【第3回】FF14をプレイしているVtuberを勝手に紹介する。

前回の記事、"【第2回】FF14をプレイしているVtuberを勝手に紹介する。"の後に新パッケージ漆黒のヴィランズが来て、そこから配信でFF14するVtuberがもうめっちゃくちゃ増えました。
めっちゃ!すごく!たくさん!!!

一時リストにしてたんだけども、それすら管理できなくなるほど増えたので落ち着くのを待ってたら半年以上という長い時が過ぎました。漆黒のヴィランズが神すぎたんだ…仕方ないね…!

漆黒のあとに、がーっと増えたヒカセンVですが、2020年になり今でも継続的に配信し続けてるVtuberの数も落ち着き、ようやく把握できるほどの人数になったので改めて…。
今回も勝手に紹介させて頂きます。

企業に所属していない個人勢ヒカセンVtuberを紹介する。

紹介したい人が多くて悩むところですが、僕の偏見と独断によって紹介させていただきます。
漆黒より前から活動しているVtuberの方も、もちろんいらっしゃいます。
もし「こんな子もいるんだけど紹介して!」ってコメント等で教えていただけると、記事に追記や次回の記事、ツイッターで紹介させていただくこともあるかもしれません。情報お待ちしております。

日比谷(ひびや)つばさ さん

2019年5月デビューの個人勢Vtuberさん。 ここまで清楚なヒカセンVはじめて観たかもしれないってくらい清楚。綺麗な声。
FF14歴としては2年ぶりの復帰者さんらしく、当時は零式も行ってたそうで。ガチだ!
Vtuberという文化をきっかけに配信で復帰してみたそうで、当時の苦労話もちょくちょくしてらっしゃったり。
あと歌ってみたアニソンが最高。うまいんだなぁこれが。
なんか調べたら二人組ユニット組んでて、曲販売してるとか。すげぇ!
なんでこの方をぼくは今まで知らなかったんだって衝撃受けたくらい色々魅力的な特技を持っている方です。
今から観て古参面していこうな。

主な配信スタイル:復帰者さんなので、そんな感じで。
主な配信時間:夜
配信ハッシュタグ: #日比谷さんは喋りたい
プレイしている鯖:Gaia アルテマ鯖「Tsubasa Hibiya」


小花衣(こはない)ももみ さん

2019年10月デビューの個人勢Vtuberのももみさん。漆黒以後にデビューされた方です。
以前からFF14はされていたそうで、配信では漆黒のストーリーを1から配信をして、メインストーリーを配信内でクリア。
プレイタイムでも圧巻のスクリーンショットを貼り(下記画像)、周囲を驚かせたりしてましたね。
配信用にキャラを作ってらっしゃいます。
テンション高く、ノリの良いテンポでお話するのが魅力な方で、感情豊かによく叫んだりしてます。鼓膜の替えが欲しい。

主な配信スタイル:戦闘コンテンツ寄り。
主な配信時間:夜
配信ハッシュタグ: #ももらいぶ
プレイしている鯖:リディル。メインキャラはマナDC。

ねき さん

個人ヒカセンVtuberのねきちゃん(ツイッターID:@vt_neki_yuri)。気づいたらヒカセンVtuberとして活動しまくっていて、気づいたらフォロー返してた。ヒカセンVtuberを推すヒカセンVtuberな方。僕と同じ匂いがする。
FF14以外にも様々な配信をしていて、中でもバイノーラルシチュエーションボイスは最高。ありがとう、いい薬です。
コロコロと表情の動くLive2Dキャラのお姿も大変魅力的。
ヒカセン活動はまったり…と思いきや極コンテンツもガンガン行ってたりします。
あとよく酒飲んでる。

主な配信スタイル:いろいろ。
主な配信時間:夜
配信ハッシュタグ:#帝国の監視下
プレイしている鯖:GAIA イフリート鯖


ネムリコ さん

2019年12月デビューの個人勢Vtuberさん。ツイッターIDは@Nemuriko_Nem
FF14は漆黒までプレイ済み!1からじっくり新たにキャラ作成してプレイ中のVtuberさん!
色んな配信をしたいといいつつ、今の所FF14しかやってない配信者さん。これは期待できる。
3Dアバターキャラの表情も可愛く、豊かなのが印象的。
カスタムキャストで作られたそうで。凄い!2Dモデルも作成中だそうです!
あとFF14サムネ毎回違ってて偉い。すごく偉い。
良いマイク使ってらっしゃるのか音質が良く(youtube概要欄にマイク詳細あります!)、声もまったり癒やし系なので、ぼーっと聞ける配信で心安らぎます。
僕、マイク音質いい方を無条件で気になってしまう病に掛かってしまう。
今後の活動応援しております!!

主な配信スタイル:ストーリーを最初から
主な配信時間:夕方~夜
配信ハッシュタグ:#ネムライブ
プレイしている鯖:ManaDC/Shinryuサーバー


するめたん さん

ツイッターID;@surume_tan
動画を開いて声を聞いた瞬間、「この声、めっちゃ好きだわ」となった。
僕のツボに入った個人勢Vtuberさん。笑い方かわいすぎ。
特徴的な声で、滑舌つよつよ、丁寧な印象をお持ちな方。
シャキシャキした喋り方にちょっとフザケたりするユニークさも持っている魅力的な方です。
以前からFF14以外にも様々な配信をしてらっしゃって、配信時間もすごく、本当にゲーム好きが伝わってくる実況者さんです。

主な配信スタイル:戦闘コンテンツ
主な配信時間:夜~深夜
配信ハッシュタグ:#するめ海洋美術部
プレイしている鯖:ManaDC Belias鯖(ベリアス鯖のV初めて見た…)


水瀬日和(みなせひより) さん

@ツイッターID:@hiyoriminase
個人勢Vtuberグループ『Var!at!on』所属の水瀬日和さん。
FF14配信開始時に新生編クリアするまで辞めない耐久配信を行って無事クリアという根性が凄まじい方。
というか配信でFF14やる人ってホントにFF14好きでやってるからすさまじい活力でプレイするよね皆。そこが良い。
声は控えめだけど面白いことをボソっとやってるタイプの方。芸人って呼ばれてるのは草。

主な配信スタイル:ストーリー重視
主な配信時間:夜
配信ハッシュタグ:#ひよっこ診察中
プレイしている鯖:GaiaDC アルテマ鯖


猫月みお さん

2019年10月デビューの新人さん。ツイッターID:@Nekozuki_Mio
FF14大好きヒカセンVでFF14配信ではよくテンションあがって元気に配信している姿が見れます。ほんと楽しそうにプレイしてるので元気にもらえる系のヒカセンVの方。先日のFF14コラボ配信良かったですねぇ。
あと零式も普通に配信で行ってクリアしてらっしゃるガチの方。戦闘民族多くね。

主な配信スタイル:戦闘コンテンツ中心
主な配信時間:夜
配信ハッシュタグ:#みおなま
プレイしている鯖:GaiaDC リディル鯖


私立いちご女学院 夏川あき・冬乃サヤ さん

個人勢の私立いちご女学院、夏川あきちゃんと冬乃サヤちゃん。
個人勢なのに自作3D、そしてガチな幼なじみなのでとにかく仲良い。常に二人で配信やるのを意識してるので毎回コラボ状態。
FF14は冬乃サヤちゃん(黒髪)のほうが経験者。7000プレイ時間でヒーラー、占星でやってるとか。がちがちだぁ!
しかし好きが凄すぎて、若干あきちゃんのほうがひいてるのが草。
FF14配信自体はまだ2回目なのですが雰囲気がとにかく良いので紹介させて頂きました。

主な配信スタイル:ストーリー重視
主な配信時間:二人で夜。
配信ハッシュタグ:#いちごなま
プレイしている鯖:GAIADC イフリート鯖


企業勢で紹介したい方がいる

にじさんじの【ユメノグラフィア】所属、聖グレイルさん。
『にじさんじ』といえばVtuberのTOP企業といっても過言ではないですが、そのにじさんじが提供しているコンテンツで【ユメノグラフィア】という、キャストさんとリスナーさんが1:1で話せるサービスを展開しているコンテンツがある。
そこに所属しているヒカセンVtuberさんがこの聖グレイル(ツイッターID:@Grail_YG)さんだ。
先日、にじさんじ所属の神田笑一くんとFF14コラボ配信をして、ヒカセンVtuberという事が広まった。
実は根性版からプレイしていて、レイドからの固定解散も経験しているという誰もが通る道を通ってらっしゃるガチヒカセン。
親近感しかない。これからFF14配信もするかもなので凄く期待。
僕がVR機器持ってて、もし独身だったならズブズブに通いつめてそうな沼を感じる。


もすぅちゃん自身は普段どのヒカセンVの配信にいるの?

僕は普段、遠野莉緒奈さん、にじさんじの童田明治さんと静凛さんのFF14配信には大体居てコメントしてます。だいたい気持ち悪いコメント垂れ流してるので僕をコメントで見ても見て見ぬふりしてくれよな。
関連記事

鯖間移動来てから初零式だけど、どんな感じ?僕はレベリングしたりソロで遊んでる。

-訂正 2019 8/27 -
【鯖間PT募集記事】とタイトルに書いてたけど、よく考えたら
3.5の終盤あたりから鯖間PT募集もう使えてたよね…
【鯖間PT募集】→【鯖間移動】 が正解よね…ボケボケよ…

客観的に観る鯖間移動実装後の野良初零式

鯖間PT募集来てから初零式さて火曜日ですね。ヒカセンにとっての本当の週明けは火曜日です。
今日もあちらこちらのLSから
「魔境だ!」
「消化PTなのに前半超えれねぇ!」
「DPS足りねぇ!」

などの声が聞こえてきますね。
レイドレース踏破の初週と2周目を超えると、
「ちょっと出荷っぽかった人」
「運よくクリアPTに混ざれた人」

って感じの人が紛れてきて、これが週を重ねるごとに
「ほぼ出荷だったけどクリアできちゃった人」
「知り合いのPTに混ぜてもらってなんとなくクリア出来た人」

と、どんどんと練度が下がっていきます。
おそらく今週くらいから本当の野良の辛さが出てくるんじゃないだろうか。
1~2層が特にそういう問題にあたりがちですね。


さて自分自身は今回も野良零式参加予定はないんだけども、

・装備問題(IL430含んでたりする)
・マテリア禁断問題(確定穴にすらマテリアない)
・薬・料理問題(そもそも食べない飲まない)
・そもそも木人割れない人が多い(開放すらしてない)

などなど。…って、いつもどおりやん!

極討滅程度の難易度なら僕も気軽に野良乗り込んだりするんだけど、一人の適当のせいでクリア出来なくなったりするのが零式だから、それがある限り野良はしないかなぁしてもIL制限がだいぶ上がったり、超える力実装されてからかなぁとか。知り合いなら良いんだけどね。

僕、零式中毒だったなぁ…って最近気づいた。

サブタイトル通りなんだけど、零式これだけの期間離れてみると何であんなに零式にこだわっていたのかなぁーと最近よく思うようになった。少なくとも大事な私生活の時間を削ってするものではなかったよね…。
野良はね…特にね…。
サボってる知らない人のために料理・薬を使いまくってる時とかね…闇落ちしてたしね…。
野良でも楽しいPTにあたるといいんだけど、消化目的で周回しだすと、どうしても効率的ではないPTにあたっちゃうとイライラしてしまうからよろしくない…。時間も無駄に取られちゃう感じがするしね。

僕にとっての零式の面白さのピークってどこまでやっても
『知り合い8人でやったバハムート邂逅5層踏破』
であって、新メンバーでやった零式もめちゃくちゃ面白かったけど、やっぱり楽しさの原点は邂逅編にあって、それに気づいてからはだいぶ適度にできるようになったなぁと思ったり。
逆にあのピークがあったからこそ、ここまで楽しんで零式出来たのもあるんだけどもね。

『このシーズンは零式やらない!』
って決めてから、時間ガッツリ出来たから他のジョブで遊んだり、
普段やらなかったギャザクラもしっかりやったり零式以外の楽しさを知れたから良かったなぁとよく思う。
今はホント、零式以外のコンテンツも充実したなぁ。

僕が本来、小説とかノベルゲー、ギャルゲーをひたすら読んでたシナリオ畑にいたような人だから、
FF14のストーリーを純粋にゆっくり楽しめたのが良かった。
漆黒のシナリオはほんとにそれが強く思って、
「レイドがあるから早くメインシナリオ進めないと!」
って焦ってる人が多くて凄くもったいないなぁと思った。
サブクエもジョブクエもロールクエも凝っててな…漆黒シナリオは良いぞ…。

とまぁ、たまにはこんな雑多な記事も書いてみたりした!
ツイッターだと140字にとてもまとまらないしね~。
そういや漆黒シナリオの感想ちゃんとしたの書いてないな!
関連記事

漆黒のヴィランズを終えて。あの四行詩を振り返る。【前半ネタバレなし、後半あり】

漆黒のヴィランズを終えて -ネタバレなし感想-

いやね、僕サブクエ完全消化まったり進行組だから毎日毎日毎日毎日毎日毎日
「漆黒最高だったー!」とか
「エモエモ…言葉じゃ伝わらないこの思い…うっ…」
「漆黒しんどい…しんどい…」
とか
Twitterとかゲーム内とかでガンガン流れてくるわけで、各方面にアンテナ伸ばしてくるからその流れてくる量が半端なくてね。勝手にガンガン自分の中でハードル上がっていったのよね…。
ハードルが無限にあがってくるのが分かってきてたから途中からTwitterとゲーム内LS遮断してガンガン進めてようやくクリアできたんだけども……。その自分の中で上がりきったハードルを超えてきたよね…。

どこからこの結末を考えていたのか。
どこからこの世界の真実を見据えて構築してきたのか。
どこからこの準備をしていたのか。

根性版と言われる旧FF14から…?
それとも新生版初期にはもう構築し終えていた?
もちろんある程度のプロットは最初から敷かれていただろうけども、
ライター陣もこうなるとは予想していなかったのではないかな、と思う。

今まで歩んできた道の一旦のゴールがこんなところにあったのか…。
そんな感想を抱いた漆黒の結末でした。

ネタバレを伏せるとこれ以上文章を綴れないのでささっとネタバレありで少し綴るよ。




あの四行詩を振り返る ~ ここからネタバレあり ~

と、まぁ上に述べたアンサーとも言うべきのがこの4行詩なのよね。

皆は覚えてるだろうか。
毎年新年になるとロドストに吉Pが挨拶と共に投稿するあの四行詩と言われる謎のポエムを。
覚えてないだろうから2014年の四行詩から少し振り返ろうと思う。

新年のご挨拶 (2014/01/01)

これが2014年。今ならなんとなくわかるんじゃないだろうか。この意味が。
2014年の新生したての頃にこれが出ている。
まあ要するにアシエンとの邂逅というか、ゾディアークとハイデリンとの邂逅というか。
そんな感じだろうか。
どんどんいこう。




新年のご挨拶 (2015/01/01)

2015年。
こちらはパッチ2.5シリーズが出る頃に出たもの。
つまり新生の最後。
あの衝撃のラストを踏まえて考えると色々考察できるけども、
漆黒を踏まえてみるとまた違った味が出てくる気がするよね。


新年のご挨拶(2016/01/01)

そして2016年。
蒼天編のフィナーレに向かって走り出すことになるパッチ3.2前の時点で出たこの四行詩。
今なら全てが理解できるよね、これ。

神話=分かたれる前の原初世界 海=世界
歴史=星暦 十四の海=第1世界から続く14の世界
星=ハイデリン 月=ゾディアーク
幾多の子=主人公、アシエンら、すべてを含めた人?
(ここだけちょっと個人的には納得いってない訳)

翻訳すると

原初世界 その世界には光も闇もなく、ただひとつの世界だった。
星暦が始まるより昔にハイデリンとゾディアークが争い、14の世界になった。
ハイデリンはゾディアークを恐れて、光の戦士を各世界に放ち、
ゾディアークはハイデリンを憎み、彼らを殺す。

となるのかな。いやー漆黒してんねぇ。
てか漆黒じゃん!まだ蒼天のときだぞ!
てかルイゾワの爺ちゃん本当にどこまで知っていたんだ…。
というか神話=原初世界としたら、あの世界はやはり神々の世界よね。
創造の力とかもろね、神だもの。


新年のご挨拶(2017/01/01)

そして2017年は紅蓮前の詩。綴った人が東から伝わった作者不明に変わってるから一気に話が変わってるね。
だから星のどうこうには関係ない詩。
でも、この詩も紅蓮の一連の流れにそった詩になってるのは見事。


新年のご挨拶(2018/01/01)

2018年は紅蓮をリリースした後、パッチ4.2前に出た詩。
作者というかタイトルが「真新しき古の記録より」に変わってますね。
新しいのに古とは?と思ったけどもこれも今なら理解できる。
漆黒クリアした人はわかると思うけど、これ水晶公が残した記録で間違いないよね?
真新しいのに古いの意味は、第8霊災を終え終末に向かう未来の世界で記され、それから過去に渡ったから。

新年のご挨拶(2019/01/01)

そして今年の4行詩。
正直漆黒終えるまでこんな詩のことなんて忘れてたよね。
それがもう、いやもう、ええ、やばい。ええ…。
漆黒を終えてから観るこの記録の威力たるや…。

運命を覆すのは人には無理だとしても、
幾本の奇跡の糸を辿り寄せ、ようやく辿り着いた抗うための力。
水晶公のこれまでの道筋をふまえて読むと涙出てしまうわ。
てかこの「真新しき古の記録より」読みてぇ。
こんなの水晶公ファンブックじゃん…。いやまぁ水晶公じゃないかもしれないけども。




とまぁ、漆黒感想を書く前にこの4行詩について語りたかったの。
鳥肌たったからね。特に2016年の。
いやー、まだまだ語りたりねぇ…。
なので次回記事はもっと感想っぽい感想を書く予定なのでよろしくです。

関連記事