
PT全体への防御バフを所持している。
内なる暗黒を引き出して戦わせる。フレイ召喚。
□ガンブレイカー
コンボルートがどんどん変わっていくというジョブ、遊び心地が他のタンクと全く違う。
突進技・無敵・自己リジェネあり。やればやるほど味が出てくるスルメジョブ。

■ヒーラーの調整
・3ジョブ横並びのバランスにするのを徹底している。
・プロテス削除。3ジョブに足りないところを補うものを追加。
□白魔道士
ヒーリングリリーを消費するときに新たなブラックリリーが成長し、強力な攻撃魔法が使えるようになる。
リリーは時間経過で咲く。インスタンスヒールを大幅強化。
□学者
ペットの挙動変更、癒し連打の廃止。
ダイレクトヒールとバリアのバランスを調整。
セレネとエオスの能力が同じに。好きな方使おう。
フェアリーより強力なセラフィムを一定時間召喚可能になる。
□占星術士
カードが大きく変わっている。全て与ダメ上昇になった。役割や誰に付与するかという遊びはある。
ドローとプレイのリキャストを分けたので噛み合って無駄になることはなくなる
両方のスタンスとも調整。一定時間両方のスタンスを使えるアクションもある。

■DPSの調整
・モンク/竜騎士/忍者/侍/黒魔道士/赤魔道士 そのまま進化したような調整
□モンク
迅雷4解放。疾風落とさず維持する構え等実装。
□竜騎士
ヘビィ、インパの突耐性デバフ廃止でローテが簡単に。使いやすさ向上させた。
ミラージュダイブは発動条件変更。ジャンプ爆速に。
□侍
葉隠れが無くなり、乱れ雪月花の回数が増える調整。
□忍者
敵視操作アクションが廃止。
特定の状況下でつかえる上位忍術が追加。影分身あり。
□黒魔道士
アンブラルソウル、アブラルブリザードを維持できる。アストラルファイアの時間が延長。UB状態で押すとスタックが増える。
単体フレア追加等、最上位魔法の追加。
MP0からブリザド3を打てる。
マナシフト廃止。
□赤魔道士
インスタントで打てるアクションが1つ追加。
デプラスマンとリキャストを共有するその場で殴る技追加(落下対策)。

・吟遊詩人/機工士/召喚士 再構築。
□機工士
ほぼ新ジョブになった。ぜひ動画を一見。そして簡単な操作なジョブに調整。ガウスバレルと特殊弾は廃止。
ヒートゲージやバッテリーゲージを貯めてロボット召喚。
□召喚士
ルインジャが使用可能になるのはペットがアクションしたとき。自分でコントロールしやすくなった。
エーテルフローを最大まで溜めてスタートするというのも無くなった。
サモンがすべてインスタントになった。状況にあわせてエギをどんどん切り替える戦い方に。
バハムートが呼べないときはフェニックスを呼んだり。
□詩人
問題点を解消して遊びやすく調整。戦歌からクリUP削除。
ソウルボイスゲージが追加され貯まったときにそれを使ってさらに強力なアクションを打てるように。

□踊り子
正統派バッファー。ダンス、ステップがコンセプト。(ダンス)パートナーを組む、という新しい仕組み。
二人でバフアップしながら、相手の行動によってさらにゲージが貯まる。
自分にかかったバフはパートナーにもかかる。
2ステップからなるスタンダートステップと、4ステップからなるテクニカルステップがある。
ステップに入るとステップしかできない。ステップは忍者の印のような感じ。ステップは徐々に早くなる。
踏むステップでバフがかかる。
パートナーがアクションに成功するとエスプリゲージが貯まっていく
これを消費して剣の舞いのような強力な技を使う


◆残った発表は
・E3(6月11日(火) Square Enix Live E3 2019 10:00~)
・次回PLL52回LAから(6月15(土) 7:00~)で
・バトルチャレンジでティターニア戦!

◆オーケストラコンサート Eorzean シンフォニー開催決定
・2019年9月21,22日 パシフィコ横浜
・チケットは6月下旬発売
・紅蓮の曲がある
関連記事

3分で読めるパッチ4.5part1、part2、バージョン5.0圧縮まとめ。

メモ:FF14今後のイベント・予定等

・12月17日17時頃から12/31まで:星芒祭。
PLL(パッチ4.5特集パート2):2018年12月21日(金)20:00頃から
日本ファンフェス(in幕張メッセ)コスプレコンテストのエントリー開始:12月26日(水)17時頃から。
ローソン「からあげクン」コラボ:2019 年1 月 22 日(火)から数量限定で発売。
欧州ファンフェス:2019 年2月3日
日本ファンフェス(in幕張メッセ):2019年3月23日(土)/ 3月24日(日)




最低限の情報をとにかくシンプルにまとめました。
追記12月13日:パッチ4.5「英雄への鎮魂歌」特設サイト公開

この記事を僕がたどたどしく読み上げた動画はこちら▼


さらっとテキストを読みたい方は以下から。

パッチ4.5 英雄への鎮魂歌part1、part2

2018年12月中「第48回PLL」予定:ここで直前情報がバーって出そう。
Part.1:2019年1月上旬
青魔道士実装:リミテッドジョブ(ソロプレイ用ジョブ)として実装。めっちゃ楽しみ。

▲公開された青魔道士紹介動画。

 マスクカーニバル:レベル50以上の青魔道士&ソロプレイ専用コンテンツ実装。ウルダハに闘技場が出来る。
 突入できないコンテンツがある。コンテンツファインダー使用は不可能。PT組んだ状態では可能。
 獣使いやからくり士のようなジョブが今後実装される可能性も?
・メインクエスト追加:5.0へと続く話。
・四聖獣奇譚 完結編 :青龍征魂戦。次回のPLLで、青龍征魂戦を実機で紹介する予定。“極”も用意されている。
・インスタンスダンジョン1つ追加:境界戦線ギムリトダーク(メインストーリー絡み)。
・アライアンスレイド:楽欲(ぎょうよく)の僧院オーボンヌ(リターン・トゥ・イヴァリース最終章 )追加。
・ゴールドソーサー新コンテンツ:新GATE「出撃!エアフォースパイロット」エアフォースに乗って敵を撃つゲーム。次回PLLで。
・ゴールドソーサー景品なども追加予定。
・PvP ライバルウィングズ:ヒドゥンゴージ(機工戦)ライバルウィングズの第2弾となるコンテンツを追加。
・お得意様取引に4人目が登場する。
・絶シリーズは5.0以降に。5.1実装予定?

Part.2:2019年3月下旬
禁断の地エウレカ:ヒュダトス編 シリーズのファイナル実装となる。
 シナリオクリア後に開放される。
 高難易度多人数コンテンツが実装(パブリックID型とかなんとか)

パッチ4.5x
ヒルディブランド外伝 紅蓮編追加。


パッチ4.55以降(5.0実装まで)
★ワールド間テレポ実装
 同一データセンター内の別ワールドへ移動可能。
 ウルダハ・リムサ・グリダニアのエーテライトから移動する。
 別ワールドでずっとプレイ可能、ログアウトしても元ワールドに強制送還などはない。
▼別ワールドでは出来ないこと。
 マーケットは購入可、出品不可。
 この措置によって生じる不利益を救済する策を用意している。
 FCチャット可能、クロスLSチャット可能、LSチャット不可能(将来的には出来るようになるかも?)。
 FC勧誘不可、FCアクション付与も不可。
 土地・ハウスは購入不可。(ハウジングエリアには入れる)
 エターナルセレモニー(エタバン)の実施/予約/出席も行えない。
 リテイナーの呼び出し・雇用。
 モグレター。
 未知・伝説の採集。
 ジャンボくじテンダー、Lovm、トリプルトライアド大会は参加不可。

新拡張パッケージ5.0『漆黒のヴィランズ』2019年初夏(6、7月頃予定) 発売!!


▲5.0トレーラー公開。

・メインストーリー追加。vsガレマール帝国。
・新たなエリア追加。RPG1本並。
・レベルキャップ開放:レベル上限が80に。全てのジョブに新アクションが追加。
・新たな複数のジョブが追加:青魔道士(パッチ4.5で先行実装)、ガンブレード?(トレーラーでサンクレッドが装備している?)
・新たな種族:ヴィエラ族?(バックスバニーをTシャツを着た吉Pが登壇。そこからの連想。あくまで予想)。ヒントはパッチ4.5追加されるコンテンツのリターン・トゥ・イヴァリースにあるかも?
・新たなインスタンスダンジョンが9つ追加。
・新たなアライアンスレイドが追加。
・新たな高難易度レイドが追加。
・新たな蛮族・蛮神。“ン・モウ族”追加。
・新NPCシステム「フェイス」:メイン内の全IDはNPC達と共にソロでプレイ可能になる。
・イシュガルド復興:クラフター&ギャザラー向けのエンドコンテンツ。ワールドで唯一なんたら、みたいな話あったから難易度高そう。
・新クラフト品多数追加。
・漁師専用のコンテンツが実装。
・農場のような遊びが登場する。
・バトルシステムのメンテナンス:アクションが増えるので全アクションすべて整理される。
・TPが廃止されMPに統合される。
・バリアが発生するヒールアクションは、UIでバリアの量が分かるようになる。
・強くてニューゲーム:現在のレベルで過去のメインストーリーやジョブクエストを遊べるシステム。
・北米と欧州にDC追加&北米と欧州ワールドグループ再編成。




画像等より詳しく知りたいなら下記のメディア記事へ。
メディアの記事:5.0新情報はだいたいこの2つ▼観ておけば大丈夫。
『FF14』新拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』発表! 青魔道士が発表された基調講演まとめ[電撃PS]
『FFXIV』拡張パッケージ第3弾『漆黒のヴィランズ』基調講演と新ジョブ“青魔道士”の詳細をリポート![ファミ通]

パッチ4.5メディア記事はこちら▼がおすすめ。
『FFXIV』青魔道士実装のパッチ4.5は“英雄への鎮魂歌”! 第47回プロデューサーレターLIVE(1/2)

リンク辿っていけばより内容に突っ込んだインタビュー記事とかもある。
この下記の記事▼が講演よりもう少し踏み込んだ内容で面白かった。
【『FFXIV』北米ファンフェス】吉田直樹氏が海外メディアの質問に答えるカンファレンス【電撃PS】
『FFXIV』ファンフェス初日を終えたばかりの吉田Pと横澤氏にインタビュー。緊張知らずのふたりの秘密に迫る![ファミ通]
関連記事

忙しい人のためのPLLまとめ【パッチ3.5情報Part2】

前回のPLL【忙しい人のためのPLLまとめ【パッチ3.5情報Part1】】に続いてパッチ3.5パート2のPLLが午前10:30から基調講演の後、14時より開始されました。
この記事では【PLLパッチ3.5情報Part2】内容についてまとめてみます。

一撃確殺SS日記の”光のお父さん”がテレビドラマ化決定!

ファンフェス2016PLL-1
皆ご存知、一撃確殺SS日記の「光のお父さん」がなんとドラマ化。
光のぴぃさん、という新記事でドラマ化が進んでいることは知ってましたが、こんなに早くに放送するとはびっくりです。


パッチ3.5「宿命の果て」パート1 リリース日 2017年1月17日に決定。

ファンフェス2016PLL-117
パッチ3.5、リリース日決定しました。
パート2実装は3月予定。


ハウジング関連

ファンフェス2016PLL-2
・パイッサハウス実機画像紹介
ファンフェス2016PLL-3
・絵画実機画像紹介
・オヤジウオ実機画像紹介


ズルワーン戦実機動画紹介

ファンフェス2016PLL-4
PLLズルワーン01
PLLズルワーン02
・ズルワーン戦 実機動画紹介
足場がなくなっていく。
今回も落ちるっぽい。
今回のテーマは「花いちもんめ」らしい。

マハシリーズ完結編 アライアンスレイド「影の国ダン・スカー」

PLLダンスカ01
PLLダンスカ02
PLLダンスカ03
最初から柵がなく落ちますが、蘇生は可能。
難易度は従来のマハくらい。

新たなリニューアル版「雲海探索」はパッチ3.5パート2で実装

・現在のディアデム諸島で入手可能な素材などは別の場所で入手可能となる。
・アインハルト家からの探索依頼により探索に向かう。
・風脈は全て開放されており、最初からフライング可能。
・アインハルト家から常に探索目標が提示される。
・探索が完了すると次の探索目標が指示される。
・全探索を完了すると規定の報酬が支払われる。

◆報酬
・報酬は個人毎にもらえる「ロックボックス」
・「ロックボックス」をNPCに解錠してもらうと装備かスポイルが得られる。
・装備を入手する際にパラメータがランダム生成される。
・探索任務完了時に渡される報酬は個人ドロップになる。
・モンスター討伐時に宝箱が出現することがある。
・ILは「結構高い」「サブジョブの装備」や「メインの足りない箇所に」。(IL265あたりか?)

◆変則要素

・突発的に発生するバトルイベントが多数存在する。
・一定条件が揃うと特定場所で特別レイドが発生。
・レイドは、最低4PTいないとクリアは難しい。
・シャウトで呼びかける必要があるほどなので、みなさんで探ってください。


シーズナルイベントのチラ見せ

PLLシーズナルイベント01
PLLシーズナルイベント02
・あの3人歌姫イベントの続編?
・新エモーションあり
・イベント日はまだ未定

牙狼-GARO- コラボイベント開催決定

PLLシーズナルイベント03
PLLシーズナルイベント04
・PvPトークン「戦績」やゴールドソーサーの「MGP」で装備などが交換可能となる。
・装備は全ジョブ分を用意している。
・PvPで入手できる装備は染色可能。ゴールドソーサーのは染色不可能。
・マウントはアチーブメントで入手可能となる。
・このタイミング(パッチ3.5)でナイトの盾が透明になるアイテムが追加される。
・牙狼コラボのナイト武器には「鞘」が実装となる。
・実装はパッチ3.5のリリースタイミングから同時開始。
関連記事

【FF14東京ファンフェス2016】パッチ4.0の新ジョブ、新レイド、新蛮神情報まとめ

2016年12月24日に行われた日本ファンフェスティバルにて、様々な新情報が公開されました。
この記事では、午前10:30から基調講演の内容についてまとめてみます。

新ジョブ情報

ファンフェス2016-1
■新ジョブは刺剣と魔法で戦う『赤魔導士』
ロール:遠隔魔法DPS / メインパラメーター:秘密。
武器:レイピア+魔法のクリスタル /
対応クラス:無し / 初期レベル50予定/ジョブ専用装備はレベル70から装備可能。
新しくスタートするユーザーもレベル50になればすぐに転職可能。

赤魔導士の戦闘概要
赤魔導士の戦闘は基本「魔法による遠隔攻撃」となる。
使う魔法は『白魔法&黒魔法から生まれた赤魔法』。
魔法以外にもレイピアによる近接攻撃を使用し、敵との距離を詰めれるアクションもあり。
「連続魔」というシステムで魔力を貯め、強力な攻撃を繰り出すジョブとなる。

今回の新ジョブ発表はとりあえず「赤魔導士」のみ。

前回の放送『忙しい人のためのFAN FESTIVAL 2016新情報まとめ。in ラスベガス』でも触れられた部分の詳細。

・4.0バトルシステムの変更について少しだけ。現状の複雑化した操作を整える。
バフアイコンを見るのではなく視覚的にわかりやすく、専用のゲージなどを用意してわかりやすく変化。

・所持品容量の大量増加
サーバーの容量を取るので拡張後もしかすると二段階に分けて増量するかもしれない。

第四のハウジングエリア

実装は決まっているが、まだ秘密。


新アクション「水中アクション」追加。

ファンフェス2016-2
●『泳ぐ』のシステム詳細
・蒼天のイシュガルドでは空を飛べるアクションが追加されたが、紅蓮のリベレーターでは水中での行動が可能となる。
・海に入り泳いだり、潜水したりできる。
・泳げる場所と泳げない場所がある。
・泳ぎ可能の場所に侵入すると自動で泳ぐ。
・通常泳ぎは平泳ぎ スプリントでクロール。
・フライングマウントのみ水上を移動できる。
・新生エリアにも泳げる場所がある
・地上よりも移動速度がやや落ちる。
・水泳中にバトルは出来ない。
・Dotを受けたまま泳いで死ぬと泳ぎ時専用の死にモーションがある。
・ローディング無しで水中移動へ切り替え可能。

●『潜水』のシステム詳細
・潜水できる場所と出来ない場所がある
・泳ぎからローディング無しで潜水可能
・魔法により潜水中は呼吸ができる
・フライングマウントは全て潜水可能
・泳ぎは3.0エリアでも出来るが潜水は4.0エリアのみ
・潜水中にバトルはできない
・NPCとの会話や採取は可能
・新たなギャザリングが可能(特に漁師)
・特定のクエストクリアで潜水可能になる。

新たな蛮族「アナンタ族」

ファンフェス2016-3
ラミアのような見た目(腰から上は人。下は蛇のような)
アラミゴ周辺の辺境に住む蛮族
女性のみで構成されている
ガルマール帝国の迫害を受けている
アラグ帝国以前から続く種族
魔法を使い、美しい装飾品を作ることができる

●アナンタ族の神「美神ラクシュミ」
ファンフェス2016-4
女神 多分戦うことになりそう?

4.0メインテーマは植松さん。

「蒼天のイシュガルド」に続き「紅蓮のリベレーター」のメインテーマも植松さんが作成中。
勇ましくメロデイは感動的な物にしたいとのこと。

新たなレイドダンジョン『次元の狭間 オメガ』

ファンフェス2016-5
・オメガはパッチ3.5のシナリオにも絡んでくる。

新たなアライアンスレイド『RETURN to IVALICE』

ファンフェス2016-6
・クリタワ・マハに続く24人レイド。
・新たな試みとして日本を代表するクリエイターを招き制作した。
・松野泰己氏がシナリオ、脚本全てを担当。
・雨宮慶太氏がボスデザインを担当。
・FFTやFF12をプレイしていなくても楽しめるように作っているが、プレイしていた人だからこそ楽しめる要素もある。

紅蓮のリベレーターのコレクターズエディションが公開

ファンフェス2016-7
天野喜孝氏書き下ろしイラストBOX
「ゼノス」ハイクオリティフィギュア
「ビジュアルアートブック」
布製のエオルゼア全図
「紅蓮のリベレーター」ロゴステッカー
ファンフェス2016-8
マウント「シルドラ」(下画像)
ファンフェス2016-9
ミニオン「バッツ」
赤魔道士武器「チキンナイフ」が付属

「紅蓮のリベレーター」の発売日は2017年6月20日予定

ファンフェス2016-10
2017/1/24予約受付開始。

次のファンフェスティバルの舞台はフランクフルト
更なる新しい情報は2017年2月18日公開予定 ▼続きを読む
関連記事